2018年06月21日 11時30分

Source: Mitsubishi Corporation

三菱商事、英国海底送電事業の優先交渉権獲得について


東京, 2018年06月21日 - (JCN Newswire) - 三菱商事株式会社(以下、当社)は、英国100%子会社のDiamond Transmission Corporation Limited(ダイアモンド・トランスミッション・コーポレーション社、以下DTC)を通じ、英国における海底送電事業の優先交渉権を獲得しました。

同事業は、英国東部沖合約27kmの洋上に位置するレースバンク洋上風力発電所(発電容量57.3万キロワット)とナショナル・グリッド社が保有するワルポール変電所を結ぶ海底・陸上送電線、及びそれに付随する洋上・陸上変電設備の運営するものです。資産規模は、英国において過去最大級の約751億円(500.9百万ポンド)となります。

英国当局や洋上風力発電所の所有者他との調整・交渉を経て、2018年度中に同資産の運営事業権を取得し、事業パートナーと共に20年間に亘り送電を担う予定です。

英国には合計で18件の海底送電事業がありますが、本事業権の取得により、DTCが参画する事業は6件目になります。ドイツで保有する4件の事業と合わせると、欧州で合計10件、総送電距離約960km、総送電容量約500万キロワットの海底送電事業を運営することになります。

DTCは、当社から派遣する人員のみならず、資産の保守管理業務等を担う専門チームを擁しております。2011年に英国で海底送電事業に参画して以降、欧州における新たな海底送電事業権の獲得や既存案件の運営を通じ、事業の拡大に取り組んでおります。

欧州は温室効果ガスの排出量を2050年までに1990年と比べ80%削減する目標を掲げており、2030年までに約5,000万キロワットの洋上風力発電が導入される計画です。自然条件に左右される再生可能エネルギーの増加に伴い、送電系統の安定した操業は益々重要になると考えられます。

当社は温室効果ガス排出抑制に繋がる事業を通じ、経済面だけでなく、環境面や社会面への貢献を実現して参ります。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
www.mitsubishicorp.com/jp/ja/pr/archive/2018/html/0000035031.html

概要:三菱商事株式会社

詳細は www.mitsubishicorp.com をご参照ください。

Source: Mitsubishi Corporation
セクター: 自動車

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


三菱商事、国内発電プラント取引事業の会社分割(簡易吸収分割)による連結子会社への承継に関するお知らせ
2019年02月15日 15時00分
 
三菱商事、英国エネルギー革新企業OVO Groupへの資本参画
2019年02月15日 10時00分
 
三菱商事、2018年度第3四半期 決算公表
2019年02月05日 13時00分
 
三菱商事、インドネシアで加工油脂新工場建設を決定
2019年01月08日 09時00分
 
三菱商事、豪州クレアモント炭鉱及びユーラン炭鉱の売却合意
2018年12月18日 14時00分
 
三菱商事、英国における炭素繊維再資源化事業への参画
2018年12月14日 10時00分
 
三菱商事など、浜松市における電力スマートメーター通信システムを活用した電力・水道・ガスの使用量データ収集に関する実証実験の開始について
2018年12月12日 13時00分
 
三菱商事、英国海底送電資産運営事業の優先交渉権獲得について
2018年12月05日 10時00分
 
三菱商事、英国洋上風力発電案件の持分売却及び融資契約調印
2018年11月29日 14時00分
 
三菱商事、エピゲノム情報の解析を手掛けるRhelixaとの資本業務提携契約締結について
2018年11月26日 12時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>