2018年07月05日 13時30分

Source: Showa Denko

昭和電工、塩素化ポリエチレンの国内販売価格を改定


東京, 2018年07月05日 - (JCN Newswire) - 昭和電工株式会社(社長:森川 宏平)は、合成樹脂の一種である塩素化ポリエチレン(商標名:エラスレン(R))の国内販売価格を引き上げることを決定し、お客様との交渉を開始いたします。

1. 価格改定の内容

(1)値上げ幅
エラスレン(R)粉末 25円以上/kg以上
エラスレン(R) シート 25円以上/kg以上

(2)実施時期
2018年8月1日納入分より適用

2. 価格改定の背景
昨今の原料調達事情の悪化・コスト上昇、安定生産のための設備維持更新や環境対応投資、及び運送費などの諸経費の高騰が事業を圧迫しています。

当社はこれまでもコストダウンによる採算の改善に努めてまいりましたが、自助努力の限界を超える状況に至っております。今後も両製品の安定供給を維持するためには、お客様に一部負担をお願いせざるを得ないとの結論に達しました。

エラスレン(R)は、ポリエチレンの分子構造に含まれる水素の一部が塩素に置き換わった特徴のあるポリマーです。ポリエチレンの結晶性が崩されるため柔軟なポリマーとなります。難燃・耐油・耐候性の特長があり、自動車用ホース・電線被覆材の原料や、樹脂の改質材(難燃性、耐衝撃性付与)として利用されています。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.sdk.co.jp/news/2018/26993.html

概要:昭和電工株式会社

詳細は www.sdk.co.jp をご覧ください。

本件に関するお問合せ先:
昭和電工株式会社
広報室
03-5470-3235

Source: Showa Denko
セクター: 化学品

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


昭和アルミニウム缶、ベトナム第三の製造拠点設立および既存缶蓋ライン増強を決定
2019年04月25日 11時30分
 
昭和電工、除害装置事業における温室効果ガスの分析・計測サービスを開始
2019年04月23日 11時30分
 
昭和電工、大分石油化学コンビナート内で液化炭酸ガスの量産を開始
2019年04月16日 11時30分
 
昭和電工と日本IBM、AIを用いた特許読解支援システムを構築
2019年04月10日 11時30分
 
昭和電工、2019年入社式社長訓示(要旨)
2019年04月01日 11時30分
 
昭和電工、株式給付信託(BBT)の一部改定に関するお知らせ
2019年03月05日 16時00分
 
昭和電工、「昭和電工ドーム大分」除幕式を開催
2019年03月04日 11時30分
 
昭和電工、グリシンの価格改定について
2019年03月01日 11時30分
 
昭和電工、HDDの次世代記録技術MAMR対応のHDメディアを出荷開始
2019年02月21日 13時30分
 
昭和電工、平成30年12月期通期連結決算を発表
2019年02月14日 15時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>