2018年07月09日 10時00分

Source: Fujitsu Ltd

富士通、和歌山県・大阪府と共同で、働き方改革に向けてRPAを活用した自治体職員の業務効率化の有効性を実証


東京, 2018年07月09日 - (JCN Newswire) - 当社は、自治体職員の働き方改革に向けたソリューション・サービス提供の一環として、和歌山県(注1)、大阪府(注2)と共同で、RPA(Robotic Process Automation)ツール「FUJITSU Software Interdevelop Axelute(インターディベロップ アクセリュート)」(以下、「Axelute」)などを活用し、行政事務(以下、業務)を効率化する実証を2018年1月から開始し、主にシステム化されていない業務領域において、その有効性を検証しました。

和歌山県では、30市町村と連携して実施する総務省からの統計調査業務や、官報情報検索サービスから取得した企業情報を県税事務所に通知する業務などにRPAを適用し、作業時間を大幅に削減できることを確認しました。

また、大阪府では、所属別職員の時間外勤務の集計・報告作業など、大量の確認作業を伴う定常業務にRPAを適用し、職員の作業負担の軽減やミス防止への効果を検証しています。

今後も当社は、全国の自治体へのRPAなどの最新技術の適用を推進し、自治体の働き方改革に貢献していきます。

詳細は下記URLをご参照ください。
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2018/07/9.html

概要:富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。

Source: Fujitsu Ltd
セクター: エレクトロニクス, ITエンタープライズ

Copyright ©2018 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


富士通:朝日生命がアフターサービス手続きの電子化を開始
2018年09月25日 15時00分
 
富士通、RPAの実証事業に関する連携協定を神奈川県と締結
2018年09月21日 10時00分
 
富士通研究所、業種業界を超えたデータ流通の信頼性を向上する技術を開発
2018年09月20日 14時00分
 
富士通研究所、分散ストレージ上で大量データを高速処理する基盤技術を開発
2018年09月20日 14時00分
 
富士通研究所、正解が少ないデータでも高精度に学習するAIの新技術「Wide Learning」を開発
2018年09月19日 12時00分
 
富士通と富士通研究所、ものづくり分野で設計データからシミュレーション結果をリアルタイムに予測する技術を開発
2018年09月19日 12時00分
 
富士通研究所と富士通、物理メモリを追加せずインメモリ処理性能を向上させるメモリ拡張技術の実証実験に成功
2018年09月19日 12時00分
 
富士通研究所と早稲田大学、「デジタルアニーラ」に関する包括的連携活動協定を締結
2018年09月19日 11時00分
 
理研・富士通・昭和大、AIを用いた胎児心臓超音波スクリーニングを実現
2018年09月18日 14時00分
 
富士通研究所、中分子創薬へ適用可能な組合せ最適化問題を解く技術を開発
2018年09月18日 11時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>