2018年07月09日 10時00分

Source: Fujitsu Ltd

富士通、和歌山県・大阪府と共同で、働き方改革に向けてRPAを活用した自治体職員の業務効率化の有効性を実証


東京, 2018年07月09日 - (JCN Newswire) - 当社は、自治体職員の働き方改革に向けたソリューション・サービス提供の一環として、和歌山県(注1)、大阪府(注2)と共同で、RPA(Robotic Process Automation)ツール「FUJITSU Software Interdevelop Axelute(インターディベロップ アクセリュート)」(以下、「Axelute」)などを活用し、行政事務(以下、業務)を効率化する実証を2018年1月から開始し、主にシステム化されていない業務領域において、その有効性を検証しました。

和歌山県では、30市町村と連携して実施する総務省からの統計調査業務や、官報情報検索サービスから取得した企業情報を県税事務所に通知する業務などにRPAを適用し、作業時間を大幅に削減できることを確認しました。

また、大阪府では、所属別職員の時間外勤務の集計・報告作業など、大量の確認作業を伴う定常業務にRPAを適用し、職員の作業負担の軽減やミス防止への効果を検証しています。

今後も当社は、全国の自治体へのRPAなどの最新技術の適用を推進し、自治体の働き方改革に貢献していきます。

詳細は下記URLをご参照ください。
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2018/07/9.html

概要:富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。

Source: Fujitsu Ltd
セクター: エレクトロニクス, ITエンタープライズ

Copyright ©2018 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


富士通研究所と早大、人間行動シミュレーションから混雑原因を短時間で発見する技術を開発
2018年12月07日 10時00分
 
富士通、アフラック様の「即時支払いサービス」にセキュアなオンライン認証サービスを導入
2018年12月06日 10時00分
 
富士通、「高知県園芸品生産予測システム」を開発し、AIで生産量を予測する共同実証を開始
2018年12月03日 10時00分
 
富士通研究所、世界初 5Gの同時複数通信を1枚のアンテナパネルで実現
2018年11月29日 11時00分
 
富士通、法人向けモバイル型ワークステーションHシリーズ2機種を新発売
2018年11月27日 10時00分
 
富士通、ゆうちょ銀行様の投資信託口座開設業務の効率化をRPAなどにより実現
2018年11月26日 12時00分
 
NTT・富士通・日立・NEC・OKIなど、通信装置のソフトエラー対策のITU-T国際標準を制定
2018年11月22日 12時00分
 
国際体操連盟、富士通の採点支援システムの採用を決定
2018年11月20日 12時00分
 
香川大学と富士通、障がい理解の促進や特別支援教育の専門性向上にVRやテレプレゼンスなどを活用する実証研究を開始
2018年11月19日 11時00分
 
富士通、自己株式立会外買付取引(ToSTNeT-3)による自己株式の取得結果に関するお知らせ
2018年11月16日 11時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>