2018年07月09日 11時00分

Source: Mitsubishi Motors

ルノー・日産自・三菱自、共同物流倉庫「アライアンス・ナショナル・ディストリビューション・センター」が豪州で稼働開始


東京, 2018年07月09日 - (JCN Newswire) - ルノー・日産自動車・三菱自動車は9日、オーストラリアのメルボルン郊外に開設した自動車部品およびアクセサリー用の共同物流倉庫「アライアンス・ナショナル・ディストリビューション・センター」が稼働を開始したと発表しました。

2017年度に1,060万台の車両をグローバルで販売したアライアンスにとって、3社共同で利用する部品・アクセサリー倉庫はこれが世界初となります。アライアンス・ナショナル・ディストリビューション・センターは、受注処理プロセスにおける生産性と正確性を最大化するよう設計されており、アライアンス3社が豪州全国の販売ネットワーク向けに提供する物流サービスの品質向上を目指した施設です。

アライアンス・ナショナル・ディストリビューション・センターはルノー、日産、三菱自動車の豪州国内物流ネットワークの中心として、ルノー、ニッサン、三菱自動車、インフィニティブランドの自動車部品・アクセサリーの収納・配送を行います。

メルボルン市から西に30分ほどのトゥルーガニーナ市に所在するアライアンス・ナショナル・ディストリビューション・センターは、床面積が37,000平方メートル以上で、物流大手のCEVA Logistics(シーバ・ロジスティクス)が運営します。同センターはCEVA Logisticsが運営する南半球最大の物流サイトの中に所在しており、メルボルンの港湾コンテナターミナルと空港の中間に位置し、州間高速道路にもアクセスが良い立地となっています。

アライアンスのアフターセールス担当グローバル・シニア・バイス・プレジデントのケント オハラは、「本日のグランドオープンは、アライアンスにとっての大きな節目です。この共同倉庫は、メンバー各社、お客さま、株主の皆さまのためにシナジーを創出する新しい取り組みの一つとなります。」と述べました。

アライアンス・ナショナル・ディストリビューション・センターには9万点以上の部品を収納予定で、航空貨物・陸送貨物に加え、1日あたり海運コンテナ11台分の取り扱いが可能です。また、一日あたり約2,500点の部品の入荷が可能であり、トラック運送業者8社が豪州全国の販売店舗に向けて約8,500点の部品を出荷することが可能です。

また、同センターは24時間稼働しており、庫内スペースには約10万点以上の部品が収納可能なほか、液体物を収納する677平方メートルのスペースにはパレット約700台が設置可能です。90人以上のスタッフが勤務できる同センターでは、業界トップレベルの技術やプロセスで、自動車部品およびアクセサリーの迅速で効率的な輸送を実現する予定です。

さらに、同センターは、豪州グリーン・ビルディング・カウンシルから持続可能な建築設計として最高レベルの6つ星認定を最初に受けた施設の一つで、太陽光発電システム、日照・人感センサーつきの高天井用LED照明、雨水利用システムなどを利用しています。

ルノー・日産自動車・三菱自動車について

ルノーグループ、日産自動車、三菱自動車は世界最大の自動車パートナーシップを結んでいます。また、多文化にまたがるパートナーシップとして、自動車業界の中で最長の継続期間と最高の生産性を誇ります。2017年には、パートナー各社合計で、世界の200か国近くで1,060万台以上の車両を販売しました。3社は競争力強化のため、協業とシナジー最大化に注力しています。また、3社はドイツのダイムラー、中国の東風汽車などの自動車メーカーと戦略的な協力関係を結んでいます。本戦略的アライアンスは、ゼロ・エミッション車における業界リーダーであり、最新の先進技術を開発しながら、自動運転およびコネクティビティの機能やサービスを、手頃な価格の幅広い車種で提供していく予定です。

www.alliance-2022.com
www.media.renault.com
newsroom.nissan-global.com
www.mitsubishi-motors.com

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2018/detaili709.html

概要:三菱自動車工業株式会社

三菱自動車の企業コミュニケーションワード「[email protected]
地球を走る。地球と生きる。三菱自動車。

人とクルマ、社会とクルマ、地球とクルマの新しい時代を拓くために。いま、三菱自動車は挑戦を始めています。走行中のCO2排出ゼロ。地球温暖化防止に貢献する新世代電気自動車、i MiEV(アイミーブ)の世界投入。軽自動車で培った技術を存分に活用、燃費性能にすぐれたグローバル・スモールの提案。世界の環境基準をクリアしながら、走りの楽しさにあふれた三菱ならではの小型SUVの開発。さらに、新ディーゼルエンジンによるラリー参戦を通じて、走りと環境を両立する、新次元のクルマづくりを追求してゆきます。

私たちは信じています。私たちのクルマへの熱い想いと技術が、新しいクルマの価値をつくることを。ドライブ・アット・アース。走る歓びが永遠であるように。クルマが地球と共生できるように。

詳細はこちらからご覧ください。 www.mitsubishi-motors.co.jp

Source: Mitsubishi Motors
セクター: 自動車全般

Copyright ©2018 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


三菱自、クロスオーバーSUV『エクリプス クロス』を一部改良して発売
2018年12月13日 13時30分
 
三菱自、本社移転のお知らせ
2018年12月13日 13時00分
 
三菱自、『ミラージュ』『エクリプス クロス』『アウトランダー』の特別仕様車「BLACK Edition」を発売
2018年12月13日 12時30分
 
三菱自、「エコプロ2018 SDGs時代の環境と社会、そして未来へ」に出展
2018年12月04日 12時30分
 
三菱自、組織改正・人事異動を発表
2018年11月30日 13時00分
 
ルノー・グループ、日産自動車、三菱自動車の共同メッセージ
2018年11月29日 18時00分
 
三菱自、軽自動車『eKスペース』が平成30年度自動車アセスメント(「JNCAP」)の予防安全性能評価において最高評価「ASV+++」を獲得
2018年11月29日 16時00分
 
三菱自、『エクリプス クロス』が平成30年度自動車アセスメント(「JNCAP」)の衝突安全性能評価において最高評価を受賞
2018年11月29日 15時00分
 
三菱自、2018年10月単月 生産・販売・輸出実績を発表
2018年11月29日 12時30分
 
三菱自、オールラウンドミニバン 新型『デリカD:5』を東京オートサロン2019に参考出品
2018年11月21日 12時30分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>