2018年07月12日 10時00分

Source: NEC Corporation

NEC、インド チェンナイとアンダマン・ニコバル諸島を結ぶ2,300kmの光海底ケーブルの供給契約を締結


東京, 2018年07月12日 - (JCN Newswire) - NECは、NEC Technologies India(注1)を通じて、インドのチェンナイとアンダマン・ニコバル諸島を結ぶ大容量光海底ケーブル敷設プロジェクトのシステム供給契約を締結しました。契約先はインド国営通信キャリアであるBharat Sanchar Nigam Ltd.(BSNL、バラート・サンチャル・ニガム、注2)です。

本光海底ケーブルシステムは、チェンナイとアンダマン・ニコバル諸島のポートブレアほか7地点を結び、総延長距離は約2,300kmとなります。本システムには、毎秒100ギガビット(100Gbps)の最新の光波長多重伝送方式が採用されます。本ケーブルを敷設することで、アンダマン・ニコバル諸島の通信環境が著しく改善することが期待されます。これにより、電子政府や電子商取引の推進、教育の電子化など、インド政府によるデジタル・インディア政策に貢献します。

NECは、過去40年以上にわたり海底ケーブルシステム事業を手掛ける海底ケーブルのトップベンダーです。地球6周分のべ25万kmを超える敷設実績があり、特に日本を含むアジア・太平洋地域で強みを有しています。また、陸上に設置する光伝送端局装置、光海底中継器、光海底ケーブルなどの製造、海洋調査とルート設計、機器の据付とケーブルの敷設工事、訓練から引渡試験まで、全てをシステムインテグレータとして提供しています。なお、日本で唯一、深海8,000メートルの水圧に耐えられる光海底ケーブルを製造可能なNECの子会社である株式会社OCC(注3)が、本ケーブルの製造を担当します。

NECグループは、安全・安心・効率・公平という社会価値を創造する「社会ソリューション事業」をグローバルに推進しています。当社は、先進ICTや知見を融合し、人々がより明るく豊かに生きる、効率的で洗練された社会を実現していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://jpn.nec.com/press/201807/20180712_02.html

概要:日本電気株式会社(NEC)

詳細は www.nec.co.jp をご覧ください。

Source: NEC Corporation
セクター: ITエンタープライズ

Copyright ©2018 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


NEC、関西電力が実施する多数の蓄電池を活用する周波数制御技術に関する実証試験に独自技術を提供
2018年12月17日 14時00分
 
セブン‐イレブンとNEC、マイクロ・マーケットに対応した初の『省人型店舗』をオープン
2018年12月17日 12時00分
 
KDDI、大林組、NEC 「5G」を活用し、建機の遠隔操作による連携作業に成功
2018年12月14日 13時00分
 
NEC、インドのフブリ・ダールワッド市のスマートシティプロジェクトを受注
2018年12月13日 09時00分
 
NEC、和歌山県白浜エリアで「IoTおもてなしサービス実証」を開始
2018年12月13日 09時00分
 
NEC、社会インフラの運用監視等に適用可能な、AIを活用した時系列データ分析による状態判別技術を開発
2018年12月12日 15時00分
 
NEC、社会インフラの安定運用を支援するAI技術を開発
2018年12月12日 09時00分
 
JFEスチール・NEC・NECソリューションイノベータ、国内業界初となるAI画像認識による安全行動サポート技術の導入について
2018年12月11日 10時00分
 
NEC、阪神電鉄に「多言語音声翻訳サービス」を提供
2018年12月11日 09時00分
 
KDDI・NICT・NECソリューションイノベータ、戦略的イノベーション創造プログラムの研究開発課題を受託
2018年12月10日 10時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>