2018年07月13日 08時00分

Source: Toyota

トヨタ、垣根のない社会の実現に向けてスペシャルオリンピックス初の国際的なサッカー大会をサポート


豊田, 2018年07月13日 - (JCN Newswire) - トヨタ自動車(以下、トヨタ)は、2018年7月17日~7月21日にかけて米国イリノイ州シカゴのトヨタ・パークで開催される「2018年スペシャルオリンピックス ユニファイドフットボールカップ・シカゴ」をサポートします。スペシャルオリンピックス国際本部(以下、SO国際本部)として初の国際的なサッカー大会となる本大会は、スペシャルオリンピックスとトヨタが共有する「障がいの有無に関わらず人の差別をなくし、すべての人が参加できる社会(インクルージョン)を実現する」というビジョン実現への“はじめの一歩”となります。

社長の豊田章男は、「私自身、学生時代にグランドホッケーに熱中し、ONE TEAMで闘うことの素晴らしさを学びました。知的障がいのある人にとっては、スポーツをしている時だけでなく、日常生活も闘いであり、その方々を支える人たちもまた、一緒に闘っておられるのではないでしょうか。私たちトヨタは、障がいのある人とない人が、お互いに相手の個性を理解し、支え合いながら、一緒にプレーをする『ユニファイドスポーツ』の精神に共感しております。スペシャルオリンピックスと共に、『世の中に存在する様々な違いを、個性として受け入れ、お互いに尊重しあうことができる社会』の実現に向けて、少しでも貢献できるよう努力したいと思っております。」と語りました。

SO国際本部のメアリー・デイビスCEOは「スペシャルオリンピックスは、トヨタと共に、スポーツを通じてグローバルに共生社会の魅力を人々に伝えることができることをとても楽しみにしています。本大会を通じ、世界中のアスリートがひとつになることで、障がいの有無に関わらず、人々が一緒にプレーをして競い合うことができれば、垣根のないすべての人に開かれた世界が実現することを示してくれるでしょう。」と語りました。

トヨタは昨年11月に、「スポーツを通じた平和で差別のない社会づくり」そして、「モビリティを通じた持続可能な社会づくり」への貢献を目指し、SO国際本部のグローバルパートナーに就任いたしました。

スペシャルオリンピックスは、スポーツを通じ、垣根のないすべての人に開かれた世界の実現を目指しています。スペシャルオリンピックスアスリートと健常者が同じチームを組んで参加する「スペシャルオリンピックスユニファイドスポーツ」は、チームメイト同士が互いの違いを個性として理解し、尊重することを促す活動であり、トヨタはこの理念に共感しています。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://newsroom.toyota.co.jp/jp/corporate/23442932.html

概要:トヨタ自動車株式会社

詳細は http://toyota.jp/ をご覧ください。

Source: Toyota
セクター: 自動車全般

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


トヨタとスズキ、新たな協業検討に合意
2019年03月20日 16時00分
 
トヨタ、GR Supra 注文予約が好調
2019年03月19日 17時00分
 
WEC 2018-2019年スーパーシーズン第6戦 セブリング1000マイルレース 決勝
2019年03月18日 11時00分
 
TOYOTA GAZOO Racingがeモータースポーツへ本格参入
2019年03月15日 22時00分
 
TOYOTA、JPN TAXIを一部改良
2019年03月15日 12時00分
 
トヨタ、米国事業の強化に向けた新規投資を公表
2019年03月14日 23時00分
 
トヨタ自動車、オートモビル カウンシル 2019に出展
2019年03月14日 12時30分
 
日産自・ホンダ・SUBARU・トヨタ、オートモビル カウンシル 2019に国内メーカー共同企画を出展
2019年03月14日 12時30分
 
トヨタ博物館、開館30周年「クルマ文化資料室」をオープン
2019年03月13日 12時30分
 
WRC 第3戦 ラリー・メキシコ デイ4:タナックが総合2位でドライバー選手権首位を堅持、チームもマニュファクチャラー選手権1位の座を守る
2019年03月11日 12時30分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>