2018年07月13日 11時00分

Source: Hitachi

日立製作所が、働き方改革運動「テレワーク・デイズ2018」に参加


東京, 2018年07月13日 - (JCN Newswire) - 株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立)は、このたび、総務省などが、東京都や関連団体と連携し、7月23日(月)から27日(金)を対象期間として展開する「テレワーク・デイズ2018」に参加します。日立では、7月24日(火)、27日(金)を推奨日として、首都圏近郊で勤務する従業員約13,000人を主な対象に、サテライトオフィス勤務や在宅勤務の制度活用を促します。

日立は、社会イノベーション事業のグローバル展開を加速しており、さらなる成長のために、多様な人財が、最大限に力を発揮できる環境づくりを推進しています。これまでも日立は、従業員が限られた時間を効率的に活用して最大限の成果をあげるため、時間や場所にとらわれずに仕事ができるタイム&ロケーションフリーワークを推進してきました。具体的には、1999年に導入した在宅勤務制度の拡充やIT環境基盤の整備、サテライトオフィスの設置、および、それらを活用しながら、より生産的な働き方を実現していくための社内の意識改革を進めてきました。2016年12月からは、働き方改革の全社運動「日立ワーク・ライフ・イノベーション」に日立グループ全体で取り組んでいます。

日立は、今回、「テレワーク・デイズ2018」に参加することで、日立の働き方改革の主要施策であるタイム&ロケーションフリーワークのさらなる推進に向け、サテライトオフィス勤務・在宅勤務といった柔軟な働き方を実現する制度の活用をさらに促していくとともに、従業員それぞれが働き方を見直すきっかけとしていく狙いです。こうした取り組みにより、さまざまな人財が力を発揮できる就業環境の整備・活用を実現していきます。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2018/07/0713.html

概要:日立製作所

詳細は www.hitachi.co.jp をご参照ください。

Source: Hitachi
セクター: エレクトロニクス, ITエンタープライズ

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


日立とドイツ人工知能研究センター、作業者の身体負荷をスーツ型のウェアラブルデバイスにより定量評価し、作業動作の改善点を提示するAIを開発
2019年03月20日 10時00分
 
積水ハウス・KDDI・日立、企業間情報連携基盤の実現に向け協創を開始
2019年03月19日 12時00分
 
日立と日立パワーソリューションズ、多品種製品を扱う工場でAIを活用した最適な製品の配置提案と工程計画の立案・管理システムを開発
2019年03月19日 11時00分
 
日立、Lumadaソリューションの導入を迅速かつ容易にする「Lumada Solution Hub」を販売開始
2019年03月18日 16時00分
 
日立と理研が、ヒトiPS細胞由来の網膜色素上皮細胞シートの自動培養に世界で初めて成功
2019年03月15日 09時00分
 
日立、ブロックチェーンを活用した安定性の高い取引を支援する「Hitachi Blockchain Service for Hyperledger Fabric」を販売開始
2019年03月14日 10時00分
 
日立、再生医療の普及に向け、iPS細胞大量自動培養装置を製品化
2019年03月11日 11時00分
 
日立アプライアンス、「Hitachi meets design PROJECT」本格始動、デザインフィロソフィは「Less but Seductive」
2019年03月07日 11時00分
 
日立、台湾の昇降機事業会社 永大機電の株式に対する公開買付けの期間変更について
2019年03月07日 09時00分
 
日立、ゲノム医療研究に活用される国立遺伝学研究所のスーパーコンピュータシステムが稼働開始
2019年03月05日 10時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>