2018年07月13日 11時00分

Source: Hitachi

日立製作所が、働き方改革運動「テレワーク・デイズ2018」に参加


東京, 2018年07月13日 - (JCN Newswire) - 株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立)は、このたび、総務省などが、東京都や関連団体と連携し、7月23日(月)から27日(金)を対象期間として展開する「テレワーク・デイズ2018」に参加します。日立では、7月24日(火)、27日(金)を推奨日として、首都圏近郊で勤務する従業員約13,000人を主な対象に、サテライトオフィス勤務や在宅勤務の制度活用を促します。

日立は、社会イノベーション事業のグローバル展開を加速しており、さらなる成長のために、多様な人財が、最大限に力を発揮できる環境づくりを推進しています。これまでも日立は、従業員が限られた時間を効率的に活用して最大限の成果をあげるため、時間や場所にとらわれずに仕事ができるタイム&ロケーションフリーワークを推進してきました。具体的には、1999年に導入した在宅勤務制度の拡充やIT環境基盤の整備、サテライトオフィスの設置、および、それらを活用しながら、より生産的な働き方を実現していくための社内の意識改革を進めてきました。2016年12月からは、働き方改革の全社運動「日立ワーク・ライフ・イノベーション」に日立グループ全体で取り組んでいます。

日立は、今回、「テレワーク・デイズ2018」に参加することで、日立の働き方改革の主要施策であるタイム&ロケーションフリーワークのさらなる推進に向け、サテライトオフィス勤務・在宅勤務といった柔軟な働き方を実現する制度の活用をさらに促していくとともに、従業員それぞれが働き方を見直すきっかけとしていく狙いです。こうした取り組みにより、さまざまな人財が力を発揮できる就業環境の整備・活用を実現していきます。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2018/07/0713.html

概要:日立製作所

詳細は www.hitachi.co.jp をご参照ください。

Source: Hitachi
セクター: エレクトロニクス, ITエンタープライズ

Copyright ©2018 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


NEDOと日立、スロベニアでクラウド型エネルギー管理システムの実証事業を開始へ
2018年09月25日 13時00分
 
日立と日立ビルシステム、油圧式標準型エレベーターリニューアル「Y_Select(ワイセレクト)」を販売開始
2018年09月25日 13時00分
 
ソニーと日立、国内家電市場における販売・カスタマーサービス領域などでの連携強化に合意
2018年09月25日 12時00分
 
日立パワーソリューションズ、人事異動を発表
2018年09月20日 13時00分
 
日立産機システム、新型配電用変圧器「SuperアモルファスZero Sシリーズ」販売開始
2018年09月20日 13時00分
 
NEDOと日立、組合せ最適化問題に特化したクラウド型計算サービスの無償提供を開始
2018年09月19日 10時00分
 
サイアムセメントグループと日立グループがIoTを活用し、工場のエネルギー省力化や流通業務の効率化に向けた協創を開始
2018年09月18日 16時00分
 
アンサルドSTS社がとりまとめるFLOWコンソーシアムが、サウジアラビア リヤドメトロの運行および保守サービスを約3,250億円で受注
2018年09月18日 16時00分
 
日立として初めての小型陽子線治療システムを徳洲会から受注
2018年09月14日 12時00分
 
日立レールイタリア社がイタリア鉄道会社FNMと2階建て車両の納入に関する包括契約を締結
2018年09月13日 13時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>