2018年07月13日 13時00分

Source: Fujitsu Ltd

富士通、「テレワーク・デイズ」に参加、社員1万人がテレワークを実施


東京, 2018年07月13日 - (JCN Newswire) - 当社は、総務省をはじめとする各省庁が働き方改革の国民運動として実施する「テレワーク・デイズ」に参加し、社員1万人がテレワークを実施することを目標にテレワークのさらなる推進を図ります。

「テレワーク・デイズ」とは
「テレワーク・デイズ」とは、総務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省、内閣官房、内閣府が東京都および経済団体と連携して実施する、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(以下東京2020)を契機としたテレワーク国民運動プロジェクトです。東京2020の開催期間中、首都圏では交通の混雑が予想されるため、2017年より同期間の交通混雑緩和を目的に首都圏の企業・団体に対してテレワークの一斉実施が推奨されています。今年は、7月23日(月曜日)~ 27日(金曜日)の5日間にわたり実施され、首都圏以外の企業・団体に対しても幅広く呼び掛けられています。

「テレワーク・デイズ」の当社の取り組み
-「テレワーク・デイズ」の期間中、社員1万人がテレワークを実施することを目標に、全社員にテレワークの活用を推進(省庁の目標:延べ10万人参加)
- 首都圏に勤務している当社社員の居住者が多い神奈川県を中心に臨時社内サテライトオフィスを4カ所設置
- 社内啓蒙イベントとしてテレワーク活用推進セミナーを実施

当社のテレワーク実施における取り組み

1. 制度・ルール
- 全社員を対象にICTを活用した「テレワーク勤務制度」を2017年4月より正式導入
- 自宅やサテライトオフィス、出張先や移動中など、場所に捉われないフレキシブルな働き方を推進し、現在約70%の職場でテレワークを活用

2. ICT・ファシリティ
- シンクライアント端末、仮想デスクトップ、グローバルコミュニケーション基盤(注1)を活用し、高い情報セキュリティを確保しながらテレワークを実施できる環境を構築
- 薄型軽量のシンクライアント端末を全国の営業担当者を中心に約1万人に配備。今後、配布対象者を拡大
- タイムリーな労働時間管理を行うため、PCやスマートフォンを活用してどこでも出退勤打刻ができる仕組みを導入
- 社内サテライトオフィスを15カ所に設置。外部サテライトオフィスは3社(約170カ所)と契約

詳細は下記URLをご参照ください。
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2018/07/13.html

概要:富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。

Source: Fujitsu Ltd
セクター: エレクトロニクス, ITエンタープライズ

Copyright ©2018 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


富士通:朝日生命がアフターサービス手続きの電子化を開始
2018年09月25日 15時00分
 
富士通、RPAの実証事業に関する連携協定を神奈川県と締結
2018年09月21日 10時00分
 
富士通研究所、業種業界を超えたデータ流通の信頼性を向上する技術を開発
2018年09月20日 14時00分
 
富士通研究所、分散ストレージ上で大量データを高速処理する基盤技術を開発
2018年09月20日 14時00分
 
富士通研究所、正解が少ないデータでも高精度に学習するAIの新技術「Wide Learning」を開発
2018年09月19日 12時00分
 
富士通と富士通研究所、ものづくり分野で設計データからシミュレーション結果をリアルタイムに予測する技術を開発
2018年09月19日 12時00分
 
富士通研究所と富士通、物理メモリを追加せずインメモリ処理性能を向上させるメモリ拡張技術の実証実験に成功
2018年09月19日 12時00分
 
富士通研究所と早稲田大学、「デジタルアニーラ」に関する包括的連携活動協定を締結
2018年09月19日 11時00分
 
理研・富士通・昭和大、AIを用いた胎児心臓超音波スクリーニングを実現
2018年09月18日 14時00分
 
富士通研究所、中分子創薬へ適用可能な組合せ最適化問題を解く技術を開発
2018年09月18日 11時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>