2018年08月07日 11時00分

Source: Fujitsu Ltd

太陽生命、ITを駆使した新しい営業活動の実現

次世代携帯端末「太陽生命コンシェルジュ」によるお客様との新しいコミュニケーション

東京, 2018年08月07日 - (JCN Newswire) - T&D保険グループの太陽生命保険株式会社(社長 田中勝英、以下 太陽生命)は、富士通株式会社(社長 田中達也、以下 富士通)、株式会社NTTドコモ(社長 吉澤和弘、以下 ドコモ)およびネオス株式会社(社長 池田昌史、以下 ネオス)と、新しいコミュニケーションによりお客様とつながる次世代携帯端末「太陽生命コンシェルジュ」を開発しましたのでお知らせいたします。

太陽生命は、平成24年に「保険契約支援システム」(注1)を導入し、それまで紙媒体で行っていた保険契約の申込みについて、営業職員が携行する携帯端末に署名することで完了させるなど、手続きの完全ペーパーレス化を実現しています。この度、この携帯端末が革新的な進化を遂げ、「太陽生命コンシェルジュ」として生まれ変わりました。搭載した各種新機能(注2)を通じて、お客様のさまざまなご要望にその場でお応えすることができるようになります。新しいコミュニケーションによってお客様とつながることで、お客様の利便性向上とお客様サービスの進化を実現します。

太陽生命は、最新のITを駆使して、業務の効率化から新たな成長ステージへと歩みを進めてまいります。

詳細は下記URLをご参照ください。
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2018/08/7.html

概要:富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。

Source: Fujitsu Ltd
セクター: エレクトロニクス, ITエンタープライズ

Copyright ©2018 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


富士通、業界初 公共工事の設計・積算業務支援ソフト「ESTIMA」にAIを搭載
2018年10月11日 11時00分
 
富士通研究所とマサチューセッツ工科大学 Center for Brains, Minds and Machines、知能研究の分野で共創関係を強化
2018年10月05日 12時00分
 
富士通、20言語に対応した「LiveTalk」をキッコーマンの体験型レストランに導入
2018年10月01日 13時00分
 
富士通、「平成30年北海道胆振東部地震」被害への支援について
2018年09月28日 14時00分
 
富士通、「Dow Jones Sustainability World Index」に通算19回目の選定
2018年09月27日 13時00分
 
富士通:朝日生命がアフターサービス手続きの電子化を開始
2018年09月25日 15時00分
 
富士通、RPAの実証事業に関する連携協定を神奈川県と締結
2018年09月21日 10時00分
 
富士通研究所、業種業界を超えたデータ流通の信頼性を向上する技術を開発
2018年09月20日 14時00分
 
富士通研究所、分散ストレージ上で大量データを高速処理する基盤技術を開発
2018年09月20日 14時00分
 
富士通研究所、正解が少ないデータでも高精度に学習するAIの新技術「Wide Learning」を開発
2018年09月19日 12時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>