2018年08月07日 11時00分

Source: Honda

Hondaが協力する「Shibafull(しばふる)」プロジェクトで生産された芝生を初出荷


東京, 2018年08月07日 - (JCN Newswire) - Hondaが今年1月よりロボット芝刈機「Miimo(ミーモ)」の貸与を通して協力している株式会社SC鳥取(以下、SC鳥取)の芝生生産・芝生化事業「Shibafull(しばふる)プロジェクト」※において、生産した芝生の初出荷と納入が行われました。

今回の芝生の納入先は、鳥取県境港市にある「つばさ保育園」。しばふるプロジェクトで生産された芝生によって約400m2の園庭を芝生化しました。芝生の出荷と園庭への敷き詰め作業は、公益社団法人日本プロサッカーリーグ(以下、Jリーグ)に所属するガイナーレ鳥取を運営するSC鳥取の従業員に加えて、ガイナーレ鳥取の所属選手や園児の保護者も参加して行われました。また、つばさ保育園では芝生管理にHondaロボット芝刈機のMiimoも導入し、管理の簡素化と園庭の芝生化の両立を実現しました。

株式会社SC鳥取 塚野真樹 代表取締役社長のコメント
「皆様の協力を得て始動した“しばふるプロジェクト”で生産した芝生が初出荷を迎えられたことに安堵しています。また、初出荷先である保育園で子供たちが裸足で芝生の上を駆け回っている姿は、我々が目指す姿でもありました。今後も“しばふるプロジェクト”で減農薬な良質芝を生産して、耕作放棄地の縮小と国内芝生拡大を目指して頑張っていきたいと思います。応援よろしくお願いいたします」

社会福祉法人境港保育会「つばさ保育園」武良淳子 園長のコメント
「隣の米子市では幼稚園の園庭や小学校の校庭で既に芝生化が進んでいます。当園も園庭の芝生化を検討していましたが、保育士確保が難しい現状に加えて、芝生管理に人員を割く余裕はありませんでした。しかし、SC鳥取が推進する“しばふるプロジェクト”で、園庭の芝生化とロボット芝刈機を活用した管理方法を知り、芝生化に踏み切りました。これで園児に芝生の上で気兼ねなく遊んでもらいたいと思います」

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.honda.co.jp/news/2018/p180807.html

概要:本田技研工業株式会社

詳細は www.honda.co.jp をご覧ください。

Source: Honda
セクター: 自動車全般, ビジネス, 自動車

Copyright ©2018 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


Honda、小型ビジネスジェット機「HondaJet」が2018年上半期でカテゴリートップのデリバリー数を達成
2018年08月07日 21時00分
 
Honda、人事異動に関するお知らせ
2018年08月01日 13時00分
 
Honda、「スーパーカブ110・60周年アニバーサリー」を限定発売
2018年08月01日 10時00分
 
Honda、2018年度第1四半期連結決算の概況を発表
2018年07月31日 15時00分
 
「F.C.C. TSR Honda France」がFIM世界耐久選手権チャンピオン獲得
2018年07月30日 11時00分
 
Honda、2018年6月度四輪車 生産・販売・輸出実績を発表
2018年07月27日 14時00分
 
Honda、新コンプリートカー「FIT Modulo style」を発売
2018年07月26日 10時30分
 
Honda、新型プラグインハイブリッドモデル「CLARITY PHEV」を発売
2018年07月19日 10時30分
 
ホンダとパナソニック、インドネシアで着脱式可搬バッテリーと電動二輪車を用いたバッテリーシェアリングの実証研究を開始
2018年07月13日 13時00分
 
Honda、新型「N-VAN」を発売
2018年07月12日 10時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>