2018年08月09日 14時00分

Source: Mitsubishi Heavy Industries

三菱日立パワーシステムズ、ベトナム北部の総出力133万kW級火力発電所建設プロジェクトに参画

ギソン2(Nghi Son II)向けで蒸気タービン発電設備2系列を受注

東京, 2018年08月09日 - (JCN Newswire) - 三菱日立パワーシステムズ(MHPS)は、丸紅株式会社と韓国電力公社(KEPCO)がベトナム北部のタインホア(Thanh Hoa)省で進めるギソン2(Nghi Son II)火力発電所の建設プロジェクト向けに、蒸気タービン発電設備2系列を受注しました。総出力133万kWで、同国の経済成長促進および国際競争力強化を電力供給面から支えるものです。2022年の完成・運転開始を予定しています。

同発電所は、首都ハノイの南方約200kmの臨海部に位置するギソン地区に建設されます。丸紅とKEPCOの折半出資による特別目的会社(SPC)が運営。当社は、同SPCから設計・調達を発注された韓国の斗山重工業(Doosan Heavy Industries & Construction)を通じて受注しました。

同発電設備は、石炭焚き超臨界圧ボイラー、蒸気タービン、ならびに発電機を中心に構成されます。当社は、高効率蒸気タービン、発電機それぞれ2基と、関連機器を供給します。

ベトナムでは、2016年に政府が公表した国家電源開発計画「第7次電力マスタープラン改訂版」に基づき、2016年から2030年までに約5,500万kWの新規火力発電案件が計画されおり、高効率の火力発電設備が求められています。今回の案件もこうした動向を受けたもので、当社がこれまでベトナムで手掛けてきた火力発電案件の実績に対する高い評価が受注につながりました。

MHPSは引き続き、2016年11月に設置したハノイ駐在事務所を情報の収集・発信拠点として、ベトナムの旺盛な電力需要にきめ細かく対応し、同国の経済発展に不可欠な電力の安定供給に寄与していくとともに、高効率の発電技術を提供することで、エネルギーの低炭素化を促進し地球環境の保全に貢献していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
http://www.mhps.com/jp/news/20180809.html

概要:三菱重工業株式会社

詳細は www.mhi.co.jp をご覧ください。

Source: Mitsubishi Heavy Industries
セクター: エネルギー

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


三菱造船 次世代LNG運搬船「Diamond Gas Sakura」の命名式を実施
2019年04月22日 11時00分
 
三菱重工サーマルシステムズが、家庭用エアコンで実証機を開発
2019年04月18日 11時00分
 
三菱重工工作機械、レーザービームによる"金属3Dプリンター"の商用モデルを製品化
2019年04月16日 14時00分
 
三菱重工工作機械、中国市場に高精度な歯車製造システムを提案
2019年04月11日 11時00分
 
三菱日立パワーシステムズ、中国・珠海市(広東省)の分散型発電所向けにH-25形ガスタービン2基受注
2019年04月03日 15時00分
 
三菱重工 泉澤新社長、2019年度の入社式で新入社員に励ましのことばを贈る
2019年04月01日 13時00分
 
三菱重工、役員人事を発表
2019年03月29日 15時00分
 
三菱重工、自動運転機能を備えた消防ロボットの "実戦" 配備型機を開発
2019年03月22日 15時00分
 
三菱造船、大型LPG運搬船「FUTURE ACE」の命名式を実施
2019年03月13日 11時00分
 
三菱重工・MHPS・MCO、機械駆動用H-100形ガスタービンがLNG生産設備向け製品認証を新たに2社から取得
2019年03月12日 17時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>