2018年08月21日 11時00分

Source: ISID

ISID、企業経営管理ソフトウエア「CCH Tagetik」の提供を開始


東京, 2018年08月21日 - (JCN Newswire) - 株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:釜井節生、以下ISID)は、このほど経営管理領域において世界有数のソフトウエア企業であるTagetik Software s.r.l(本社:イタリア ルッカ)の日本法人であるTagetik Japan株式会社(本社:東京都千代田区、カントリー・マネージャー:マネージング ディレクター 箕輪久美子、以下Tagetik Japan)と業務提携し、企業経営管理ソフトウエア「CCH Tagetik」の販売を開始したことをお知らせします。今後ISIDは、5年間で50億円の売り上げを目指し、企業のグループ経営管理の高度化を支援してまいります。

CCH Tagetikは、企業経営管理に必要なデータを収集し、多様な分析を実現する経営管理ソフトウエアです。CCH Tagetik独自のデータ構造と、標準装備されたETL※やユーザー定義テーブルによる明細レベルのデータ収集・管理によって、より詳細な予算・実績分析や業績管理が可能となります。また、グローバルかつ複数事業に展開するグループ会社を同一プラットフォームで管理することで、全社の経営管理プロセスを統一することが可能です。高い拡張性と柔軟性を持つCCH Tagetikは、世界約40カ国、75,000以上のユーザーが利用し、経営管理業務の効率化とコスト削減に貢献しています。

ISIDは、かねてより経営管理領域における顧客課題解決に取り組んできており、多くの実績と豊富なノウハウを有しています。今回新たにCCH Tagetikを提供ソリューションに加えることにより、企業の経営管理の高度化をより一層支援してまいります。ソリューションの詳細:https://www.isid.co.jp/solution/tagetik.html

Wolters Kluwer CCH Tagetikのコマーシャル・エグゼクティブ・バイスプレジデントであるマニュエル・ヴェルティーニ氏は次のように述べています。「この度、ISIDとの代理店契約締結について、大変嬉しく思っております。ISIDと共に提供するソリューションは、大規模組織の経営情報をダイナミックに集約し、複雑かつ詳細な分析ニーズに対応します。今後、ISIDとの密な協業により、日本企業の経営・財務課題に対する改革を強力に支援していきたいと考えています」

またTagetik Japan株式会社のマネージングディレクターである箕輪久美子氏は次のように述べています。「この度のISIDによるCCH Tagetik販売代理店契約の締結を心から歓迎いたします。ISIDは、グループ経営から単体管理会計、オペレーショナル領域の分析・レポーティングと幅広い領域でコンサルティングからソリューション導入、保守に至るまで非常に多くの実績があります。その経験に基づいた手法とノウハウを生かし、拡張性と柔軟性の高いCCH Tagetik製品を展開いただくことで、多くのお客様の経営管理に貢献されることを確信しています」

※ETL: Extract/Transform/Loadの略。企業の基幹系システムなどに蓄積されたデータを抽出(extract)し、データウエアハウスなどで利用しやすい形に加工(transform)し、対象となるデータベースに書き出す(load)こと

【製品・サービスに関するお問い合わせ先】
株式会社電通国際情報サービス
ビジネスソリューション事業部 グループ経営ソリューション営業部 梶野
TEL: 03-6713-7101

【本リリースに関するお問い合わせ先】
株式会社電通国際情報サービス コーポレートコミュニケーション室 服部
TEL: 03-6713-6100
E-Mail: [email protected]

<Tagetik Japan会社概要>
社名:Tagetik Japan株式会社
カントリー・マネージャー: マネージング ディレクター 箕輪久美子
本社:東京都千代田区大手町1-6-1大手町ビル1階SPACES
URL:https://www.tagetik.com/jp
設立:2015年11月
事業内容:Tagetik Japan株式会社は、1986年に設立されたTagetik Software s.r.l(イタリア)の日本法人として2015年に設立されました。世界約40カ国、75,000ユーザーが利用する、経理・経営企画部門向け経営管理(CPM/EPM)ソフトウエアであるCCH Tagetikは、予算管理、フォーキャスティング、財務諸表等の各種レポーティング、連結会計、収益性分析、法規制対応を含む重要なビジネスプロセスを1つのアプリケーション、データベースで管理可能にする統合プラットフォームです。ガートナー社、Forrester社をはじめとする多数の調査会社から高い評価を受けており、米SIIA CODiEアワード「ベスト・フィナンシャル・マネジメント・ソリューション2018」等を受賞しています。

<電通国際情報サービス(ISID)会社概要>
社名:株式会社電通国際情報サービス(略称:ISID)
代表者:代表取締役社長 釜井節生
本社:東京都港区港南2-17-1
URL:https://www.isid.co.jp
設立:1975年
資本金:81億8,050万円
連結従業員:2,716名(2017年12月末現在)
連結売上高:83,423百万円(2017年12月期)
事業内容:ISIDは、社会や企業のデジタルトランスフォーメーションを、確かな技術力と創造力で支えるテクノロジー企業です。金融業務や製品開発の領域で創業以来培ってきた知見に加え、人事・会計など企業活動の根幹を支えるシステム構築の実績、電通グループのマーケティングノウハウ、そしてIoTやロボティクス、AIなど先端技術の社会実装に向けたオープンイノベーションへの取り組みにより、社会と企業の課題解決に貢献する、価値あるソリューションを生み出し続けています。

Source: ISID
セクター: ITエンタープライズ

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


ISID、Amazon ConnectとSalesforce Service Cloudを活用した金融機関向けフルクラウド型コンタクトセンターソリューションの提供を開始
2019年02月14日 11時00分
 
ISIDグループの新中期経営計画「ISID X(Cross) Innovation 2021」について
2019年02月08日 15時00分
 
ISID、新中期経営計画「ISID X(Cross) Innovation 2021」を策定
2019年02月08日 15時00分
 
ISID、UiPath社より「Partner of the Year 2018」を受賞
2019年02月04日 13時00分
 
セブン銀行とISIDが「オンライン本人確認(KYC)」の合弁会社設立検討に合意
2019年01月29日 10時00分
 
ISID、仮想通貨メディア大手のコインテレグラフでマーケット情報の試験配信を開始
2019年01月10日 11時00分
 
ISID、電通グループの「個人データ銀行」事業会社に出資
2019年01月04日 14時00分
 
ISIDの米R&D支援チームがANAの旅アプリを開発
2018年12月13日 10時00分
 
ISID、最新の画像解析技術を活用したAR体験システム「なりきりアート」を開発
2018年12月12日 11時00分
 
電通国際情報サービスと日立産業制御ソリューションズが組込みシステム開発企業向けシステムズエンジニアリング事業で協業
2018年11月28日 11時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>