2018年09月03日 17時00分

Source: Honda

Honda、「トニー・ボウ」トライアル世界選手権で12連覇を達成


東京, 2018年09月03日 - (JCN Newswire) - 2018 FIM※トライアル世界選手権シリーズ第7戦イギリスGP(9月2日開催)において、株式会社ホンダ・レーシング(以下HRC)の契約ライダーで、ワークスチームであるレプソル・ホンダ・チーム(Repsol Honda Team)のトニー・ボウが優勝。12年連続12回目のシリーズチャンピオンを決定しました。

トニー・ボウは、2007年にHRCのワークスマシン「Montesa COTA 4RT」で初の世界チャンピオンを獲得して以来連覇を重ね、人工セクションを走破する屋内競技であるXトライアル世界選手権の2018年シーズンでも12年連続のチャンピオンに輝いています。

今シーズンは、開幕前に行われたXトライアル世界選手権での負傷の影響が心配されましたが、開幕戦スペインGPで優勝。その後、第2戦日本GP(2レース制)では4位、2位に終わるも、第3戦から第6戦まで優勝を重ね、また第4戦ポルトガルGPではトライアル世界選手権通算100勝を達成するなど、負傷の影響を感じさせることなく、圧倒的な強さを発揮。最終戦のイタリアGP(9月16日開催)を待たずにシリーズチャンピオンを決定しました。

トニー・ボウのコメント
「今日はとても特別な日になりました。今日のレースは簡単ではなく、ミスが許されず、難しいセクションであっても、果敢に攻めていかなければなりませんでした。神経質になり、重圧と戦いながらのレースでしたが、チャンピオンを獲得すべく全力を尽くし、勝つことが出来ました。今シーズンは怪我の影響がある中でのスタートでしたが、何とか乗り越えることが出来ました。チームと関係者、そして声援を送ってくれたファンの皆さんに感謝いたします」

株式会社ホンダ・レーシング 代表取締役社長 野村欣滋のコメント
「シーズン前の負傷があったにも関わらず、変わらぬパフォーマンスで、チャンピオンを獲得したトニー・ボウ選手の栄誉を称えたいと思います。そしてボウ選手自身の11連覇という記録を破り、12連覇を達成するために、尽力してくれたチームスタッフ、そしてレース活動を支えてくれた多くのスポンサーと、世界中のトライアルファンに感謝いたします。今後もホンダ・レーシングは、モータースポーツファンと感動を共有できるレース活動を目指し、取り組んでまいります」

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.honda.co.jp/news/2018/2180903.html

概要:本田技研工業株式会社

詳細は www.honda.co.jp をご覧ください。

Source: Honda
セクター: 自動車全般, ビジネス, 自動車

Copyright ©2018 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


Honda、人事異動に関するお知らせ
2018年09月25日 13時00分
 
Honda、2018年F1日本グランプリレースのタイトルスポンサーについて
2018年08月31日 21時00分
 
Honda、2018年7月度 四輪車 生産・販売・輸出実績
2018年08月30日 13時00分
 
Honda、新型「CR-V」を発売
2018年08月30日 11時30分
 
Honda、「NSX」改良モデルをホームページで先行公開
2018年08月24日 11時00分
 
Honda、モトクロスマシン直系の本格オフロードモデル「CRF450L」を新発売
2018年08月23日 11時00分
 
Honda、新型「N-VAN」受注状況について
2018年08月21日 13時00分
 
Honda、小型ビジネスジェット機「HondaJet」が2018年上半期でカテゴリートップのデリバリー数を達成
2018年08月07日 21時00分
 
Hondaが協力する「Shibafull(しばふる)」プロジェクトで生産された芝生を初出荷
2018年08月07日 11時00分
 
Honda、人事異動に関するお知らせ
2018年08月01日 13時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>