2018年09月04日 13時30分

Source: Mitsubishi Heavy Industries

MHIヴェスタス、世界最大出力の洋上風力発電設備V164-9.5MWを90基受注

英国トライトン・ノール(Triton Knoll)プロジェクトで

東京, 2018年09月04日 - (JCN Newswire) - 三菱重工業とデンマークのヴェスタス社(Vestas Wind Systems A/S)の洋上風力発電設備合弁会社であるMHI Vestas Offshore Wind A/S(MHIヴェスタス)は、英国東岸の北海洋上で進む86万kW級のトライトン・ノール(Triton Knoll)洋上風力発電プロジェクト向けに、世界最大出力9,500kW級の洋上風力発電設備V164-9.5MWを90基受注しました。2021年の運転開始を予定するもので、併せて5年間のサービス保守契約を締結。MHI ヴェスタス設立以来、最大規模の受注となります。

トライトン・ノール洋上ウィンドファーム(Triton Knoll Offshore Wind Farm)は、リンカンシャー(Lincolnshire)海岸から約32km東方の沖合いに建設されるものです。発電された電力は、英国家庭80万世帯以上の年間消費電力量を賄うことができます。

MHIヴェスタスは、V164-9.5MWタービン90基を同プロジェクトへ納入するにあたり、ウィンドファームの建設海域に近い英国の港(Seaton港)を活用して、タワー、ブレード、ナセルの保管、ならびにタービン仮組み作業から洋上設置船への積み込みを行います。これにより、一連の出荷業務に関わる40‐50人規模の地元雇用が創出できると考えています。

同事業は、ドイツの再生可能エネルギー・送配電事業会社であるイノジー社(innogy SE)の傘下企業である英国Triton Knoll Offshhore Wind Farm Ltd.が手掛けているものです。

MHIヴェスタスの納入済みおよび今後納入予定の発電設備の総出力は、8.4GWを超えています。今回の受注をさらなる弾みとして、一層の受注拡大をはかり、再生可能エネルギー由来電力設備の供給を通じて環境負荷低減に貢献していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
http://www.mhi.com/jp/news/story/180904.html

概要:三菱重工業株式会社

詳細は www.mhi.co.jp をご覧ください。

Source: Mitsubishi Heavy Industries
セクター: エネルギー

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


三菱重工サーマルシステムズ、自然冷媒CO2を用いた冷凍冷蔵コンデンシングユニットC-puzzleに40馬力タイプを開発
2019年12月11日 12時00分
 
マカオLRT(Light Rapid Transit)が営業運転を開始、三菱重工エンジニアリングが9.3kmの路線を新設し車両110両を納入
2019年12月10日 15時00分
 
三菱重工サーマルシステムズ、低GWP冷媒採用で環境保全・省エネをリード
2019年12月03日 11時00分
 
三菱日立パワーシステムズ、スペイン・マドリッドで開催の「COP25」JAPANパビリオンに出展
2019年12月02日 17時00分
 
三菱重工、人事異動を発表
2019年12月02日 16時30分
 
三菱重工業、ミャンマーのヤンゴンに駐在員事務所を開設
2019年12月02日 14時00分
 
三菱造船、下関で東海汽船向け貨客船の命名・進水式を実施
2019年11月28日 12時30分
 
三菱重工、第57回技能五輪全国大会で原子力事業部にて「構造物鉄工」金メダル、「電気溶接」銀メダルを獲得
2019年11月19日 13時00分
 
三菱重工航空エンジン、Mitsubishi SpaceJet向けPratt & Whitney GTF PW1200Gエンジンの国産完成品を初出荷
2019年11月13日 17時30分
 
三菱重工、全米における事業活動で消費する電力相当を再生可能エネルギーで発電
2019年10月29日 15時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>