2018年09月21日 23時20分

Source: Global News Online

恐れず!仮想通貨利用者保護の新しいアドバイス


東京, 2018年09月21日 - (JCN Newswire) - この頃、Zaif仮想通貨取引所で被害を受けた方なら、悲しみ・不安に包まれているのではないだろうか。この頃、Zaif取引所はハッキング被害を受け、ユーザーのホットウォレットからは45億円相当の、内部からは22億相当の仮想通貨が不正流出してしまい、合計被害額が67 億円に上る。

今年は日本仮想通貨交換業の最悪の1年と言える。1月、日本最大の仮想通貨取引所の1つであるCoincheckはハッキング被害を受け、580億円相当の仮想通貨流出事件が発生してしまった。現在、日本主流の取引所のセキュリティ問題は重要視すべきだと裏付けられている。

その背景において、利用者保護について、新しい方法をお勧めしたい。

仮想通貨取引所利用者保護に関する新しいアドバイス

第一,セキュリティの面で信頼できる仮想通貨取引所の導入。Zaifの流失事件から引き続き規制の強化が必要だと分かった。CoinMarketCap のデーターによると、Zaifは世界において大規模の取引所ではなく、世界ランキング101位だという。お客様に優れたサービスを提供するために、世界においてセキュリティの面で信頼できる仮想通貨取引所の導入が必要である。現在、そういった実力のある取引所は日本進出に努めている。例えば、世界トップクラスのHuobi取引所は日本の登録仮想通貨取引所BitTradeを買収することを通じて日本市場に進出した。Huobiは自2013年より設立され、現在アメリカ、韓国、ベトナム、シンガポール、ブラジル、オーストラリア、イギリス、カナダ等の十数か国においてコンプライアンスチームを整備している。世界数百万人のユーザーにサービスを提供しており、セキュリティ問題は一度も起こっていないHuobiは市場に活力を注ぐとともに、利用者保護に資する。

第二,保険の加入。認可された仮想通貨取引所だから、保険会社経由でユーザーの資産を確保することが考えられる。ハッキング事件の場合、ユーザーの資産を確実に確保できるように保険会社と連携する。保険会社にとってもやり方がそんなに難しくなくても、大きな利益を獲得できる。

第三,利用者保護基金の設立。日本の取引所共同でもしくは金融庁或いはその他の政府部門主導で利用者保護基金を設立することも利用者保護の有効策かもしれない。




Copyright ©2018 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.


新着プレスリリース


もっと見る >>