2018年10月02日 13時00分

Source: Sony

ソニー、小型ボディに大口径ARC-Fレンズを搭載した高輝度レーザー光源モデルなど4K HDRホームシアタープロジェクター3機種を発売

18Gbpsの高速伝送対応、階調表現豊かなHDRを実現

東京, 2018年10月02日 - (JCN Newswire) - ソニーは、独自開発のディスプレイデバイス、ネイティブ4K SXRDパネルを搭載し、4Kの高解像度で、HDR(ハイダイナミックレンジ)に対応した高画質4K HDRホームシアタープロジェクター3機種を発売します。

今回発売の中で、『VPL-VW855』は、コンパクトな筐体を維持しながら、18枚のガラスレンズを使用した大口径4K「ARC-F(All Range Crisp Focus)」レンズを搭載し、画面の隅々まで歪みの少ない高精細な映像を表現します。

さらに、新機能「デジタルフォーカスオプティマイザー」の搭載により、レンズ性能の評価指標であるMTFを向上。レンズの収差を画面上の座標と画質のパターンから最適化することで、4K映像本来の美しさを忠実に再現します。レーザー光源による2,200ルーメンの高輝度かつ高コントラストな映像と、柔軟な設置性を両立した機種です。

3機種は、ともに18Gbpsの高速伝送が可能で、4K放送に対応するためのHDCP2.2対応※4の入力端子を2系統装備しており、4K放送や4K配信の様々なコンテンツをお楽しみいただけます。

さらに、最大120コマまで映像のコマ数を補完して動きを滑らかに表現する4K「モーションフロー」に対応し、スポーツなど動きの速い映像も、より滑らかに映し出します。加えて、HDRコンテンツの再生時には、制作時の表現に近い階調処理に補正をすることで、暗部・明部をより豊かに表現します。

なお、『VPL-VW555』と『VPL-VW255』は、お求めやすく、また設置環境に合わせて選べるよう、本体にブラックとプレミアムホワイトの2色をそろえています。

ソニーは、4KやHDRに対応したプロジェクターの商品構成を拡充することで、高画質で臨場感ある映像を楽しめるホームエンタテインメント環境を提案していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201810/18-1002/

概要:ソニー

詳細は www.sony.co.jp をご覧ください。

Source: Sony
セクター: メディア, ITエンタープライズ, アートとデザイン, ベンチャーキャピタル, デジタル

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


ソニー、機械学習を用いた予測分析ソフトウェア「Prediction One」の提供を開始
2019年06月12日 13時00分
 
ソニー、大口径超望遠単焦点レンズGマスター(TM)『FE 600mm F4 GM OSS』を発売
2019年06月12日 13時00分
 
ソニー、超望遠ズームレンズGレンズ(TM)『FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS』を発売
2019年06月12日 13時00分
 
ソニーセミコンダクタソリューションズ、仮想ネットワークなどの仮想化技術を有するMido Holdings Ltd.を買収
2019年06月07日 14時00分
 
ソニーと東京工業大学、共同研究講座「次世代デバイス技術共同研究講座」を設置
2019年06月05日 14時00分
 
ソニー、夏休みにプログラミングの楽しさを体験できるワークショップイベント「Sony STEAM Studio 2019」を開催
2019年06月04日 14時00分
 
ソニー独自の低消費電力広域(LPWA)通信規格ELTRES(TM)に対応した通信モジュールを商品化
2019年05月28日 11時00分
 
ソニー、スタートアップの立ち上げを支援するWEBアプリケーション「StartDash」を公開
2019年05月27日 13時00分
 
ソニー、2019年度経営方針説明会を開催、テクノロジーに裏打ちされたクリエイティブエンタテインメントカンパニーとして進化
2019年05月21日 15時00分
 
ソニー、フルカラーでの描画と消去を繰り返し行えるフィルムを開発
2019年05月17日 12時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>