2018年10月02日 13時00分

Source: Sony

ソニー、小型ボディに大口径ARC-Fレンズを搭載した高輝度レーザー光源モデルなど4K HDRホームシアタープロジェクター3機種を発売

18Gbpsの高速伝送対応、階調表現豊かなHDRを実現

東京, 2018年10月02日 - (JCN Newswire) - ソニーは、独自開発のディスプレイデバイス、ネイティブ4K SXRDパネルを搭載し、4Kの高解像度で、HDR(ハイダイナミックレンジ)に対応した高画質4K HDRホームシアタープロジェクター3機種を発売します。

今回発売の中で、『VPL-VW855』は、コンパクトな筐体を維持しながら、18枚のガラスレンズを使用した大口径4K「ARC-F(All Range Crisp Focus)」レンズを搭載し、画面の隅々まで歪みの少ない高精細な映像を表現します。

さらに、新機能「デジタルフォーカスオプティマイザー」の搭載により、レンズ性能の評価指標であるMTFを向上。レンズの収差を画面上の座標と画質のパターンから最適化することで、4K映像本来の美しさを忠実に再現します。レーザー光源による2,200ルーメンの高輝度かつ高コントラストな映像と、柔軟な設置性を両立した機種です。

3機種は、ともに18Gbpsの高速伝送が可能で、4K放送に対応するためのHDCP2.2対応※4の入力端子を2系統装備しており、4K放送や4K配信の様々なコンテンツをお楽しみいただけます。

さらに、最大120コマまで映像のコマ数を補完して動きを滑らかに表現する4K「モーションフロー」に対応し、スポーツなど動きの速い映像も、より滑らかに映し出します。加えて、HDRコンテンツの再生時には、制作時の表現に近い階調処理に補正をすることで、暗部・明部をより豊かに表現します。

なお、『VPL-VW555』と『VPL-VW255』は、お求めやすく、また設置環境に合わせて選べるよう、本体にブラックとプレミアムホワイトの2色をそろえています。

ソニーは、4KやHDRに対応したプロジェクターの商品構成を拡充することで、高画質で臨場感ある映像を楽しめるホームエンタテインメント環境を提案していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201810/18-1002/

概要:ソニー

詳細は www.sony.co.jp をご覧ください。

Source: Sony
セクター: メディア, ITエンタープライズ, アートとデザイン, ベンチャーキャピタル, デジタル

Copyright ©2018 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


ソニーの技術とノウハウを結集し高音質を追求したSignature Series(シグネチャーシリーズ)からデジタルミュージックプレーヤー『DMP-Z1』を発売
2018年10月17日 13時30分
 
ソニーモバイルコミュニケーションズ、有機ELディスプレイを搭載 引き込まれるような映像美を描き出すスマートフォン『Xperia XZ3』をNTTドコモより発売
2018年10月17日 13時00分
 
シスコ、ビデオ会議ソリューションへソニー製カメラを採用
2018年10月16日 13時30分
 
ソニー、SME、ソニー・グローバルエデュケーション、ブロックチェーン基盤を活用したデジタルコンテンツの権利情報処理システムを開発
2018年10月15日 14時00分
 
ソニー、ハードな使用環境にも耐えうる、優れた堅牢性・防水性・防塵性を備えたSDカード『SF-G シリーズTOUGH(タフ)仕様』を発売
2018年10月03日 14時30分
 
ソニー、低消費電力広域(LPWA)通信規格ELTRESを採用したIoTネットワークの商用化に向けた国内プレサービスを提供開始
2018年09月28日 14時30分
 
ソニー、防水・防塵性能の完全ワイヤレス型ヘッドホン『WF-SP900』発売
2018年09月26日 14時00分
 
ソニーと日立、国内家電市場における販売・カスタマーサービス領域などでの連携強化に合意
2018年09月25日 12時00分
 
ソニー、世界最大規模の写真・映像関連の展示会「Photokina2018」出展
2018年09月21日 13時00分
 
ソニー、大口径広角単焦点レンズ Gマスター『FE 24mm F1.4 GM』発売
2018年09月21日 13時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>