2018年10月10日 15時00分

Source: Hitachi

日立コンシューマ・マーケティング、冷凍食品やペットボトルの収納性にこだわった少人数世帯向け2ドアパーソナル冷蔵庫を発売


東京, 2018年10月10日 - (JCN Newswire) - 日立コンシューマ・マーケティング株式会社(取締役社長:須藤 利昭/以下、日立CM)は、ペットボトルや冷凍食品の収納性にこだわった少人数世帯向け2ドアパーソナル冷蔵庫1機種を12月より発売します。

需要動向と開発の背景

単身世帯、高齢化世帯の増加など少人数世帯の増加傾向の社会背景により、冷蔵庫(170L以下)の需要は堅調に推移することが見込まれます。
少人数世帯の増加に伴い、一時保存に便利なペットボトル飲料や手軽に料理が出来る冷凍食品等の調理済食品が普及してきました。このような背景から、ペットボトル・調味料等を収納しやすいドアポケットや冷凍室を整理しやすい「こものバスケット」を採用した冷蔵庫を開発しました。

新製品の主な特長

1. 生活空間に調和するシンプルデザイン
外観は、直線的なシンプルフォルムで生活空間に調和するデザインです。本体色は周囲と馴染みやすく清潔感のある「アイボリーホワイト」、深みと高級感のある「プラチナシルバー」の2色展開です。

2. 収納性にこだわったドアポケット
ドアポケットの収納は3段のドアポケットで、上段ポケットにはジャムや小瓶等・中段ポケットには500mLペットボトル2本+350mL缶や調味料等・下段には2Lペットボトル3本の収納が可能です。

3. 冷凍室もスッキリ整理「こものバスケット」搭載
冷凍食品やアイス等で煩雑になりがちな冷凍室も整理しやすい様に「こものバスケット」を搭載しました。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2018/10/1010.html

概要:日立製作所

詳細は www.hitachi.co.jp をご参照ください。

Source: Hitachi
セクター: エレクトロニクス, ITエンタープライズ

Copyright ©2018 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


日立、生産性に対する社員の意識を見える化し、人事施策の高度化を支援する「日立人財データ分析ソリューション」を販売開始
2018年10月17日 13時00分
 
日立、独自のデータモデルを用いて生産現場のデータ連携を容易にし、生産工程全体の最適化を支援する「IoTコンパス」を販売開始
2018年10月17日 12時00分
 
日立と日立ビルシステム、多言語での受付・接客対応が可能なアプリ型のコミュニケーションロボット「EMIEW-TT」を開発
2018年10月17日 10時00分
 
日立、複数人の会話音声をテキスト化する「音声書き起こし支援サービス」を販売開始
2018年10月16日 13時00分
 
日立、大阪重粒子線センターで「重粒子線治療システム HyBEAT」が稼働開始
2018年10月16日 13時00分
 
日立、お客さまのデータをAIで分析し、バリューチェーン最適化に向けた施策提案を行う小売・流通業向け「Hitachi Digital Solution for Retail」を提供開始
2018年10月16日 10時00分
 
国分寺市と日立製作所 研究開発グループが、イノベーション創生による地域活性化に向けた包括連携協定を締結
2018年10月15日 14時00分
 
JUKIと日立、IoT活用によるプリント基板生産ラインの最適化に向けて協創開始
2018年10月15日 10時00分
 
ダイキンと日立が、化学品製造工程の反応プロセスにおける品質管理ノウハウのデジタル化に向けた共同実証を開始
2018年10月12日 12時00分
 
日立、AIを活用してサイバー攻撃検出時のアラート評価を自動判定する「セキュリティ監視業務効率化AIソリューション」を提供開始
2018年10月12日 11時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>