2018年10月17日 16時00分

Source: Toyota

TOYOTA GAZOO Racing、2019年シーズンのWRC参戦ドライバーを決定

クリス・ミークが、オット・タナック、ヤリ-マティ・ラトバラと共にヤリスWRCドライバーに

豊田, 2018年10月17日 - (JCN Newswire) - TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamは、2019年FIA世界ラリー選手権(WRC)に参戦するドライバー・ラインナップを決定しました。今シーズンに続き、2019年シーズンも3台のヤリスWRCで全イベントに参戦します。

オット・タナックは、コ・ドライバーのマルティン・ヤルヴェオヤと共に、来シーズンもヤリスWRCのドライバーを務めます。今シーズン、既に4勝を収めておりますが、ドライバー選手権でのタイトル獲得に向け、残り2戦も全力を尽くします。

ヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組も、来シーズンも引き続き、チームで共に戦います。経験豊富なラトバラ/アンティラ組は、トヨタが参戦復帰した初戦の、2017年ラリー・モンテカルロで表彰台を獲得し、数週間後に行われたラリー・スウェーデンでは、チームを初優勝に導くなど、チームにとって要となる存在です。今シーズンは、これまで4度表彰台に上がり、直近4戦のうち表彰台に3回上がる活躍を見せています。

2019年のドライバー・ラインナップには、タナックとラトバラに加え、クリス・ミークが新たに加わります。ミークは、北アイルランド出身で、WRCで最もスピードに定評があるドライバーの1人として、2015年以降5回WRC優勝を果たしています。

TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamは、このスピードと経験豊富なドライバーの布陣で、挑戦を続けます。なお、ミークのコ・ドライバーは、シーズン終了後に発表を予定しています。

なお、エサペッカ・ラッピとコ・ドライバーのヤンネ・フェルムは、2018年シーズン終了後、チームを離れます。ラッピ/フェルム組は、昨年のラリー・ポルトガルでトヨタからWRCのトップカテゴリーでデビューし、その後のラリー・フィンランドでは、WRC初優勝を果たしました。今シーズンは、これまで3度表彰台に上がり、現在のマニュファクチャラー選手権で上位争いを展開しているチームに貢献しています。TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamは、彼らのこれまでの功績に深い感謝の意を表します。

豊田 章男(チーム総代表)
「ラッピ選手、フェルム選手、我々のチームで2年間一緒に戦ってくれて、本当にありがとう。
昨年のラリー・フィンランドで優勝という素晴らしい結果をもたらしてくれ、我々に感動を与えてくれました。若さに溢れるラッピ選手の活躍は、チームの大きな原動力であったと思います。
また、今年のラリー・フィンランドでは、ラッピ選手がファンを大切にし、ファンに愛されている姿を私も現地で目の当たりにしました。TOYOTA GAZOO Racingのファンとの絆を更に強くしてくれたこと、感謝しています。
コ・ドライバーのフェルム選手は、常に冗談を言って、チームを明るく盛上げてくれました。来年、私がWRCの現場に行った時、ライバルチームのテントから大きな笑い声が聞こえてきたら、仲間だったラッピ選手とフェルム選手が、元気に活躍しているのだと思うでしょう。
来年は手強いライバルとして、我々を強くしてくれると思いますし、競争を通じて一緒にラリーを盛り上げていけることに、ワクワクしています。しかし、その前に、先ずは、今年の選手権を一緒に戦い抜きましょう!最高の走りを2人にしてもらえるよう最終戦、最後のステージまでもっといいクルマづくりを続けます。

そして、来年から新しく仲間に加わってくれるミーク選手。
様々な経験を持ったドライバーであるミーク選手が、ヤリスを一段と強くしてくれることを期待しています。ヤリスに乗ったら、その感想をぜひ教えてください。思いっきり走らせられるヤリスをトミ・マキネンと共につくっていくので、来シーズンの開幕を楽しみに待っていてください。」

トミ・マキネン(チーム代表)
「クリスがTOYOTA GAZOO Racingに加入してくれることを、我々全員がとても嬉しく思っています。彼は非常に速いだけでなく、豊富な経験を持っていますし、彼の高い技術的な理解力は、もっといいヤリスWRCをつくるための新しい知識やアイデアをもたらしてくれると思います。ヤリ-マティが来年もチームの一員としてシーズンを共に戦うことも、大変嬉しく思います。彼のこれまでの働きは素晴らしく、ここ最近は表彰台に連続して上がるなど、非常に重要な貢献をしてくれています。現時点で最速のドライバーの1人ともいえるオットと共に、スピード、経験、ラリーに勝つ力を備えた3人のドライバーのラインナップで来シーズンを迎えることができます。この強いチームでドライバー、マニュファクチャラーの両選手権獲得を狙いたいと思います。
最後に、新しいチャレンジを求めてチームを去ることになったエサペッカには、これまでの活躍に感謝するとともに、これからの幸運を祈っています。」

クリス・ミーク
「トヨタのドライバーになることは、私にとって大変嬉しく、光栄なことです。豊田章男総代表、トミ・マキネンチーム代表、そしてチームの皆さんに心から感謝します。3年前、チーム加入の可能性について話し合ったことがあるのですが、今回、ついにチームの一員になることができ、とても嬉しく思っています。ヤリスWRCの実力は、クルマ自体が物語っていますが、敬意と礼儀を重んじる日本文化が受け継がれるトヨタのチームスピリットは信じられない程素晴らしいと感じています。来年のスタートが待ちきれません。私の最大の目標は、再び自分のドライビングを楽しみ、トヨタのチャンピオンシップ優勝に貢献することです。
16歳の時に、地元のラリー選手権で、初めて兄のコ・ドライバーとして優勝した時のクルマが、トヨタのカローラでした。そんなエピソードや、これまでの色々な縁が重なり、ここにいることが信じられない程嬉しい気持ちです。自分にとってこれ以上のチームはありません。」

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://newsroom.toyota.co.jp/jp/toyota/24973492.html

概要:トヨタ自動車株式会社

詳細は http://toyota.jp/ をご覧ください。

Source: Toyota
セクター: 自動車全般

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


TOYOTA、デトロイトモーターショーで新型スープラを世界初披露
2019年01月15日 08時00分
 
TOYOTA GAZOO Racing World Rally Team、オートスポーツ・インターナショナルで2019年シーズン参戦体制を発表
2019年01月14日 08時00分
 
TOYOTA、マークX“GRMN”を発売
2019年01月11日 09時00分
 
米Toyota Research Institute(TRI)、自動運転(高度安全運転支援)技術「Toyota Guardian」についてCESで説明
2019年01月08日 07時00分
 
トヨタ・モビリティ基金、下肢麻痺者向けの補装具開発コンテストにおいて製品化を目指す最終候補の5チームを発表
2019年01月08日 07時00分
 
TOYOTA、ヴォクシー、ノア、エスクァイアに歩行者も検知するToyota Safety Senseを採用
2019年01月07日 14時00分
 
米Toyota Research Institute, Inc.(TRI)、新型自動運転実験車「TRI-P4」をCES(R)で公開
2019年01月04日 07時00分
 
TOYOTA、ヴィッツ誕生20周年記念特別仕様車を発売
2018年12月26日 15時00分
 
トヨタ、新型車UX 受注状況について
2018年12月26日 15時00分
 
トヨタ自動車、11月 生産・国内販売・輸出実績
2018年12月26日 13時30分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>