2018年10月19日 09時00分

Source: NEC Corporation

NEC、JVCケンウッドの基幹システムをNECデータセンターに移行

BCP強化と運用コストを大幅削減

東京, 2018年10月19日 - (JCN Newswire) - NECは、株式会社JVCケンウッド(本社:神奈川県横浜市、代表取締役 会長執行役員 CEO:辻 孝夫、以下 JVCケンウッド)の基幹システムを含む大規模システムについて、クラウド基盤サービス「NEC Cloud IaaS」及び「NEC神奈川データセンター」への移行を行いました。

JVCケンウッドは、多様なシステムニーズに応えられる「NEC Cloud IaaS」と安全・安心、かつコスト効率の高い「NEC神奈川データセンター」のハウジングサービス活用によるハイブリッドクラウド環境を構築することで、BCP強化と運用管理コスト50%削減を実現しました。本環境は2018年7月から本格稼働しています。

JVCケンウッドは、「映像」「音響」「通信」の強みを生かして、高い技術力をベースとしたソリューションをグローバルに提供しています。東日本大震災の教訓や、近年の予想を超える異常気象・大規模災害を考慮し、さらなる事業継続性の強化と、複雑化する社内システムやクラウドの運用効率化を目指して、全社のシステム基盤環境の見直しを進めてきました。

NECは本システム移行(プロジェクト期間4か月)において、綿密な調査・準備により、既設のデータセンターからNECデータセンターへサーバ及びネットワーク機器約300台(16ラック)の物理的な移設と、クラウド環境に構築された仮想サーバの移行を、わずか2日間の業務停止時間で実現しました。また、障害発生時のサポートサービスの提供など、今後の運用についてもお客様をきめ細かくサポートできる体制を準備しています。

NECは、信頼性の高いクラウド基盤と安全・安心なデータセンターのサービス提供を通じて、豊かな情報社会における社会価値の創出に貢献していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://jpn.nec.com/press/201810/20181019_01.html

概要:日本電気株式会社(NEC)

詳細は www.nec.co.jp をご覧ください。

Source: NEC Corporation
セクター: ITエンタープライズ

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


NEC通信システム、製造現場の資材位置を高い精度で管理する「マーカー測位技術」を開発
2019年01月11日 09時00分
 
NECなど、羽田空港の制限区域内で自動運転バスの実証実験を実施
2019年01月10日 12時00分
 
NEC、「ドコモ5Gオープンラボ OKINAWA」にMECを活用した顔認証デモシステムを提供
2019年01月09日 09時00分
 
NECとウフル、IoT領域で協業
2019年01月08日 09時00分
 
NEC、デンマーク最大手のIT企業を傘下におくKMD Holding社の株式取得(子会社化)に関するお知らせ
2018年12月27日 15時30分
 
NEC、インドネシアの広域防災システムの構築を完了
2018年12月20日 09時30分
 
NEC、特許庁の業務効率研究課題「問い合わせ対応業務への人工知能技術の適用に関する実証的研究事業」を受託
2018年12月20日 09時00分
 
NEC、システム運用管理の効率化を支援する「Express5800シリーズ」1Wayサーバを発売
2018年12月19日 09時00分
 
NEC、80GHz帯において、伝送距離40mのリアルタイムデジタルOAMモード多重無線伝送に世界で初めて成功
2018年12月19日 09時00分
 
NEC、京都市上下水道局とのIoTを活用した水道スマートメーターの導入に向けた共同研究に参画
2018年12月18日 09時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>