2018年10月22日 12時00分

Source: Sony

ソニー、世界初 1つのMIPI入力ポートに対して複数接続可能なセンシング向けCMOSイメージセンサーを商品化


東京, 2018年10月22日 - (JCN Newswire) - ソニーは、世界で初めて※1、1つのMIPI(Mobile Industry Processor Interface)入力ポート※2に対して、独自のデータ送信技術により複数接続を可能とするインターフェースを搭載した、センシング向けグローバルシャッター機能搭載CMOSイメージセンサー『IMX418』を商品化しました。このインターフェースは、MIPI規格に準拠したデータ送信が可能であり、既存のアプリケーションプロセッサー(以下、AP)で受信できます。本商品は、イメージセンサーから取得した情報を元に、自己位置推定と環境地図作成を同時に行うSLAM(Simultaneous Localization and Mapping) や障害物検知を使用する、ヘッドマウントディスプレイ(以下、HMD)、ドローン、自律走行ロボットなど、複数のイメージセンサーの搭載が想定される機器での採用を見込んでいます。

イメージセンサーとその撮影画像を処理するAPは、通常、インターフェースの標準規格であるMIPIで接続し、イメージセンサーの数だけAPのMIPI入力ポートが必要になります。複数のセンシング用イメージセンサーを機器に搭載する場合、配線数増加によるフレキシブルプリント基板のデザイン、APのMIPI入力ポートなどに制約がありました。

本商品は、同一配線上に接続された複数のイメージセンサーを同時露光して撮影したデータを、順番にAPの1つのMIPI入力ポートへ転送するインターフェースを搭載しています。それにより、配線数が削減できるだけでなく、MIPI入力ポート数以上のイメージセンサーを接続することが可能となります。

また、主に産業機器向けに市場導入しているグローバルシャッター機能を搭載したCMOSイメージセンサーと比べて、移動体向けに低電圧で駆動することにより低消費電力化し、移動体向けのグローバルのシャッター機能を実現しています。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201810/18-087/index.html

概要:ソニー

詳細は www.sony.co.jp をご覧ください。

Source: Sony
セクター: メディア, ITエンタープライズ, アートとデザイン, ベンチャーキャピタル, デジタル

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


ソニー、機械学習を用いた予測分析ソフトウェア「Prediction One」の提供を開始
2019年06月12日 13時00分
 
ソニー、大口径超望遠単焦点レンズGマスター(TM)『FE 600mm F4 GM OSS』を発売
2019年06月12日 13時00分
 
ソニー、超望遠ズームレンズGレンズ(TM)『FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS』を発売
2019年06月12日 13時00分
 
ソニーセミコンダクタソリューションズ、仮想ネットワークなどの仮想化技術を有するMido Holdings Ltd.を買収
2019年06月07日 14時00分
 
ソニーと東京工業大学、共同研究講座「次世代デバイス技術共同研究講座」を設置
2019年06月05日 14時00分
 
ソニー、夏休みにプログラミングの楽しさを体験できるワークショップイベント「Sony STEAM Studio 2019」を開催
2019年06月04日 14時00分
 
ソニー独自の低消費電力広域(LPWA)通信規格ELTRES(TM)に対応した通信モジュールを商品化
2019年05月28日 11時00分
 
ソニー、スタートアップの立ち上げを支援するWEBアプリケーション「StartDash」を公開
2019年05月27日 13時00分
 
ソニー、2019年度経営方針説明会を開催、テクノロジーに裏打ちされたクリエイティブエンタテインメントカンパニーとして進化
2019年05月21日 15時00分
 
ソニー、フルカラーでの描画と消去を繰り返し行えるフィルムを開発
2019年05月17日 12時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>