2018年11月07日 10時30分

Source: Fujitsu Ltd

富士通:川口市立高等学校、空間UI技術を融合した知識構成型ジグソー法によるアクティブ・ラーニングを全国の高等学校で初導入


東京, 2018年11月07日 - (JCN Newswire) - 川口市立高等学校(以下 川口市立高校、注1)と富士通株式会社(以下 富士通、注2)は、東京大学CoREF(注3)の知識構成型ジグソー法(注4)と富士通の空間UI技術(注5)を活用したアクティブ・ラーニングの授業デザインを開発し、2018年10月より全国の高等学校で初めて空間UI技術を融合した知識構成型ジグソー法によるアクティブ・ラーニング授業を開始しました。同校は、1年生の理数系科目を対象に開始し、順次対象を拡大していきます。

本アクティブ・ラーニングでは、生徒が仮想の机上空間で課題や考えを共有・議論することが可能で、思考プロセスも含めて可視化・蓄積することで、主体的かつ対話型の深い学びを支援します。

また同校は、授業や自宅での学習履歴や課題学習などの習得状況を蓄積・可視化する「FUJITSU 文教ソリューション Unified-One 学修支援 CoursePower(コースパワー)」(以下 「CoursePower」を導入し、アクティブ・ラーニングの効果を高めることで、生徒の学びをより強力に支援し、教育の質向上を目指します。

背景
川口市内の3高等学校(注6)を統合した川口市立高校は、新しい学びとテクノロジーを融合した先進的な教育を提供するため、富士通製タブレット「FUJITSU Tablet ARROWS Tab Q508/SE」約400台、無線LAN、アクティブ・ラーニングルームなど最新のICT環境を整備し2018年4月に開校しました。また、教育現場では、生徒が自らの考えを積極的に発信するアクティブ・ラーニングへのICT活用や、授業中の生徒の発言や発表資料などを記録・蓄積し、それらの学習履歴をもとに学びの質を向上させる様々な施策を検討してきました。

同校では、知識構成型ジグソー法によるアクティブ・ラーニングを授業に取り入れています。このほど、このアクティブ・ラーニングの効果をさらに高めるため、富士通と共同で空間UI技術を融合した独自の授業デザインを開発し、全国の高等学校で初となる空間UI技術を融合した知識構成型ジグソー法によるアクティブ・ラーニングの授業を開始しました。

空間UI技術を融合した知識構成型ジグソー法によるアクティブ・ラーニングの学習の流れ
以下の流れで授業および自宅などで課題学習を行います。また、それらの学習履歴は全て「CoursePower」に蓄積されます。

1. 事前学習
- 教員が生徒に、共通の課題を富士通製タブレット「FUJITSU Tablet ARROWS Tab Q508/SE」上で提示。
- 生徒は課題に対する回答をタブレット上のワークシートに各自まとめる。

2. グループ活動
- 生徒はグループごとに特定の観点に関する資料を読み込み、メンバーと議論することで知見を深める。(エキスパート活動)
- 生徒は各自タブレット内のワークシートや画像などのデータを空間UI上に展開しグループのメンバーに共有する。
- 異なる観点の知見を深めたメンバーでグループを再編成し、課題に関する議論をさらに深める。(ジグソー活動)

3. 学習発表
- グループ活動で議論した内容を空間UI上で発表資料としてまとめ、グループごとに発表する。

4. 事後学習
- 他グループの発表を聞いた上で、生徒は再度課題に対する回答を各自タブレット上でワークシートにまとめ、「CoursePower」の授業フォルダーに格納し提出する。

5. 授業評価
- グループ活動中のアウトプットの変遷を含め、デジタルに生徒一人ひとりの学習プロセスを蓄積できるため、教員は生徒の学びをより広く深く、きめ細かく支援できる。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2018/11/7.html

概要:富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。

Source: Fujitsu Ltd
セクター: エレクトロニクス, ITエンタープライズ

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


富士通:卓球Tリーグの試合で、ろう学校の生徒が「Ontenna」を装着し観戦
2019年08月22日 11時14分
 
富士通とQualcomm、5G通信方式での接続検証およびデータ疎通試験を完了
2019年08月22日 11時10分
 
富士通と富士通研究所、過去の少ない雨量・水位データで河川の水位を予測できるAI技術を開発
2019年08月16日 15時00分
 
富士通、第一生命様の次世代インフラ「DL PadIIシステム」の開発・導入を支援
2019年08月16日 10時00分
 
あいおいニッセイ・富士通・野村総研・SCSK・大日本印刷・日本IBMなど、テレマティクス技術活用の事故対応システムを開発
2019年08月09日 12時17分
 
富士通、新卒や既卒を問わず、いつでも応募可能な通年採用を開始
2019年08月09日 11時16分
 
富士通、「2019びわ湖大花火大会」におけるデータ利活用をびわ湖大花火大会実行委員会様と共同実証
2019年08月07日 11時00分
 
富士通、仮想化統合基盤「Nutanix Enterprise Cloud on PRIMERGY」を国内で販売開始
2019年08月07日 10時00分
 
富士通、製造現場の生産性向上を支援するデジタル生産準備ツール「VPS」の新バージョンを販売開始
2019年08月05日 11時13分
 
富士通研究所、オープンな環境でより安全に認証できる生体情報の暗号化技術を開発
2019年08月02日 11時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>