2018年11月08日 13時00分

Source: Toyota

トヨタ自動車、工業利用を目的とした世界初の汎用水素バーナーを開発

燃焼時のCO2ゼロに加え、新開発の機構によってNOx排出を都市ガスバーナー以下に低減

愛知, 2018年11月08日 - (JCN Newswire) - トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は、工業利用を目的とした汎用バーナーとしては世界初*1となる、水素を燃料とするバーナー(以下、水素バーナー)を、中外炉工業株式会社の協力により新開発し、本日より愛知県豊田市の本社工場鍛造ラインに導入しました。

従来、水素バーナー内で水素が激しく燃焼することで(=酸素と急速に反応し)、火炎温度が高温になり、環境負荷物質であるNOxが多く生成されるために、水素バーナー実用化は困難でした。新開発した水素バーナーは、水素を緩やかに燃焼させる2つの新機構を導入し、CO2排出ゼロに加えてNOx排出を大幅に低減*2させ、高い環境性能を両立しました。

(1) 水素と酸素が混ざらないようにする機構
水素と酸素が完全に混合した状態で着火すると、激しく燃焼し火炎温度が高くなります。水素と酸素をバーナー内で並行に流し、完全に混合していない状態で緩慢に燃焼させ、火炎温度を下げています。

(2) 酸素濃度を下げる機構
バーナー内の酸素濃度が高い状態で着火すると、激しく燃焼し火炎温度が高くなります。水素をバーナー内に供給するパイプの中腹に小さな穴を空け、少量の水素と酸素をあらかじめ燃焼(予燃焼)させ、酸素濃度を適正値に(19%)下げた状態で主燃焼が始まるようにして火炎温度を下げています。

トヨタは、「トヨタ環境チャレンジ2050」の「工場CO2ゼロチャレンジ」達成に向け、革新技術の導入や日常の改善活動に加え、工場で使用するエネルギーを再生可能エネルギーや水素に置き換えていく予定です。

本技術によって、現在国内工場で1,000台以上導入され、工場設備の中でもCO2排出量が多い大型都市ガスバーナーを水素バーナーに置き換えることが可能です。トヨタの「工場CO2ゼロチャレンジ」実現に向けて、水素バーナーを他工場へ順次展開していく予定で、トヨタグループ会社内でも導入が検討されています。

これからも、産業分野での水素利用を進め、需要拡大に貢献することで、水素社会の実現や産業分野の低炭素化を目指します。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://newsroom.toyota.co.jp/jp/corporate/25255692.html

概要:トヨタ自動車株式会社

詳細は http://toyota.jp/ をご覧ください。

Source: Toyota
セクター: 自動車全般

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


WRC 第1戦 ラリー・モンテカルロ プレビュー: 新たにクリス・ミークをチームに迎え2019年開幕戦に3台のヤリスWRCで挑む
2019年01月18日 18時00分
 
TOYOTA、デトロイトモーターショーで新型スープラを世界初披露
2019年01月15日 08時00分
 
TOYOTA GAZOO Racing World Rally Team、オートスポーツ・インターナショナルで2019年シーズン参戦体制を発表
2019年01月14日 08時00分
 
TOYOTA、マークX“GRMN”を発売
2019年01月11日 09時00分
 
米Toyota Research Institute(TRI)、自動運転(高度安全運転支援)技術「Toyota Guardian」についてCESで説明
2019年01月08日 07時00分
 
トヨタ・モビリティ基金、下肢麻痺者向けの補装具開発コンテストにおいて製品化を目指す最終候補の5チームを発表
2019年01月08日 07時00分
 
TOYOTA、ヴォクシー、ノア、エスクァイアに歩行者も検知するToyota Safety Senseを採用
2019年01月07日 14時00分
 
米Toyota Research Institute, Inc.(TRI)、新型自動運転実験車「TRI-P4」をCES(R)で公開
2019年01月04日 07時00分
 
TOYOTA、ヴィッツ誕生20周年記念特別仕様車を発売
2018年12月26日 15時00分
 
トヨタ、新型車UX 受注状況について
2018年12月26日 15時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>