2018年11月09日 13時30分

Source: Showa Denko

昭和電工、超微粒子酸化チタン「スーパータイタニア」生産設備の増強を完了


東京, 2018年11月09日 - (JCN Newswire) - 昭和電工株式会社(社長:森川 宏平)は、子会社である昭和電工セラミックス株式会社(本社:長野県塩尻市)において、積層セラミックコンデンサー(MLCC)の原料である超微粒子酸化チタン「スーパータイタニア(R)」の生産能力増強を完了しました。

多くの電子機器で使われているコンデンサーのうち、MLCCはスマートフォンや携帯電話など小型化・軽量化が要求される情報機器や薄型TVなどのデジタル家電に多く使用されています。MLCCの市場成長率は年10%程度ですが、これら電子機器の需要拡大に伴い、設備はフル稼働の状況が継続しています。

需要の拡大に対応し、今後も安定的に高品質な製品をお客様へ供給するため、今般昭和電工セラミックス株式会社富山工場内にある、MLCC向けスーパータイタニアの生産ラインを1系列増設しました。2019年1月以降、生産能力は現行能力の3割増となります。

酸化チタン(TiO2)を原料とするチタン酸バリウム(BaTiO3)はMLCCの基本構造の一つである誘電体*1に用いられます。また、MLCCの小型化・高容量化のためには高純度で粒子の微小なチタン酸バリウムが必要となります。チタン酸バリウムの製法には固相法と液相法*2があり、より低コストで誘電特性の高いチタン酸バリウムが得られる固相法には微小な酸化チタンが必要となります。当社が製造・販売する超微粒子酸化チタン「スーパータイタニア」は最先端のプロセス制御技術を用いて生産され、粒子の大きさは15~250ナノメートル(1ナノメートル=百万分の1ミリメートル)と微細で、純度も高く、MLCCの更なる小型化・高容量化に貢献いたします。

スーパータイタニアはMLCCの原料としてだけでなく、各種フィラー材料など、幅広いニーズにお応えする超微粒子高純度酸化チタンです。今後も、お客様のニーズに合わせ、高品質の製品を安定的に供給し、トップレベルの地位を確立してまいります。

*1 誘電体:絶縁体だが、電気を蓄えることができ、瞬間的に放電を行う物質のこと。誘電特性が高いほど、より多くの電気を蓄えることができる。
*2 固相法と液相法:チタン酸バリウムのようなファインセラミックスの製造方法の一種。固相法は材料を混合し、高温で焼成する段階で化学反応を起こし、化合物を生成する。液相法では材料を溶液に溶解した状態で化学反応を起こし、低温で焼成することで化合物を生成する。

概要:昭和電工株式会社

詳細は www.sdk.co.jp をご覧ください。

本件に関するお問合せ先:
昭和電工株式会社
広報室
03-5470-3235

Source: Showa Denko
セクター: 化学品

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


昭和電工、ラミネートシートを用いた車載電池向け超軽量冷却器を開発
2019年01月15日 14時30分
 
昭和電工、2019年社長年頭挨拶(要旨)
2019年01月04日 11時30分
 
昭和電工、自己株式取得状況および自己株式取得終了に関するお知らせ
2018年12月19日 15時00分
 
昭和電工、新中期経営計画「The TOP 2021」を策定
2018年12月11日 14時00分
 
昭和電工、配当予想の修正に関するお知らせ
2018年12月11日 14時00分
 
昭和電工、自己株式取得に係る事項の決定に関するお知らせ
2018年12月11日 14時00分
 
昭和電工、タイのアルミ缶新会社が竣工式を実施
2018年12月07日 11時30分
 
昭和電工、役員の異動に関するお知らせ
2018年12月03日 15時00分
 
昭和電工、TDKとレアアース磁石合金研究開発事業の譲渡契約締結
2018年11月27日 15時00分
 
昭和電工・産総研・ADMAT、人工知能(AI)を用いてポリマー設計・検証サイクルの試行回数を大幅低減
2018年11月27日 11時30分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>