2018年12月05日 12時00分

Source: Mazda

マツダ、低環境負荷のバイオエンプラ新意匠2層成形技術を開発

アジアを代表する環境・エネルギーの総合展示会「エコプロ2018」に出展

広島, 2018年12月05日 - (JCN Newswire) - マツダ株式会社(以下、マツダ)は、環境負荷を低減しながら、高い質感を実現できるバイオエンジニアリングプラスチック(以下、バイオエンプラ)を用いた新意匠2層成形技術を開発したことを発表しました。

このバイオエンプラ新意匠2層成形技術による自動車内装意匠部品の試作品展示をはじめ、理想の内燃機関を目指した「SKYACTIV-X」や独自の電動化技術、塗装技術などマツダの環境に関する取り組みについて、12月6日(木)から東京ビッグサイトで開催される、アジアを代表する環境・エネルギーの総合展示会「エコプロ2018」*1において展示を行います。

バイオエンプラ新意匠2層成形技術は、環境に優しく透明感のあるバイオエンプラを使用した表層樹脂と基材表面に柄を刻み込んだ基材樹脂との2層成形により、深みのある色合いと精緻感、陰影感など、従来の技術では実現困難な意匠を実現させながら、環境負荷の低減を可能にする技術です。マツダはこの技術により開発した自動車内装意匠部品を今後の新型車から順次採用していく予定です。

植物由来原料を使用するバイオエンプラは、石油資源の使用量削減やCO2排出量の抑制、無塗装によるVOC*2の削減により、環境負荷の低減に貢献する材料です。マツダでは、従来材料の塗装が施された部品を超える質感(深みのある色合い、鏡面のような平滑感)を材料着色で実現するなど、高い意匠性を持つ自動車内外装部品としても使用できるように開発し、2015年に「ロードスター」の内装意匠部品に初めて採用して以来、現在国内で販売しているすべての乗用車*3の内装意匠部品や外装意匠部品に採用しています。

今後もマツダは、「地球」「社会」「人」とクルマが共存する世界の実現を目指し、「走る歓び」と「優れた環境・安全性能」を感じていただける商品開発により、お客さまとの間に特別な絆を持ったブランドになることを目指してまいります。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www2.mazda.com/ja/publicity/release/2018/201812/181205a.html

概要:マツダ株式会社

詳細は www.mazda.co.jp をご覧ください。

Source: Mazda


Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


マツダ、専用色「レーシングオレンジ」を採用した「MX-5」30周年記念車を世界初公開
2019年02月08日 09時00分
 
マツダ、2019年3月期第3四半期決算を発表
2019年02月06日 15時00分
 
マツダ、ジュネーブモーターショーにて新世代商品第二弾となる新型SUVを世界初公開
2019年02月05日 16時00分
 
マツダ、中国におけるエンジン生産合弁会社の社名を「長安マツダエンジン有限公司」に変更
2019年01月30日 16時00分
 
マツダ、2018年12月および1~12月の生産・販売状況について(速報)
2019年01月30日 11時30分
 
マツダ、「マツダCX-8」が2018年国内3列シートSUV販売台数 第1位を獲得
2019年01月30日 11時30分
 
マツダ、「アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)」が第53回機械振興賞「経済産業大臣賞」を受賞
2019年01月18日 10時30分
 
マツダ、1310MPa級高張力鋼板冷間プレス部品を世界で初めて開発
2019年01月10日 11時00分
 
マツダ、シカゴオートショーにて「MX-5」30周年記念車を世界初公開
2019年01月09日 12時00分
 
マツダ、人事異動を発表
2018年12月27日 10時30分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>