2018年12月06日 10時00分

Source: Fujitsu Ltd

富士通、アフラック様の「即時支払いサービス」にセキュアなオンライン認証サービスを導入


東京, 2018年12月06日 - (JCN Newswire) - 当社が提供する「FUJITSU IoT Solution 生体センサー認証ソリューション オンライン生体認証サービス(以下、オンライン生体認証サービス)」が、アフラック生命保険株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:古出 眞敏、以下、アフラック)様において2018年12月17日よりがん保険の一部の保障(注1)で開始する「即時支払いサービス」に採用されました。

アフラック様の「即時支払いサービス」では、生存確認の手段として新たに生体認証を導入することで、お客様へのがん保険の診断給付年金の迅速な支払いが可能となります。今回提供するFIDO(注2)に準拠した生体認証では、お客様が所有するスマートフォンなどの本人認証機能を使用することにより、少ない負担で生存確認手続きが可能です。アフラック様は、お客様の利便性を高めると同時に、強固なセキュリティのもと手続きが実現できます。

当社は、保険業界におけるサービス向上のため、保険とITを融合させたインシュアテック(注3)に貢献するとともに、オンライン生体認証サービスを、金融をはじめとする様々な業界に幅広く展開していきます。

オンライン生体認証サービスを採用したシステムの概要

当社は、アフラック様の「即時支払いサービス」において、FIDOを導入する際に必要となるサーバやソフトウェアおよびクライアント側の開発支援サービス、ならびにクラウド環境を提供します。

当社の「オンライン生体認証サービス」により、アフラック様が新サービス向けに開発したアプリケーションへのログインおよび生存確認を、生体認証(指紋認証、顔認証)での本人認証により行うことができます。また、この生存確認においてはアフラック様がお客様の生体情報を保有せず、強固なセキュリティのもと診断給付年金の手続きが実現できます。

今後

当社は「オンライン生体認証サービス」を、本人認証などを必要とする様々なお客様に対し、新規格のFIDO2(注4)によるWebブラウザからの利用や認証デバイスの拡充など、新たな利用シーンも含めて提案し続け、ビジネスに貢献します。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2018/12/6.html

概要:富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。

Source: Fujitsu Ltd
セクター: エレクトロニクス, ITエンタープライズ

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


富士通、東京大学情報基盤センター様から大規模超並列スーパーコンピュータシステムを受注
2019年02月18日 10時00分
 
富士通、健康医療情報管理基盤「Healthcare Personal service Platform」を提供開始
2019年02月13日 10時00分
 
富士通など、糖尿病治療における経口血糖降下薬の処方最適化に関するAIによる学習モデル構築の共同研究開発に着手
2019年02月12日 10時00分
 
富士通、米FORTUNE誌「世界で最も賞賛される企業」に選出
2019年02月06日 10時00分
 
富士通、公文書管理の電子化と100%電子決裁を強力に推進
2019年02月04日 10時00分
 
富士通、2018年度第3四半期 連結決算概要を発表
2019年01月31日 15時00分
 
富士通と富士通研究所、電力の需要家間取引システムをブロックチェーン上で実現
2019年01月30日 09時00分
 
富士通:大日本印刷が情報銀行普及に向けて安心・安全に情報管理可能なプラットフォームを開発・提供
2019年01月29日 09時00分
 
富士通とPT.Fujitsu Indonesia、インドネシア 北スマトラ州で「総合防災情報システム」が稼働
2019年01月28日 11時00分
 
富士通、医療機関向け治験ソリューション「tsClinical DDworks21/Trial Site」を提供開始
2019年01月24日 10時30分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>