2018年12月12日 14時00分

Source: Eisai

GARDP、エーザイおよび武田薬品による新たな抗菌薬の探索に関するパートナーシップ契約について

化合物の抗菌活性試験実施に関する複数の製薬企業との初めての合意

東京, 2018年12月12日 - (JCN Newswire) - Global Antibiotic Research and Development Partnership (グローバル抗菌薬研究開発パートナーシップ、本部:スイス・ジュネーブ、以下「GARDP」)、エーザイ株式会社 (本社:東京都文京区、以下「エーザイ」) および武田薬品工業株式会社 (本社:大阪市中央区、以下「武田薬品」) は、抗菌活性を有する新たな化合物を発見することを目指し、エーザイおよび武田薬品の化合物ライブラリーを用いたGARDPによるスクリーニング実施に関する契約を締結しました。今後、エーザイおよび武田薬品から提供された化合物の抗菌活性試験はInstitut Pasteur Korea (所在地:キョンギド・ソンナム市、以下「韓国パスツール研究所」) にて実施されます。複数のパートナーによる本契約は、新規抗菌薬の開発と持続可能なアクセスの担保により、深刻な細菌感染症に立ち向かうGARDPの取り組みを推し進めるものです。

深刻な細菌感染症に対して、現在開発中の抗菌薬はわずかであり、薬剤耐性(AMR*)の脅威は今や全世界的な公衆衛生上の大きな課題となっています。薬剤耐性の感染症により毎年約70万人が命を落としており1、重症細菌感染症、特にグラム陰性菌感染症はWHO (世界保健機関) により世界的な公衆衛生上の優先課題として特定されています。

本プロジェクトではエーザイおよび武田薬品が有する、最新の創薬化学を駆使して蓄積された化合物ライブラリーから、これまでに抗菌活性スクリーニングが行われていない化合物のスクリーニングを実施します。抗菌活性スクリーニングの対象となるのは、WHOが公表した「優先的に対処すべき病原菌」リスト2 において新たな抗菌薬の開発が急務とされた細菌です。GARDPは本スクリーニングを通じ、次の開発段階に進むべき新たな化合物を選定することを目指します。

GARDP研究開発部長であるSeamus O'Brien博士は、「本パートナーシップが締結されたことを大変嬉しく思います。パートナーシップは新たな抗菌薬の探索と開発を加速させるだけでなく、製薬業界が抗菌薬の研究開発に関わり続けられるよう支援します。」と述べています。「ユニバーサル・ヘルス・カバレッジの達成には薬剤耐性の克服が欠かせません。GARDPの特長は、早期の探索段階から前臨床、臨床を経て患者に新薬を届けるまでの抗菌薬開発におけるすべてのプロセスを実行できることです。」

エーザイの上席執行役員hhcデータクリエーションセンター長 (兼) 筑波研究所長である塚原 克平博士は、「エーザイは、人類の脅威となっている薬剤耐性菌に効く新しい抗菌薬を発見するというGARDPの取り組みに共感し、化合物ライブラリーを提供します。そこから発見された種から新しい薬が生み出され、耐性菌により命を落とすことのない世界が実現することを願っています。」と述べています。

武田薬品のニューロサイエンス創薬ユニット長であるCeri Davies博士は、「この創造的なパートナーシップに貢献し、生命を脅かす薬剤耐性を治療する新規医薬品の研究開発の促進に関われることを武田薬品は嬉しく思います。」と述べています。

韓国パスツール研究所のCEOであるWangshick Ryu博士は、「韓国パスツール研究所はGARDPとの連携により、薬剤耐性の解決に取り組む非常に重要なグローバルプロジェクトに参画できることを誇りに思います。世界は抗菌薬が効かなくなる事態を防ぐため、グローバルで連携したアクションを取る必要があります。GARDPの主導による本プロジェクトは、グローバルな製薬企業が有する技術と韓国パスツール研究所のリソースを結び付け、この差し迫った世界的な要求に積極的に応えるものです。我々が一丸となり、一層の貢献ができることを願っています。」と述べています。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.eisai.co.jp/news/2018/news2018105.html

概要:エーザイ株式会社

詳細はwww.eisai.co.jpをご覧ください。

Source: Eisai
セクター: バイオテック・製薬

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


エーザイ、希望退職者の募集の結果に関するお知らせ
2019年01月18日 14時00分
 
エーザイ、米国臨床腫瘍学会 2019年消化器がんシンポジウムにおいて「レンビマ(R)」(レンバチニブ)の肝細胞がんを対象とした臨床第III相試験(REFLECT試験)の最新解析結果を発表
2019年01月15日 13時00分
 
エーザイ、新たな不眠障害治療薬「レンボレキサント」が米国において新薬承認申請を提出
2019年01月15日 11時00分
 
エーザイ、抗てんかん剤ペランパネルが中国当局より部分てんかん併用療法に係る適応の新薬承認申請について優先審査に指定
2019年01月04日 12時00分
 
エーザイ、人事異動(2019年1月1日付)を発表
2018年12月27日 15時00分
 
ブリストル・マイヤーズ スクイブ社とH3 Biomedicine、H3 BiomedicineのRNAスプライシングプラットフォームを活用した新規治療法の開発について共同研究契約を締結
2018年12月18日 10時00分
 
エーザイ、肥満症治療剤lorcaserin Eurofarmaとブラジルにおける提携契約を締結
2018年12月17日 09時00分
 
エーザイとユニバーシティ・カレッジ・ロンドンとの共同研究から見出された新規抗タウ抗体E2814についてアルツハイマー病を対象とした臨床第I相試験に向けて準備を開始
2018年12月06日 12時00分
 
EAファーマとエーザイ、「モビコール(R)配合内用剤」を新発売
2018年11月29日 14時30分
 
エーザイ、抗てんかん剤「フィコンパ」が日本申請に向けた部分てんかん単剤療法の臨床第III相試験のトップラインにおいて主要評価項目を達成
2018年11月28日 12時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>