2018年12月13日 13時30分

Source: Mitsubishi Motors

三菱自、クロスオーバーSUV『エクリプス クロス』を一部改良して発売


東京, 2018年12月13日 - (JCN Newswire) - 三菱自動車は、クロスオーバーSUV『エクリプス クロス』の2WD車にアクティブヨーコントロール(AYC *1)を追加するなど一部改良を施し、全国の系列販売会社を通じて12月13日(木)から販売を開始します。車両本体のメーカー希望小売価格は2,539,080円~3,107,160円(消費税込)。

主な改良内容

- アクティブヨーコントロール(AYC*1)を2WD車にも採用することでハンドリングの軽快感や回頭性、旋回時のライントレース性の向上を図りました。

- フロントドアガラスに遮音性の高いガラスを採用することで、風切り音を低減し走行時の静粛性を向上させました*2。

- 全席のパワーウインドウスイッチに照明を追加したほか、運転席から全席の窓をワンタッチでオート開閉できる機能を採用することで、利便性を向上させました*2。また、挟まれ防止機能(オート開閉時)も全席のパワーウインドウに設定しました*2。

- 従来、本革シートとのセットオプションであった運転席・助手席シートヒーターを標準装備とすることで、ファブリックシートの快適性を向上させました*2。

- 「M」グレードの16インチアルミホイールを切削光輝仕上げに変更することで、質感を向上させました。

- ルーフレールのレス仕様をメーカーオプション設定しました。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2018/detail5264.html

概要:三菱自動車工業株式会社

三菱自動車の企業コミュニケーションワード「[email protected]
地球を走る。地球と生きる。三菱自動車。

人とクルマ、社会とクルマ、地球とクルマの新しい時代を拓くために。いま、三菱自動車は挑戦を始めています。走行中のCO2排出ゼロ。地球温暖化防止に貢献する新世代電気自動車、i MiEV(アイミーブ)の世界投入。軽自動車で培った技術を存分に活用、燃費性能にすぐれたグローバル・スモールの提案。世界の環境基準をクリアしながら、走りの楽しさにあふれた三菱ならではの小型SUVの開発。さらに、新ディーゼルエンジンによるラリー参戦を通じて、走りと環境を両立する、新次元のクルマづくりを追求してゆきます。

私たちは信じています。私たちのクルマへの熱い想いと技術が、新しいクルマの価値をつくることを。ドライブ・アット・アース。走る歓びが永遠であるように。クルマが地球と共生できるように。

詳細はこちらからご覧ください。 www.mitsubishi-motors.co.jp

Source: Mitsubishi Motors
セクター: 自動車全般

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


ルノー・日産自動車・三菱自動車、「Microsoft Azure」をベースとした「アライアンス インテリジェント クラウド」を立ち上げ
2019年03月20日 16時00分
 
三菱自動車、2019年バンコク国際モーターショーで『トライトン』のスペシャルモデルを参考出品
2019年03月15日 16時00分
 
三菱自動車、オートキャンプイベント「スターキャンプ2019」を全国3会場で開催
2019年03月15日 13時00分
 
三菱自動車、新型軽自動車『eKワゴン』『eKクロス』の予約注文を受付開始
2019年03月14日 16時00分
 
日産自動車、三菱自動車、NMKVが新型軽自動車のオフライン式を実施
2019年03月14日 15時00分
 
三菱自、執行役員人事を発表
2019年03月13日 16時00分
 
三菱自、組織改正・人事異動を発表
2019年03月13日 16時00分
 
ルノー・日産自動車・三菱自動車、新しいアライアンス オペレーティング ボードを創設
2019年03月12日 17時00分
 
三菱自動車、『MITSUBISHI ENGELBERG TOURER』を世界初披露
2019年03月05日 19時00分
 
三菱自、インドネシアで『エクスパンダー』描いた飛行機が運航開始
2019年02月28日 14時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>