2018年12月14日 10時00分

Source: Mitsubishi Corporation

三菱商事、英国における炭素繊維再資源化事業への参画


東京, 2018年12月14日 - (JCN Newswire) - 三菱商事株式会社(以下、当社)はドイツ ELG Haniel GmbH 社(イーエルジー・ハニエル社、以下 ELG)から、炭素繊維の再資源化事業会社である ELG Carbon Fibre Ltd.社(イーエルジー・カーボン・ファイバー社、以下 ECF)の株式の 25%を取得し、事業参画に合意しました。本件の完了は、関係規制当局からの承認等を前提としており、今後必要な手続きを進めます。

炭素繊維は日系メーカーが約 7 割の製品供給を担う本邦を代表する先端素材であり、鉄の 4 分の1の重量ながら、強度は 10 倍以上を有する素材として、高強度且つ軽量な素材を必要とする航空機、風力発電等の産業で活用されています。

また、内燃機関車の排ガス削減や電気⾃動車の航続距離延長を課題とする自動車業界では、車体のマルチマテリアル化による軽量化が重要な課題となっており、今後、炭素繊維のニーズが更に高まると見られております。世界の炭素繊維の市場規模は、現在の約 6 万トン/年から今後年率 10%程度の成⻑が見込まれておりますが、より広範な普及を進めていくには生産コスト低減が課題となってきます。

ECF は炭素繊維強化プラスチック(以下 CFRP)の端材等を再資源化する独⾃の技術とノウハウを有している英国の製造販売会社です。世界で初めて商業生産ベースで二次加工(リサイクル)炭素繊維の安定生産を実現し、⾃動車産業や電子材料産業向け等に供給しています。ECF はこれまで最終処分が困難であった CFRP の端材等を再資源化することで、サステナブルな素材の提供に貢献すると共に、生産コスト低減を実現し、競争力ある素材を安定的に市場に提供することで、本邦の基幹産業である自動車業界が直面する課題の解決を目指しています。当社は、既存事業のネットワークや知見を活かしながら、株主として ECF の掲げるビジョンの実現を目指します。

当社は、今回の事業参画により、ECF のグローバルな事業展開と二次加工炭素繊維の安定供給を確立し、持続可能な産業発展と低炭素社会の実現に向け貢献して参ります。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
www.mitsubishicorp.com/jp/ja/pr/archive/2018/html/0000036333.html

概要:三菱商事株式会社

詳細は www.mitsubishicorp.com をご参照ください。

Source: Mitsubishi Corporation
セクター: 自動車

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


三菱商事、コメダホールディングスとの業務提携契約締結及び第三者割当増資の引受について
2019年06月12日 15時00分
 
三菱商事、インドTVS Automobile Solutionsの株式追加取得について
2019年06月03日 15時30分
 
三菱商事、自己株式の取得状況に関するお知らせ
2019年06月03日 14時00分
 
三菱商事、執行役員及び元理事に対するストックオプションの割当てについて
2019年05月17日 14時00分
 
三菱商事、米国キャメロンLNGプロジェクトのLNG生産開始
2019年05月14日 20時00分
 
三菱商事、人事異動を発表
2019年05月09日 13時00分
 
三菱商事、当社子会社(日本食品化工株式会社)の平成31年3月期通期決算における業績予想値と決算値との差異に関するお知らせ
2019年04月26日 16時00分
 
三菱商事、2019年度 取締役・監査役人事について
2019年04月19日 13時00分
 
三菱商事、代表取締役の異動に関するお知らせ
2019年04月19日 13時00分
 
三菱商事、定款一部変更のお知らせ
2019年04月19日 13時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>