2018年12月14日 11時00分

Source: Mitsubishi Heavy Industries

三菱造船、大型LPG運搬船「LAUREL PRIME」の命名式を実施

アストモスエネルギー向け同型7番船

東京, 2018年12月14日 - (JCN Newswire) - 三菱重工グループの三菱造船株式会社(社長:大倉 浩治、本社:横浜市西区)は13日、アストモスエネルギー株式会社が扱うLPG(液化石油ガス)の輸送向けに建造中である大型LPG運搬船の命名式を行いました。本船は、同社向けの同型では7番目で、省エネ性能に加えて世界の主要LPGターミナルに柔軟に対応できるほか、拡張された新パナマ運河に適合した仕様となっており「LAUREL PRIME」と命名されました。本年12月末に予定する完成・引渡し後は、日本郵船株式会社により運航されることとなります。

三菱重工業の長崎造船所香焼工場で行われた式典には、荷主および船主の各代表をはじめ関係者多数が出席。アストモスエネルギーの荒木 誠也代表取締役社長による命名、ご令室による支綱切断が行われました。

本船は、長さ230m、幅36.6m、深さ21.65m、喫水11.1m、総トン数約4万8,300トン、タンク総容積約8万3,000m3で、本年9月12日に進水。建造は三菱重工グループの三菱重工海洋鉄構株式会社(社長:椎葉 邦男、本社:長崎市)が担当しました。

三菱重工時代から培ってきた設計・建造能力をベースに独自の船型を採用したことにより、優れた燃費性能とLPGターミナルごとに異なるさまざまな接続条件への高い適応性を実現しています。本シリーズLPG運搬船は、本船が11番船となります。

三菱造船および三菱重工海洋鉄構は、今後も引き続き燃費性能・環境性能に優れたLPG運搬船を建造していくことにより、エネルギーの安定供給と環境保全に貢献していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
http://www.mhi.com/jp/news/story/1812145984.html

概要:三菱重工業株式会社

詳細は www.mhi.co.jp をご覧ください。

Source: Mitsubishi Heavy Industries
セクター: エネルギー

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


三菱航空機、M100型機15機の商談に関するMOU(Memorandum of Understanding)を締結
2019年06月19日 15時00分
 
三菱日立パワーシステムズグループ、3万kW級の可搬型航空転用ガスタービン発電設備を受注
2019年06月14日 15時00分
 
三菱重工、プラント巡回防爆ロボット「EX ROVR」の走行試験を実施
2019年06月10日 11時00分
 
三菱重工、人事異動を発表
2019年06月03日 15時00分
 
三菱重工サーマルシステムズ、ビーバーエアコンの寒冷地モデル4機種を順次発売へ
2019年05月30日 12時00分
 
三菱重工航空エンジン、キャセイパシフィック航空とPW4000エンジンのMRO契約を締結
2019年05月29日 16時00分
 
三菱重工、役員人事を発表
2019年05月28日 16時00分
 
三菱重工サーマルシステムズ、「暖ガンハイパーインバーター」6月から順次発売
2019年05月27日 11時00分
 
三菱重工工作機械、最新の金属3D積層造形技術を米国見本市で披露
2019年05月16日 13時00分
 
三菱日立パワーシステムズ、中国・製紙大手の理文造紙有限公司向けにH-25形ガスタービン2基受注
2019年05月15日 13時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>