2018年12月18日 10時00分

Source: Eisai

ブリストル・マイヤーズ スクイブ社とH3 Biomedicine、H3 BiomedicineのRNAスプライシングプラットフォームを活用した新規治療法の開発について共同研究契約を締結


東京, 2018年12月18日 - (JCN Newswire) - ブリストル・マイヤーズ スクイブ社(本社:米国ニューヨーク、CEO:ジョバンニ・カフォリオ)とエーザイ株式会社(本社:東京都、代表執行役CEO:内藤 晴夫、以下 エーザイ)およびエーザイの米国研究子会社であるH3 Biomedicine, Inc. (所在地:米国マサチューセッツ州、以下 H3)は、H3のRNAスプライシングプラットフォームを用いた、がんに対する反応をより強化する新規治療法の開発について、複数年にわたる共同研究契約を締結したことをお知らせします。

今回の新しい共同研究は、RNAスプライシングを変調させることにより、免疫システムががん細胞を攻撃できるようにするファースト・イン・クラスの治療法を開発し、より多くの患者様が免疫療法によるベネフィットを享受できることをめざしています。

本契約に基づいて、H3とブリストル・マイヤーズ スクイブ社は、H3のRNAスプライシングプラットフォームを活用した免疫療法を共同で開発します。ブリストル・マイヤーズ スクイブ社は、本共同研究により見出された化合物の開発と製品化を行い、H3は契約一時金を受領すると共に、開発、薬事、販売マイルストンペイメントおよび上市後には売上収益に応じた一定のロイヤルティを受領する予定です。エーザイは、共同研究の成果として見出された化合物について共同開発および共同販売をする選択肢を有しています。

H3のプレジデントでありChief Data Sciences OfficerであるLihua Yu博士は、「私たちは、イノベーションの推進と研究開発を通じた患者様貢献という目標を共有するブリストル・マイヤーズ スクイブ社と本共同研究を推進できることを大変嬉しく思います。私たちは、RNAスプライシングプラットフォームから見出された最初の化合物についてすでに臨床導入を達成しています。さらに、がん免疫療法のリーダーであるブリストル・マイヤーズ スクイブ社と共に、この新しいがん免疫療法の研究を推進できることを楽しみにしています。私たちはこの共同研究を通じて、RNAスプライシングプラットフォームが、免疫システムを活性化し、より効果的にがんを死滅させ得るかを実証したいと思います」と述べています。

ブリストル・マイヤーズ スクイブ社のDiscovery Chemistry and Molecular Technologiesの責任者であるPercy Carterは、「私たちは、H3と共にRNAスプライシングに関するサイエンスと研究を推進できることを楽しみにしています。H3は、RNAの恒常性の変化ががんに与える影響について、豊富な知識を有しています。この共同研究を通じて、私たちは患者様貢献につながる可能性のあるRNAスプライシングの変調と新薬開発について追求します」と述べています。

エーザイのオンコロジービジネスグループ プレジデントでありH3のChief Executive Officerである井池輝繁常務執行役は、「H3は創設以来、がんゲノミクスやバイオテクノロジーのブレークスルーにより新しい治療法を提供するイノベーションの原動力としての役割を担っています。私たちは、ブリストル・マイヤーズ スクイブ社とのこの新しい共同研究に取り組むことを非常に嬉しく思います。これは、H3にとって一つの重要なマイルストンであり、患者様へのさらなる貢献の機会となると信じています」と述べています。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.eisai.co.jp/news/2018/news2018107.html

概要:エーザイ株式会社

詳細はwww.eisai.co.jpをご覧ください。

Source: Eisai
セクター: バイオテック・製薬

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


エーザイ、新規抗タウ抗体「E2814」の最新データについてアルツハイマー病協会国際会議で発表
2019年07月19日 13時00分
 
エーザイ、アルツハイマー病協会国際会議 2019のセッションおよびシンポジウムにおけるアルツハイマー病治療の最新動向について
2019年07月19日 13時00分
 
エーザイ、新規に開発された自動化タンパク質アッセイシステムによって高精度測定された血漿中アミロイドβと脳脊髄液中アミロイドβの相関を評価した研究について発表
2019年07月18日 13時30分
 
エーザイ、エレンベセスタットについてスパイン密度価による脳内シナプス機能への影響を検討した非臨床研究結果を発表
2019年07月18日 13時30分
 
エーザイ、抗がん剤「ハラヴェン(R)」が局所進行性または転移性乳がんに係る適応で中国当局より承認を取得
2019年07月17日 11時00分
 
エーザイ、アルツハイマー病協会国際会議2019(AAIC2019)においてアルツハイマー病/認知症領域の開発品に関する最新データを発表
2019年07月11日 08時00分
 
エーザイ、社会的責任投資指数「FTSE4Good Index Series」の対象銘柄に18年連続で選定
2019年07月11日 08時00分
 
エーザイ、全く新しい創薬アプローチによる革新的認知症治療薬の創出をめざすG2D2が米国マサチューセッツ州ケンブリッジにおいて本格稼働
2019年07月10日 13時00分
 
エーザイ、ダンディー大学とがん治療薬創出に向けた標的タンパク質分解誘導に関する共同研究契約を締結
2019年07月08日 08時00分
 
エーザイ、新株予約権証券の発行登録書の提出について
2019年06月24日 08時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>