2019年01月04日 11時30分

Source: Showa Denko

昭和電工、2019年社長年頭挨拶(要旨)


東京, 2019年01月04日 - (JCN Newswire) - 昭和電工株式会社の森川宏平 代表取締役社長は本日、2019年社長年頭挨拶を行いました。要旨は以下のとおりです。

真価が問われる一年

昭和電工グループの2018年の業績は2年連続で最高益を更新する見通しです。市況好況の恩恵を十分に享受できたのは、「しっかりとした今」を作るため、各事業が長年に亘って取り組んできた施策が実を結んだ結果です。2019年の世界経済は、米中貿易摩擦や地政学リスクなどの要因から、2017年から好況が続く世界景気に陰りが見え、減速に向かう懸念が高まっています。風向きの変化に即応できるか、当社グループの真価が問われる重要な1年です。

「個性派企業」に向け

本年から始まる新中期経営計画「The TOP 2021」では、これまで創出してきたキャッシュを基盤に、長期的な成長へ大きく舵を切ります。山頂を意味する「The TOP」には、当社が目指す山の頂上、2025年に当社事業の半数以上を個性派事業とする、という思いを込めています。一定規模の営業利益、営業利益率10%以上、収益変動の抑制の3つを満たす個性派事業への道のりは事業ごとに異なりますが、本計画で新たに定義した目指す方向性「高める」「伸ばす」「変わる」ために歩み始めます。加えて、持続的な成長を実現するためには新規事業の創出が必須です。新たな事業を「創る」、成長への強い意志を持ちましょう。

こころを、社会を、動かす

2019年は創立80周年の節目の年です。これまでの先人の苦労に感謝するとともに、「期待を持てる将来」を我々が示すことで、すべてのステークホルダーにご満足いただく企業を目指します。当社グループが、人々の「こころ」を動かし、「社会」を動かす。そういった存在となるために、価値創造の主役である従業員一人ひとりの主体的な行動を期待しています。新たな成長に向けて、力強くスタートしましょう。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.sdk.co.jp/news/2019/27171.html

概要:昭和電工株式会社

詳細は www.sdk.co.jp をご覧ください。

本件に関するお問合せ先:
昭和電工株式会社
広報室
03-5470-3235

Source: Showa Denko
セクター: 化学品

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

マルチメディア


代表取締役社長 森川宏平
 

関連プレスリリース


昭和電工、ラミネートシートを用いた車載電池向け超軽量冷却器を開発
2019年01月15日 14時30分
 
昭和電工、自己株式取得状況および自己株式取得終了に関するお知らせ
2018年12月19日 15時00分
 
昭和電工、新中期経営計画「The TOP 2021」を策定
2018年12月11日 14時00分
 
昭和電工、配当予想の修正に関するお知らせ
2018年12月11日 14時00分
 
昭和電工、自己株式取得に係る事項の決定に関するお知らせ
2018年12月11日 14時00分
 
昭和電工、タイのアルミ缶新会社が竣工式を実施
2018年12月07日 11時30分
 
昭和電工、役員の異動に関するお知らせ
2018年12月03日 15時00分
 
昭和電工、TDKとレアアース磁石合金研究開発事業の譲渡契約締結
2018年11月27日 15時00分
 
昭和電工・産総研・ADMAT、人工知能(AI)を用いてポリマー設計・検証サイクルの試行回数を大幅低減
2018年11月27日 11時30分
 
昭和電工、大分県とネーミングライツに関する基本合意書を締結
2018年11月22日 11時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>