2019年01月08日 09時00分

Source: Mitsubishi Corporation

三菱商事、インドネシアで加工油脂新工場建設を決定

インドネシアの旺盛な需要増に対応

東京, 2019年01月08日 - (JCN Newswire) - 三菱商事株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:垣内威彦)は、PT. Kaneka Foods Indonesia(本社:インドネシア・カラワン県、社長:入江潤一、株式会社カネカとの合弁会社、以下、KFI)で総額約50億円規模の加工油脂製品の新工場を建設することを決定しました。市場拡大が続くインドネシア共和国(以下、インドネシア)での製菓・製パン素材の事業拡大を目的として、フィリング製品及びマーガリンなどを中心に生産能力を約5倍の15,000トン/年に引き上げます。新工場建設は昨年12月に着工し、2020年春の稼動を予定しています。

インドネシア及びアジア地域は人口増加とそれに伴う中間・高所得層の増加を背景として、製菓・製パン市場は拡大し、特にインドネシアはパン消費量が平均5%/年増加するなど日本のパン食文化が広まっています。KFIは、2013年の設立以来、現地嗜好にあった製品を開発するとともに、今までにない食感や製法でやわらかいパンを提案することで、事業を拡大してきました。

今後は、マーガリンなどの新製品の開発、拡販や、パンや菓子などの商品提案、顧客の製造サポートなど、顧客ニーズに合わせたソリューション提供を強化することで、事業展開を加速させます。またアジア市場へ日本の美味しいパン・菓子文化を広め、早期に売上金額100億円を目指します。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
www.mitsubishicorp.com/jp/ja/pr/archive/2019/html/0000036641.html

概要:三菱商事株式会社

詳細は www.mitsubishicorp.com をご参照ください。

Source: Mitsubishi Corporation
セクター: 自動車

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


三菱商事、豪州クレアモント炭鉱及びユーラン炭鉱の売却合意
2018年12月18日 14時00分
 
三菱商事、英国における炭素繊維再資源化事業への参画
2018年12月14日 10時00分
 
三菱商事など、浜松市における電力スマートメーター通信システムを活用した電力・水道・ガスの使用量データ収集に関する実証実験の開始について
2018年12月12日 13時00分
 
三菱商事、英国海底送電資産運営事業の優先交渉権獲得について
2018年12月05日 10時00分
 
三菱商事、英国洋上風力発電案件の持分売却及び融資契約調印
2018年11月29日 14時00分
 
三菱商事、エピゲノム情報の解析を手掛けるRhelixaとの資本業務提携契約締結について
2018年11月26日 12時00分
 
三菱商事、中期経営戦略2021を策定
2018年11月02日 13時00分
 
三菱商事、2019年度 役員人事等について
2018年11月02日 13時00分
 
三菱商事、剰余金の配当(中間配当)及び期末配当予想の修正に関するお知らせ
2018年11月02日 12時30分
 
三菱商事、東洋ゴム工業株式会社の第三者割当増資の引受 及び同社との資本業務提携契約締結に関するお知らせ
2018年11月01日 14時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>