2019年01月10日 16時00分

Source: Sony

ソニー、高品位なレコーディングを実現するハイレゾ対応リニアPCMレコーダー『PCM-D10』発売

音楽機材や電子楽器に接続可能なXLR/TRS入力端子搭載

東京, 2019年01月10日 - (JCN Newswire) - ソニーは、リニアPCM 192 kHz/ 24 bitのハイレゾリューション・オーディオ(ハイレゾ)録音・再生に対応し、高品位なレコーディングを実現するリニアPCMレコーダー『PCM-D10』を発売します。

『PCM-D10』は、ライブ演奏での音楽録音やラジオ向けの音声録音など、プロフェッショナルが求める質の高いコンテンツ制作に対応します。

三つのポジションに調整できる可動式高感度ステレオマイクに加え、2系統のXLR/TRS入力端子を搭載することで、ミキサーなどの音楽機材や電子楽器との接続が可能です。加えて、ファンタム電源(48V)供給に対応しているので、コンデンサーマイクも接続できます。高性能な部品の採用と基板レイアウトの最適化により、高音質も追求しています。

また、音の歪みを防ぐ「デジタルリミッター」や、小さな音もクリアに録音可能な「高S/Nモード」※1などの高度な録音機能にも対応しています。

さらに、左右のチャンネルをそれぞれ独立して調整可能なアナログ録音レベルダイヤルや、ヘッドホン出力する音声チャンネルを切り替えるボタンを本体横に配置するなど、優れた操作性も実現しています。

近年、インターネットなどを通じて誰もがコンテンツを制作・発信できる環境が広がり、プロフェッショナルの方をはじめ、より高音質な音楽録音を求めるお客様が増えています。そうしたニーズにお応えすべく、ソニーは『PCM-D10』を新たに投入します。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201901/19-0110/

概要:ソニー

詳細は www.sony.co.jp をご覧ください。

Source: Sony
セクター: メディア, ITエンタープライズ, アートとデザイン, ベンチャーキャピタル, デジタル

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


ソニー、機械学習を用いた予測分析ソフトウェア「Prediction One」の提供を開始
2019年06月12日 13時00分
 
ソニー、大口径超望遠単焦点レンズGマスター(TM)『FE 600mm F4 GM OSS』を発売
2019年06月12日 13時00分
 
ソニー、超望遠ズームレンズGレンズ(TM)『FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS』を発売
2019年06月12日 13時00分
 
ソニーセミコンダクタソリューションズ、仮想ネットワークなどの仮想化技術を有するMido Holdings Ltd.を買収
2019年06月07日 14時00分
 
ソニーと東京工業大学、共同研究講座「次世代デバイス技術共同研究講座」を設置
2019年06月05日 14時00分
 
ソニー、夏休みにプログラミングの楽しさを体験できるワークショップイベント「Sony STEAM Studio 2019」を開催
2019年06月04日 14時00分
 
ソニー独自の低消費電力広域(LPWA)通信規格ELTRES(TM)に対応した通信モジュールを商品化
2019年05月28日 11時00分
 
ソニー、スタートアップの立ち上げを支援するWEBアプリケーション「StartDash」を公開
2019年05月27日 13時00分
 
ソニー、2019年度経営方針説明会を開催、テクノロジーに裏打ちされたクリエイティブエンタテインメントカンパニーとして進化
2019年05月21日 15時00分
 
ソニー、フルカラーでの描画と消去を繰り返し行えるフィルムを開発
2019年05月17日 12時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>