2019年01月22日 13時30分

Source: Sony

ソニー、CDPが主催する気候変動の調査において最高評価を4年連続獲得


東京, 2019年01月22日 - (JCN Newswire) - ソニー株式会社(以下、ソニー)は、CDPの気候変動に関する調査において、製品の省電力化や温室効果ガス排出削減活動、再生可能エネルギーの導入などで特に優れた活動を行っている企業として最高評価である「Aリスト」企業※1に4年連続で選定されました。

ソニーグループは、持続可能な社会の実現を目指し、2050年までに自社の事業活動および製品のライフサイクルを通して「環境負荷ゼロ」を達成することを長期的ビジョンとして掲げています。この目標達成に向けて、現在は2016年度から2020年度までの環境中期目標「Green Management(グリーンマネジメント)2020」の施策に取り組んでいます。2017年度の気候変動に関する主な取り組みの実績は、以下の通りです。

- 製品1台あたりの年間消費電力量約50%削減(目標値:平均30%削減(2013年度比))
- 事業所からの温室効果ガス排出量を総量で約12%削減(目標値:5%削減(2015年度比))
- 再生可能エネルギーの活用によるCO2削減貢献量約15.4万トン
(2016-2017年度の累計。目標値:2020年度までの累計でCO2削減貢献量30万トン)

また、2018年9月には、環境負荷ゼロに向けて、「RE100」※2に加盟し、2040年までに自社の事業活動で使用する電力を100%再生可能エネルギーにすることを目指しています。

ソニーは今後も「Green Management 2020」目標達成、及び長期的な「環境負荷ゼロ」の実現に向けて、バリューチェーン全体での環境負荷低減活動や環境に配慮した製品・サービスの創出に取り組み、持続可能なより良い社会の実現に向けた事業活動を推進してまいります。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201901/19-008/index.html

概要:ソニー

詳細は www.sony.co.jp をご覧ください。

Source: Sony
セクター: メディア, ITエンタープライズ, アートとデザイン, ベンチャーキャピタル, デジタル

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


ソニー、機械学習を用いた予測分析ソフトウェア「Prediction One」の提供を開始
2019年06月12日 13時00分
 
ソニー、大口径超望遠単焦点レンズGマスター(TM)『FE 600mm F4 GM OSS』を発売
2019年06月12日 13時00分
 
ソニー、超望遠ズームレンズGレンズ(TM)『FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS』を発売
2019年06月12日 13時00分
 
ソニーセミコンダクタソリューションズ、仮想ネットワークなどの仮想化技術を有するMido Holdings Ltd.を買収
2019年06月07日 14時00分
 
ソニーと東京工業大学、共同研究講座「次世代デバイス技術共同研究講座」を設置
2019年06月05日 14時00分
 
ソニー、夏休みにプログラミングの楽しさを体験できるワークショップイベント「Sony STEAM Studio 2019」を開催
2019年06月04日 14時00分
 
ソニー独自の低消費電力広域(LPWA)通信規格ELTRES(TM)に対応した通信モジュールを商品化
2019年05月28日 11時00分
 
ソニー、スタートアップの立ち上げを支援するWEBアプリケーション「StartDash」を公開
2019年05月27日 13時00分
 
ソニー、2019年度経営方針説明会を開催、テクノロジーに裏打ちされたクリエイティブエンタテインメントカンパニーとして進化
2019年05月21日 15時00分
 
ソニー、フルカラーでの描画と消去を繰り返し行えるフィルムを開発
2019年05月17日 12時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>