2019年02月08日 12時30分

Source: Toyota

トヨタ自動車、バーチャル人体モデル「THUMS」を改良

自動運転車両を含む将来のクルマの利用シーンに対応

愛知, 2019年02月08日 - (JCN Newswire) - トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は、(株)豊田中央研究所と共同で、クルマの衝突事故における人体の傷害発生メカニズムをコンピューター上で解析できるバーチャル人体モデルTHUMS※(サムス : Total HUman Model for Safety)を改良し、「THUMS Version 6」として2月8日に発売しました。THUMS Version 6は、詳細な内臓モデルに加え、乗員の身構え状態やリラックス状態など様々な筋力状態を模擬可能な筋肉モデルを持ち合わせており、自動運転車両などの普及による将来の乗員姿勢の多様化を想定した、より精度の高い解析が可能となりました。

従来、衝突回避から衝突に至る乗員挙動シミュレーションおよび傷害解析では、まず衝突前の筋肉の状態を考慮して乗員の姿勢変化を模擬できるTHUMS Version 5を使用し、その後、衝突時の骨や内臓の傷害を精度よく解析できるTHUMS Version 4に切り替える必要がありました。今回開発したTHUMS Version 6を活用することで、衝突前の乗員姿勢変化と衝突時の傷害解析を同時に高い精度で実施可能となり、またTHUMSの切り替え作業が不要となることで作業効率の向上にもつながります。今後、予防安全装備の普及や自動運転技術の導入に伴い、運転支援機能の利用によってリラックスした状態など、衝突時の乗員姿勢は従来以上に多様になると予想されます。THUMS Version 6は、様々な状況において乗員を保護する安全技術の開発に活用される予定です。

THUMSは(株)JSOL(東京都中央区)および日本イーエスアイ(株)(東京都新宿区)を通じて販売されています。THUMSはこれまでトヨタのみならず国内外の自動車メーカーや部品メーカー、さらには大学や研究機関など多くの施設でクルマの安全技術研究に使用されてきました。今回の改良により、安全技術研究へのさらなる貢献が期待されます。

トヨタは今後もTHUMSを活用しながら、予防安全技術や自動運転技術等の開発に加え、万が一衝突した場合でも乗員を守る技術の研究開発にも取り組み、あらゆる瞬間でお客様に安全・安心を提供してまいります。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://newsroom.toyota.co.jp/jp/corporate/26450557.html

概要:トヨタ自動車株式会社

詳細は http://toyota.jp/ をご覧ください。

Source: Toyota
セクター: 自動車全般

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


2019年 全日本スーパーフォーミュラ選手権 第1戦: 大荒れの展開となった新型車両「SF19」デビュー戦で12番手スタートのニック・キャシディが勝利
2019年04月22日 09時00分
 
トヨタ、中国 清華大学と「清華大学-トヨタ連合研究院」を設立
2019年04月21日 20時00分
 
トヨタ、デンソー、ソフトバンク・ビジョン・ファンド、Uber Advanced Technologies Groupに10億ドルを出資
2019年04月19日 08時00分
 
TOYOTA、ダイナならびにトヨエース2t積系を一部改良
2019年04月17日 12時30分
 
TOYOTA、新型ハイランダーをニューヨーク国際オートショーで世界初披露
2019年04月17日 12時00分
 
TOYOTA、中国で2020年販売開始のトヨタブランドEVを世界初披露
2019年04月16日 09時00分
 
SUPER GT 第1戦 OKAYAMA GT 300km RACE 岡山の開幕戦は悪天候のため短縮終了
2019年04月15日 08時00分
 
TOYOTA、新型RAV4を発売
2019年04月10日 12時30分
 
トヨタとデンソー、電子部品事業集約について譲渡契約締結合意
2019年04月05日 12時30分
 
トヨタ自動車、再エネ由来水素を製造・供給するステーションを元町工場に導入
2019年04月04日 12時30分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>