2019年02月08日 15時00分

Source: ISID

ISIDグループの新中期経営計画「ISID X(Cross) Innovation 2021」について


東京, 2019年02月08日 - (JCN Newswire) - 株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、社長:名和亮一、以下ISID)は、2019年度からの3ヵ年を対象とするISIDグループの新中期経営計画「ISID X(Cross) Innovation 2021」(以下、新中計)を策定いたしましたので、その概要をお知らせいたします。

<新中計の位置づけ>
SDGsやSociety5.0の実装・実現に向けて、社会や企業のデジタル・テクノロジーを活用する動きが加速する中、当社グループを取り巻く事業環境は急速に変化しています。このような中、当社グループが今後も持続的に成長するために、今般企業理念を一新するとともに、2019年度からの3ヵ年を対象とする新たな中期経営計画を策定しました。当社グループはこの新中計を、新企業理念の実現に向けた変革の第1ステップと位置づけています。なお、新企業理念の詳細につきましては、本日発表のリリース「新企業理念の策定について」を参照ください。

- ISIDグループの新中期経営計画「ISID X(Cross) Innovation 2021」概要 -

1.基本方針
(1)主力事業の進化:ソリューションの強化・拡充により、既存主力事業の進化を図る
(2)新規事業の創出:セグメントや業界の枠を超えた新たな事業を創出し、次なる柱を築く
(3)事業基盤の革新:人材力・技術力の強化に加え、事業支援部門の付加価値力向上を目指す

2.重点施策
<金融ソリューションセグメント>
主要顧客向けビジネスの維持・拡大に加え、次世代融資ソリューション「BANK・R」、リース&ファイナンスソリューション「Lamp」を軸に、生損保、証券、リース業、一般事業会社などから新規顧客の獲得を目指します。また、FinTechスタートアップとの協業により金融機関の構造改革を支援するサービスを立ち上げるほか、金融業と異分野が融合する領域において、新しいソリューションの創出に取り組みます。

<ビジネスソリューションセグメント>
人事管理ソリューション「POSITIVE」、連結会計ソリューション「STRAVIS」の機能拡充に加え、企業の基幹業務ならびにグループ経営管理領域におけるソリューションの強化により、事業の拡大を目指します。また、自社開発の次世代開発基盤「aiuola(アイウォーラ)」を用いたエンタープライズアプリケーション「Ci*X(サイクロス)」の製品ラインナップを拡充し、新たな市場の開拓を図ります。

<製造ソリューションセグメント(エンジニアリングソリューションセグメントより改称)>
製造業のバリューチェーンを支えるソリューションの拡充・連携を図るほか、MBSE(Model Based Systems Engineering)のさらなる推進と定着を目指し、構想設計ソリューション「iQUAVIS」の強化とグローバル展開に取り組みます。また、製造業のデジタルトランスフォーメーションを支援するビジネスや、自動車業界で進むCASE(Connected, Autonomous, Shared, Electric)等の領域で、コト価値づくりを支援する新規ビジネスを創出します。

<コミュニケーションITセグメント>
電通グループのIT基盤の進化を支援するとともに、電通グループとの協業をさらに加速し、企業の課題解決やイノベーションを実現するITソリューションの提供に注力します。また、マーケティングテクノロジーを統合したサービスの提供や、地方創生/観光/スポーツテックなど、ポスト2020を視野に入れた新たなビジネスの創出に取り組みます。

<X Innovationの推進による新規ビジネスの創出>
SDGsおよびSociety5.0の実装・実現に貢献すべく、当社グループの強みであるFinTech、デジタルマーケティング、スマートエンタープライズ、ものづくり革新等の領域で、セグメント/テクノロジー/業界/企業/地域等の枠を超えたX Innovationの推進を通して、新たなビジネスを創出します。

<事業基盤の革新>
強みの源泉である人材力を質・量ともに高めるべく、採用・教育をさらに強化するとともに、ダイバーシティやワークスタイル変革に引き続き取り組みます。先端技術の取り組みについては、事業部門と研究開発部門の連携強化ならびに戦略的な活動により、実装力を強化します。事業支援部門については、その機動力を高め、リーン・コンパクトな体制を確立します。

3.定量目標
項目/2021年12月期目標/2018年12月期実績/年平均成長率
連結売上高/1,100億円/910億円/6.5%
連結営業利益/110億円/82億円/10.3%
営業利益率/10.0%/9.1%
ROE/12.5%/10.5%

4.成長投資(3ヵ年累計)
項目/投資額/目的
人材投資/+120億円/人材力の向上、人員数の拡大(金額は教育費、採用費、人件費の前中計期間からの増額分)
研究開発投資/100億円/ソリューションの強化・拡充ならびに先端技術の実装力強化(経費性60億円、資産性40億円)
M&A投資枠/100億円/事業領域の拡大ならびに成長スピードの加速

5.株主還元
株主還元をさらに強化すべく、連結配当性向の目安を、2016年に設定した「35-40%」から「40%以上」へと変更します。今後も、「持続的な成長を実現するための内部留保を確保しつつ、適正かつ安定的な配当の実施」を基本方針に、株主還元の充実を図ってまいります。

Source: ISID
セクター: ITエンタープライズ

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


ISID、インドネシアのIT企業買収により現地金融機関向け事業を拡大
2019年04月17日 10時00分
 
ISID、「LINE WORKSサービスパートナープログラム」の認定を取得
2019年04月12日 11時00分
 
ISIDとiTiD、デジタルビジネス創出に向けた人材育成プログラムを提供開始
2019年04月11日 15時00分
 
ISIDとFAプロダクツ、スマートファクトリー分野で資本・業務提携
2019年03月26日 11時30分
 
東工大・信州大・ISID、最先端エッジAI技術を活用した牛の行動観察システムを共同開発
2019年03月20日 11時00分
 
グローバルFinTechピッチコンテスト「FIBC2019」の大賞が決定
2019年03月08日 14時00分
 
ISID、RPA導入効果を可視化するツール「RPA Conductor」を販売開始
2019年03月05日 10時00分
 
ISID、SAP S/4HANA(R)で東急リバブルの会計システムを刷新
2019年02月28日 11時00分
 
ISID、ディープラーニングを用いた自然言語処理技術の Studio Ousia と資本・業務提携
2019年02月27日 15時00分
 
ISID、Amazon ConnectとSalesforce Service Cloudを活用した金融機関向けフルクラウド型コンタクトセンターソリューションの提供を開始
2019年02月14日 11時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>