2019年02月13日 10時00分

Source: Fujitsu Ltd

富士通、健康医療情報管理基盤「Healthcare Personal service Platform」を提供開始

より豊かで健康的な生活を支える新サービスの提供を目指す企業や地方公共団体を強力に支援

東京, 2019年02月13日 - (JCN Newswire) - 当社は、個人の健康医療情報といったPersonal Health Record(以下、PHR、注1)の集約・統合の実現を目指し、PHRの情報を安心安全に保管・活用できる、健康医療情報を起点とした個人向けサービスの統合管理基盤PaaS「FUJITSU ヘルスケアソリューション Healthcare Personal service Platform(ヘルスケアパーソナルサービスプラットフォーム)(以下、Healthcare Personal service Platform)」を開発し、2月13日よりサービス提供を開始します。

本サービスは、機微な個人情報である健康医療情報を活用した新たなサービス提供を目指す企業や地方公共団体向けに、当社の健康・医療分野におけるシステム開発の実績や、国内シェアNo.1の電子カルテおよび地域医療ネットワークのシステム開発で培ったノウハウをもとに、堅牢性の高いデータ保管やデータの効率的な活用をPaaSとして実現したものです。当社は、本人同意やデータアクセスコントロールなどの機能を搭載したセキュアな本PaaSにおいて、個人などから保管委託された健康医療情報を企業や地方公共団体が活用することを支援します。

当社は、一人ひとりの生涯に渡る健康医療情報の一元的な管理と活用を可能にする「Healthcare Personal service Platform」により、自治体や薬局をはじめとする健康医療情報を活用したクロスインダストリーサービス創出の加速や、豊かで健康的な生活を支える付加価値の高いサービスが個人に合わせて提供される社会の実現を目指します。

背景
超高齢社会の到来を踏まえ、政府は、健康寿命の延伸に向けた「データヘルス改革」を推進し、一人ひとりが予防・健康管理・重症化予防に向けた効果的なサポートを受けやすい環境の整備を目指しています。しかし、医療情報を含めたパーソナルデータは、現在、様々な場所に格納されており、それらを統合的に管理する環境は十分に整っておらず、個人向けサービスを提供しようとする企業や団体にとってサービス展開の障壁になることが予想されます。

当社は、医療情報を含めたパーソナルデータの活用を見据え、2013年に健康医療情報管理の基盤に関する研究を開始し、ICT利活用による健康増進や個別化医療などの実現に向けた取り組みを行っており、2015年より現在の医療・介護・健康分野における情報を活用できる形で集約したヘルスケアICT基盤の開発を進めてきました。また、多様な業種のノウハウを持つ当社の強みを生かし、健康医療情報を活用したクロスインダストリーサービスの創出に向けて、自治体や薬局などとの実証実験も行ってきました。

「FUJITSU ヘルスケアソリューション Healthcare Personal service Platform」の特長

当社は本サービスを通じ、ヘルスケアICT基盤の一つとして、個人に関わる情報がPHRとして安心・安全に管理され活用できる仕組みを提供していきます。

1. 個人の同意に基づいたデータアクセスコントロール
個人のデータを活用する際には、本人の同意とともに家族を含むデータアクセスコントロールが必要となります。本製品では、同意管理や、家族などの第三者を含めたユーザー管理機能により、登録された利用者間でのアクセスコントロールを実現します。これにともない、医師と患者、親子など利用者間および家族との関係までも表現することでデータアクセスコントロールが可能な利用者管理機能を標準装備しています。これにより、個人が許可した相手に対してのみ情報のアクセスが可能となります。

2. 3省3ガイドラインに対応した安全安心なプラットフォーム
医療情報を扱う上で、厚生労働省(医療情報システムの安全管理に関するガイドライン 第5版)・経済産業省(医療情報を受託管理する情報処理事業者における安全管理ガイドライン)・総務省(クラウドサービス事業者が医療情報を取り扱う際の安全管理に関するガイドライン 第1版)が定めた医療情報システムに対する各ガイドラインに記載があるクラウド事業者が守るべき数百項目に対応しており、安全を担保したデータ管理・運用を実現します。また、本サービスは、30年に渡って医療システム開発および運用に携わったノウハウをもとに、医療情報を扱う上で必要となるセキュリティ対策や、データ流通を促すための医療業界の標準化の技術や知見を搭載した基盤であり、さらに、国際的な標準規格であるID-WSF(注2)を連携方式に採用することで機微な医療情報をやり取りするための、安全性を担保しています。

3. 医療情報の活用を見据えた情報連携のためのインターフェースを標準装備
PHRのデータ活用を推進するため、電子カルテシステムで国内シェアNo.1の強みを活かして、当社電子カルテシステム(「FUJITSU ヘルスケアソリューションHOPE LifeMark」シリーズ)・地域医療ネットワークシステム(「FUJITSU ヘルスケアソリューションHumanBridge EHRソリューション」)などの業務システムとの連携を想定したデータ活用APIを標準装備することで多くの医療情報の活用を促します。さらに、業務システムと連携したデータ活用サービスの開発効率を向上させるためのAPIなどのツールを標準提供します。今後、さらに幅広いデータを扱うため、業務システムとの連携を拡大する予定です。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2019/02/13.html

概要:富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。

Source: Fujitsu Ltd
セクター: エレクトロニクス, ITエンタープライズ

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


富士通と富士通研究所、過去の少ない雨量・水位データで河川の水位を予測できるAI技術を開発
2019年08月16日 15時00分
 
富士通、第一生命様の次世代インフラ「DL PadIIシステム」の開発・導入を支援
2019年08月16日 10時00分
 
あいおいニッセイ・富士通・野村総研・SCSK・大日本印刷・日本IBMなど、テレマティクス技術活用の事故対応システムを開発
2019年08月09日 12時17分
 
富士通、新卒や既卒を問わず、いつでも応募可能な通年採用を開始
2019年08月09日 11時16分
 
富士通、「2019びわ湖大花火大会」におけるデータ利活用をびわ湖大花火大会実行委員会様と共同実証
2019年08月07日 11時00分
 
富士通、仮想化統合基盤「Nutanix Enterprise Cloud on PRIMERGY」を国内で販売開始
2019年08月07日 10時00分
 
富士通、製造現場の生産性向上を支援するデジタル生産準備ツール「VPS」の新バージョンを販売開始
2019年08月05日 11時13分
 
富士通研究所、オープンな環境でより安全に認証できる生体情報の暗号化技術を開発
2019年08月02日 11時00分
 
富士通、理事人事について
2019年08月01日 11時00分
 
富士通、NTTドコモへ5G商用サービス向けの基地局制御装置および無線装置を納入開始
2019年07月31日 11時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>