2019年02月13日 15時00分

Source: Mitsubishi Heavy Industries

三菱日立パワーシステムズ、2018年の10万kW以上のガスタービン世界市場でシェア1位を獲得

市場調査レポート(米国マッコイ・パワー・レポート)により明らかに

東京, 2019年02月13日 - (JCN Newswire) - 三菱日立パワーシステムズ(MHPS)は、2018年の年間を通じて10万kW以上のガスタービン世界市場(出力ベース)において、トップシェアとなる41%を獲得しました。有力市場調査レポート(注1)により明らかとなったもので、当社G形ガスタービンや最新モデルであるJ形ガスタービンを含む大型ガスタービン市場(注2)では49%のシェアを獲得するに至っています。

当社は、ガスタービン入口温度が1,350度級のF形、1,500度級のG形、1,600度級のJ形と大型ガスタービンで多くの実績を持ち、最新のJ形での99.5%の信頼性と最高64%以上の発電効率で世界の火力発電業界をリードする世界最高クラスのガスタービンを保有しています。MHPSの高い市場シェアは、こうした長年にわたる実績が評価されたものです。

当社社長兼CEOの安藤 健司(あんどう・けんじ)は、次のように述べています。「当社が注力する競争の激しい10万kW以上のガスタービン市場において、今回市場シェア1位を獲得できたことを誇りに思います。今後も顧客のニーズを的確に把握して技術を研鑚し、環境に優しいガスタービンを提供することで業界をリードしていきます」。

MHPSは、高い市場シェアを獲得するに至った顧客からの強い支持を励みに、世界各地で主力であるJ形ガスタービンを中核とする発電設備の普及に一層力を注ぎ、世界各地の経済発展に不可欠な電力の安定供給に寄与するとともに、エネルギーの低炭素化を促進し地球環境の保全に貢献していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
http://www.mhps.com/jp/news/20190213.html

概要:三菱重工業株式会社

詳細は www.mhi.co.jp をご覧ください。

Source: Mitsubishi Heavy Industries
セクター: エネルギー

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


三菱重工エンジニアリング、埼玉新都市交通(ニューシャトル)向け乗り心地を改善したAGT車両6両を追加納入
2019年02月12日 14時00分
 
三菱重工、2018年度 第3四半期決算概要を発表
2019年02月06日 16時00分
 
三菱重工、役員人事を発表
2019年02月06日 12時00分
 
三菱重工エンジニアリング、米国タンパ国際空港「スカイ・コネクトAPM」向けに追加車両4両を受注
2019年01月31日 16時00分
 
三菱重工サーマルシステムズがトルコ有力企業と合弁会社発足で合意
2019年01月31日 15時00分
 
三菱重工、英国ヒンクリーポイントC原子力発電所向け原子力発電所向けポンプ34台を受注
2019年01月31日 12時30分
 
三菱重工サーマルシステムズ、環境に優しい低GWP冷媒採用の高効率次世代ターボ冷凍機「ETI-Zシリーズ」が平成30年度省エネ大賞で「経済産業大臣賞」を受賞
2019年01月30日 16時00分
 
三菱みなとみらい技術館が新展示空間「MHI FUTURE GATE」を開設
2019年01月30日 14時00分
 
三菱重工エンジン&ターボチャージャ、中国市場で発電用ディーゼルエンジンの製造・販売機種拡大を本格化
2019年01月28日 13時30分
 
三菱重工、人事異動を発表
2019年01月28日 13時30分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>