2019年02月14日 15時00分

Source: Showa Denko

昭和電工、減損損失(特別損失)の計上に関するお知らせ


東京, 2019年02月14日 - (JCN Newswire) - 当社は、本日公表の平成30年12月期通期連結決算において、減損損失(特別損失)を計上いたしましたのでお知らせいたします。

1. 減損損失(特別損失)の計上
当社及び当社の連結子会社である昭和アルミニウム缶株式会社の飲料用アルミ缶事業(減損額8,845百万円)、当社のリチウムイオン電池材料事業(同4,641百万円)等において、今後の業績見通し等を勘案し事業価値の再評価を行った結果、固定資産の減損処理を行いました。このほか、当社の彦根事業所(同5,967百万円)、先端技術開発研究所(同1,864百万円)等において、遊休資産に対して減損処理を行った結果、22,573百万円を減損損失として特別損失に計上いたしました。

2. 連結業績に与える影響
業績への影響につきましては、本日公表の「平成30年(2018年)12月期決算短信〔日本基準〕(連結)」をご参照ください。

- 平成30年12月期決算短信・要約
http://www.sdk.co.jp/assets/files/ir/library/yoyaku_tanshin2018.pdf

概要:昭和電工株式会社

詳細は www.sdk.co.jp をご覧ください。

本件に関するお問合せ先:
昭和電工株式会社
広報室
03-5470-3235

Source: Showa Denko
セクター: 化学品

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


昭和電工、大分石油化学コンビナート内で液化炭酸ガスの量産を開始
2019年04月16日 11時30分
 
昭和電工と日本IBM、AIを用いた特許読解支援システムを構築
2019年04月10日 11時30分
 
昭和電工、2019年入社式社長訓示(要旨)
2019年04月01日 11時30分
 
昭和電工、株式給付信託(BBT)の一部改定に関するお知らせ
2019年03月05日 16時00分
 
昭和電工、「昭和電工ドーム大分」除幕式を開催
2019年03月04日 11時30分
 
昭和電工、グリシンの価格改定について
2019年03月01日 11時30分
 
昭和電工、HDDの次世代記録技術MAMR対応のHDメディアを出荷開始
2019年02月21日 13時30分
 
昭和電工、平成30年12月期通期連結決算を発表
2019年02月14日 15時00分
 
昭和電工、業界最大記録容量16 TBのHDDに自社の3.5インチハードディスクが採用
2019年01月21日 11時30分
 
昭和電工、ラミネートシートを用いた車載電池向け超軽量冷却器を開発
2019年01月15日 14時30分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>