2019年02月18日 10時00分

Source: Fujitsu Ltd

富士通、東京大学情報基盤センター様から大規模超並列スーパーコンピュータシステムを受注

6.6PFLOPSの高性能システムにより、幅広い分野に渡る研究を支援

東京, 2019年02月18日 - (JCN Newswire) - 当社は、大規模超並列スーパーコンピュータシステム「Oakbridge-CX(オークブリッジ・シーエックス)」を国立大学法人東京大学情報基盤センター(所在地:東京都文京区、センター長:田浦 健次朗、以下 東京大学基盤センター)様から受注しました。

本システムでは、Intel(R) Xeon(R) スケーラブル・プロセッサーを採用したPCサーバ「FUJITSU Server PRIMERGY(プライマジー、以下、PRIMERGY)」の次期モデル1,368台をクラスタ構成で接続することで、総理論演算性能6.6ペタフロップス(注1)を実現します。

当社は、これまで国内外の様々なお客様のスーパーコンピュータシステムを構築・運用してきた実績に基づく技術、ノウハウを生かし、2019年7月の稼働開始を目指して着実にシステム構築を進めていきます。

東京大学情報基盤センター様は、1965年に全国共同利用施設である大型計算機センターとして発足以来、スーパーコンピュータによる先端的な科学技術研究を推進しています。また、「学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点(JHPCN)」の中核を担うとともに、「革新的ハイパフォーマンス・コンピューティング・インフラ(HPCI)」への計算資源提供を通じて、理学、工学、社会科学など幅広い分野の研究開発に貢献しています。

本システムは、Society 5.0(注2)実現に向けたデータ利活用基盤の実証実験にも利用される予定です。

当社は今後も、高性能なスーパーコンピュータの開発・提供を通じて、計算科学やシミュレーション、データ利活用やAIなどの技術の発展と活用に貢献していきます。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2019/02/18.html

概要:富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。

Source: Fujitsu Ltd
セクター: エレクトロニクス, ITエンタープライズ

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


富士通、目的志向型ビジネスを実現するプロセス&フレームワーク「Design the Trusted Future by Data x AI」を策定
2019年05月14日 10時00分
 
富士通と米Autonomic、先進的なモビリティサービス提供に向け協業を開始
2019年05月14日 09時00分
 
富士通と電通、パーソナルデータを活用した新しいライフスタイルを提案するライフデザインの検討を開始
2019年05月13日 10時00分
 
富士通研究所と熊本大学、時系列データのAI利用を加速させる自動ラベル付け技術を開発
2019年05月10日 11時00分
 
富士通、垂直統合型基盤「PRIMEFLEX for Microsoft Azure Stack」を販売開始
2019年05月09日 11時00分
 
富士通、法人向けノートパソコン、タブレット3シリーズ7機種を新発売
2019年05月08日 10時00分
 
富士通、2018年度連結決算概要、および執行役員・理事人事の発表について
2019年04月26日 15時00分
 
富士通、「第9期富士通グループ環境行動計画」を策定
2019年04月24日 10時00分
 
富士通、「攻めのIT経営銘柄2019」に選定
2019年04月23日 14時00分
 
富士通、持続可能な食材を社員食堂に継続導入
2019年04月22日 10時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>