2019年02月18日 10時00分

Source: Fujitsu Ltd

富士通、東京大学情報基盤センター様から大規模超並列スーパーコンピュータシステムを受注

6.6PFLOPSの高性能システムにより、幅広い分野に渡る研究を支援

東京, 2019年02月18日 - (JCN Newswire) - 当社は、大規模超並列スーパーコンピュータシステム「Oakbridge-CX(オークブリッジ・シーエックス)」を国立大学法人東京大学情報基盤センター(所在地:東京都文京区、センター長:田浦 健次朗、以下 東京大学基盤センター)様から受注しました。

本システムでは、Intel(R) Xeon(R) スケーラブル・プロセッサーを採用したPCサーバ「FUJITSU Server PRIMERGY(プライマジー、以下、PRIMERGY)」の次期モデル1,368台をクラスタ構成で接続することで、総理論演算性能6.6ペタフロップス(注1)を実現します。

当社は、これまで国内外の様々なお客様のスーパーコンピュータシステムを構築・運用してきた実績に基づく技術、ノウハウを生かし、2019年7月の稼働開始を目指して着実にシステム構築を進めていきます。

東京大学情報基盤センター様は、1965年に全国共同利用施設である大型計算機センターとして発足以来、スーパーコンピュータによる先端的な科学技術研究を推進しています。また、「学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点(JHPCN)」の中核を担うとともに、「革新的ハイパフォーマンス・コンピューティング・インフラ(HPCI)」への計算資源提供を通じて、理学、工学、社会科学など幅広い分野の研究開発に貢献しています。

本システムは、Society 5.0(注2)実現に向けたデータ利活用基盤の実証実験にも利用される予定です。

当社は今後も、高性能なスーパーコンピュータの開発・提供を通じて、計算科学やシミュレーション、データ利活用やAIなどの技術の発展と活用に貢献していきます。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2019/02/18.html

概要:富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。

Source: Fujitsu Ltd
セクター: エレクトロニクス, ITエンタープライズ

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


ベネッセi-キャリアと富士通、大学IR支援のサービス提供をスタート
2019年03月19日 13時00分
 
富士通、働き方改革に向けて職員の業務効率化におけるRPAとAI活用の有効性を共同で実証
2019年03月18日 11時00分
 
富士通、順天堂医院が患者さんの待ち時間削減に向けて窓口会計を不要にする「料金後払いシステム」を導入
2019年03月14日 13時00分
 
NTTドコモと富士通、妊産婦がエコー画像などを「母子健康手帳アプリ」で手軽に確認できる「妊婦健診 結果参照サービス」を産科医療機関に提供開始
2019年03月12日 10時00分
 
富士通と富士通アドバンストエンジニアリング、熊本城における、崩落前の石垣石材位置を特定する画像処理技術の実証実験を完了
2019年03月11日 11時00分
 
ヤマハ発動機と富士通がIoTを活用したセーリング470級の帆走性能向上に向けた実証実験を開始
2019年03月11日 11時00分
 
富士通研究所、役員人事について
2019年03月08日 10時00分
 
第一交通と富士通、地域公共交通活性化に向け協業
2019年03月08日 10時00分
 
富士通とみずほ銀行、請求支払業務電子化・売掛金消込自動化サービスの共同開発完了について
2019年03月07日 11時00分
 
テプコシステムズ、新システムのユーザー認証に富士通の「オンライン生体認証サービス」を採用
2019年03月04日 10時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>