2019年03月12日 17時00分

Source: Mitsubishi Heavy Industries

三菱重工・MHPS・MCO、機械駆動用H-100形ガスタービンがLNG生産設備向け製品認証を新たに2社から取得

仏石油大手および米エンジニアリング大手から

東京, 2019年03月12日 - (JCN Newswire) - 三菱重工業、三菱日立パワーシステムズ(MHPS)、および三菱重工コンプレッサ(MCO)は、出力12万kWの機械駆動用H-100形ガスタービンの製品認証をオイル&ガス業界の大手2社から新たに取得しました。フランスの石油大手トタル(Total S.A.)、および米大手エンジニアリング会社のベクテル(Bechtel Corporation)から取得したもので、これにより、これらのオイル&ガス企業が手掛けるLNG(液化天然ガス)生産設備にMHPS製H-100形ガスタービンとMCO製コンプレッサを組み合わせた主冷凍パッケージを提供することが可能となりました。

今回の製品認証取得は、2016年の米エクソンモービル(ExxonMobil Corporation)、2018年のオランダのシェル(Royal Dutch Shell plc)からの取得に次ぐもので、三菱重工グループがオイル&ガス業界に向け革新的な技術を提供するための取り組みは着実に進展しています。

ヒューストンに本拠を置く米国三菱重工業株式会社(Mitsubishi Heavy Industries America, Inc.:MHIA) のオイル&ガスディビジョンで代表を務める大崎裕章は次のように述べています。 「今回、H-100形ガスタービンが新たに製品認証を得たことは、関係者にとって大きな励みとなります。H-100形ガスタービンは、LNGプラントに適した2軸機では出力が世界最大で高効率かつ幅広い出力範囲の運転に柔軟に適応することができ、LNG生産設備の運用改善とコスト削減に大きく寄与します。当社グループは、信頼性が高く建設コストとライフサイクルコストを最小化するLNG主冷凍パッケージの提供を通じ、顧客の事業に貢献していきます」。

H-100形ガスタービンは、航空転用型ガスタービンの効率性・可変速運転機能と、産業用ガスタービンの耐久性・信頼性を兼ね備え、環境負荷が低いことが特長です。現在普及している主冷凍パッケージと比べ設置スペースが小さく、再起動時間を短縮でき、メンテナンスも容易です。

三菱重工グループは、今回の新たな認証取得を受け、さらに幅広い顧客に向けLNG主冷凍パッケージの提案を加速していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
http://www.mhi.com/jp/news/story/190312.html

概要:三菱重工業株式会社

詳細は www.mhi.co.jp をご覧ください。

Source: Mitsubishi Heavy Industries
セクター: エネルギー

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


三菱日立パワーシステムズグループ、3万kW級の可搬型航空転用ガスタービン発電設備を受注
2019年06月14日 15時00分
 
三菱重工、プラント巡回防爆ロボット「EX ROVR」の走行試験を実施
2019年06月10日 11時00分
 
三菱重工、人事異動を発表
2019年06月03日 15時00分
 
三菱重工サーマルシステムズ、ビーバーエアコンの寒冷地モデル4機種を順次発売へ
2019年05月30日 12時00分
 
三菱重工航空エンジン、キャセイパシフィック航空とPW4000エンジンのMRO契約を締結
2019年05月29日 16時00分
 
三菱重工、役員人事を発表
2019年05月28日 16時00分
 
三菱重工サーマルシステムズ、「暖ガンハイパーインバーター」6月から順次発売
2019年05月27日 11時00分
 
三菱重工工作機械、最新の金属3D積層造形技術を米国見本市で披露
2019年05月16日 13時00分
 
三菱日立パワーシステムズ、中国・製紙大手の理文造紙有限公司向けにH-25形ガスタービン2基受注
2019年05月15日 13時00分
 
三菱造船、次世代LNG運搬船「武州丸」の命名式を実施
2019年05月15日 11時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>