2019年03月13日 12時30分

Source: Toyota

トヨタ博物館、開館30周年「クルマ文化資料室」をオープン


愛知, 2019年03月13日 - (JCN Newswire) - トヨタ自動車(株)の文化施設であるトヨタ博物館(愛知県長久手市)では、2015年から開館30周年に向けて常設展示のリニューアルを段階的に実施してきましたが、このほど「クルマ文化資料室」を4月17日(水)よりオープンいたします。

当館は1989年4月の開館以来、自動車(実車)だけではなく、国内外の自動車文化の関連資料も収集してきました。収集数は、書籍、雑誌、カタログが約20万点、その他の文化資料は約1万5千点にのぼります。この収蔵資料から「移動は文化」をテーマに、約4,000点の文化資料を一堂に展示します。

「クルマ館」での自動車約140台による展示が自動車の「作り手(メーカー)」が紡いできた歴史であるのに対し、「クルマ文化資料室」は実物の「クルマ」は1台もありません。世に送り出された「クルマ」がどのように社会に受容され、どのようなイメージで表現されていったのか、その軌跡をたどります。

約800台のミニチュアカーから構成されるタイムラインを軸として、世界初のモーターショーのポスターや、世界初のダイキャストミニチュアカーなど多様に織りなされた自動車文化のありようをご紹介いたします。

なお、今回のリニューアルを機に本館は自動車の歴史を紹介する「クルマ館」、新館はクルマ文化資料室や企画展示室、図書室などを備えた「文化館」に名称を変更します。

トヨタは現在、未来のモビリティ社会をより豊かで楽しいものにするために、「クルマをつくる会社」からモビリティに関するあらゆるサービスを提供する会社「モビリティカンパニー」への変革を目指しています。自動車産業が百年に一度の転換期を迎える今、原点に立ちかえり、モビリティの未来を考え、皆さまとともにクルマ文化を創りあげていく博物館となるよう努めていきます。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://global.toyota/jp/newsroom/corporate/27077037.html

概要:トヨタ自動車株式会社

詳細は http://toyota.jp/ をご覧ください。

Source: Toyota
セクター: 自動車全般

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


2019年 全日本スーパーフォーミュラ選手権 第2戦 オートポリス:16番手スタートの関口が圧巻の走りで今季初勝利!大嶋が2年ぶりの3位表彰台獲得
2019年05月20日 09時00分
 
TOYOTA、新型スープラを発売
2019年05月17日 12時00分
 
トヨタ、新型RAV4 受注状況について
2019年05月16日 12時30分
 
WRC 第6戦 ラリー・チリ デイ3:タナックが第2戦以来となる今シーズン2勝目を獲得
2019年05月13日 12時00分
 
トヨタ自動車、卓球 張本智和選手とスポンサー契約を締結
2019年05月10日 13時00分
 
トヨタ・モビリティ基金と米国バブソン大学が、モビリティ課題の解決に向けたプログラムを設立
2019年05月10日 09時00分
 
TOYOTA、プリウスPHVを一部改良
2019年05月09日 12時00分
 
パナソニックとトヨタ、街づくり事業に関する合弁会社の設立に合意
2019年05月09日 11時00分
 
トヨタ、譲渡制限付株式報酬制度の導入に関するお知らせ
2019年05月08日 14時00分
 
トヨタ、2019年3月期 決算発表
2019年05月08日 13時20分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>