2019年03月14日 13時00分

Source: Fujitsu Ltd

富士通、順天堂医院が患者さんの待ち時間削減に向けて窓口会計を不要にする「料金後払いシステム」を導入

グローリーと富士通が連携し、会計事務業務を大幅に効率化

東京, 2019年03月14日 - (JCN Newswire) - 順天堂大学医学部附属順天堂医院(院長:天野篤 以下、順天堂医院)は、会計の待ち時間を解消する新たな取り組みとして、グローリー株式会社(代表取締役社長:尾上広和 以下、グローリー)の医療業界向け「料金後払いシステム」(注1)と富士通株式会社(代表取締役社長:田中達也 以下、富士通)の医事会計システム「FUJITSU へルスケアソリューション HOPE X-W(ホープ エックス-ダブリュ)」(以下、「HOPE X-W」)を連携させた「料金後払いシステム」の運用を2019年4月1日より開始します。これにより、患者さんは診察後に支払窓口で会計をすることなく、帰宅が可能となります。

グローリーの「料金後払いシステム」が、大学病院で導入されるのは国内初で、富士通の医事会計システム「HOPE X-W」と連携させることで、これまで人が処理していた会計の一部作業を自動化し、業務の大幅な効率化を実現します。

1.導入の背景

順天堂医院は、高度医療を担う特定機能病院として、37の診療科と1,032床の病床を有し、1日約5,000人の外来患者さんの診療を行っています。順天堂医院は、これまでもグローリー製の診療費支払機を導入し、会計窓口の混雑や待ち時間の緩和・解消に取り組んできましたが、外来患者さんの増加に伴い、さらなる改善が必要でした。そこで、順天堂医院は、後払いを希望する患者さんが事前にQRコードを読み込み、申請画面へ必要情報を登録することで、支払窓口での会計処理が不要となる「料金後払いシステム」を導入しました。

2.「料金後払いシステム」の特長

1) 患者さんのメリット
- 事前登録した患者さんは、診察後に支払窓口で会計をせずにそのまま帰宅できます。
- 「料金後払いシステム」の利用料は無料です。事前に自身のパソコンやスマートフォンで、順天堂医院で配付されるQRコードから後払い申請画面にアクセスし、診察券番号やクレジットカード情報、メールアドレスなどを登録する簡単な申請手続きで、即日から利用できます。2019年3月18日から登録可能となります。
- クレジットカードによる料金後払いのため、現金の持ち合わせがなくても受診が可能です。
- 現金払いに抵抗のある外国人患者さんが「料金後払いシステム」を利用しやすいように、英語、中国語、韓国語にも対応します。

2) 順天堂医院のメリット
- 富士通の医事会計システム「HOPE X-W」と連携することで、これまで人が処理していた入金確認や入金消込などの管理作業を自動化し、会計事務業務の大幅な効率化を実現します。
- 従来は会計窓口で発行していた領収書と診療明細書を、無人端末で発行できます。

3.今後の展開

順天堂医院では、2020年3月までに「料金後払いシステム」の利用者数を外来患者さんの約30%(約1,500人)に高めることを目指しており、混雑や待ち時間が緩和・解消された快適な院内環境の提供および会計事務業務の効率化を強力に推進します。

また、外国人医師による診療を可能とする特区認定を受けている順天堂医院は、2020年に向けた訪日外国人患者さんの増加を見据え、各種案内の多言語化や礼拝室の設置など、院内の国際化整備を進めています。外国人患者さんのさらなる利便性向上のため、今後、「料金後払いシステム」の対応言語の拡充も検討しています。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2019/03/14-1.html

概要:富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。

Source: Fujitsu Ltd
セクター: エレクトロニクス, ITエンタープライズ

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


富士通、目的志向型ビジネスを実現するプロセス&フレームワーク「Design the Trusted Future by Data x AI」を策定
2019年05月14日 10時00分
 
富士通と米Autonomic、先進的なモビリティサービス提供に向け協業を開始
2019年05月14日 09時00分
 
富士通と電通、パーソナルデータを活用した新しいライフスタイルを提案するライフデザインの検討を開始
2019年05月13日 10時00分
 
富士通研究所と熊本大学、時系列データのAI利用を加速させる自動ラベル付け技術を開発
2019年05月10日 11時00分
 
富士通、垂直統合型基盤「PRIMEFLEX for Microsoft Azure Stack」を販売開始
2019年05月09日 11時00分
 
富士通、法人向けノートパソコン、タブレット3シリーズ7機種を新発売
2019年05月08日 10時00分
 
富士通、2018年度連結決算概要、および執行役員・理事人事の発表について
2019年04月26日 15時00分
 
富士通、「第9期富士通グループ環境行動計画」を策定
2019年04月24日 10時00分
 
富士通、「攻めのIT経営銘柄2019」に選定
2019年04月23日 14時00分
 
富士通、持続可能な食材を社員食堂に継続導入
2019年04月22日 10時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>