2019年03月20日 10時00分

Source: Fujitsu Ltd

富士通研究所、コンタクトセンターに接続するまでの待ち時間を短縮できる技術を開発

自然な会話をAIで分析し、応対トラブル発生を高精度に検知

東京, 2019年03月20日 - (JCN Newswire) - 株式会社富士通研究所(注1)は、コンタクトセンターにおけるお客様とオペレーターの会話をAIにより分析することで、通話中の応対トラブルの発生を9割以上の精度で検知する技術を開発しました。

コンタクトセンターでは、応対トラブルが発生した場合、その通話時間が通常より長くなるため、他のお客様のオペレーター接続待ち時間が長くなる問題が生じています。今回、これまで分析が困難だったお客様とオペレーターとの同時発声、言い澱み、文法から外れた発声などが含まれる自然な会話も分析できるようになり、応対トラブル発生を早期かつ高精度に検知することを可能にしました。

本技術を活用することで、コンタクトセンターの管理者は、応対トラブルが発生した通話を途中でオペレーターから引き継ぐなどの支援を早期に行うことができます。これにより、コンタクトセンター全体のオペレーター接続待ち時間を短縮し、顧客満足度向上に貢献することが期待されます。

本技術の概要は、早稲田大学で開催予定の「2019年電子情報通信学会総合大会」にて、3月21日(木曜日)に発表します。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2019/03/20.html

概要:富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。

Source: Fujitsu Ltd
セクター: エレクトロニクス, ITエンタープライズ

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


富士通、自治体向けRPAソリューション「Axelute for IC21」を販売開始
2019年04月18日 10時00分
 
富士通、「富士通フォーラム2019」を開催
2019年04月17日 10時00分
 
富士通、「Fujitsu Technology and Service Vision 2019」を策定
2019年04月16日 12時00分
 
沿海調査エンジニアリングと富士通、北海道神恵内村で、IoTを活用したウニ・ナマコ陸上養殖の実証実験を開始
2019年04月16日 12時00分
 
富士通、ポスト「京」の製造を開始
2019年04月15日 10時00分
 
富士通、商取引の請求支払業務の完全自動化を実現する新サービスを提供開始
2019年04月11日 11時00分
 
富士通、リアルタイム映像伝送技術が2018年「エミー賞」を受賞
2019年04月08日 15時00分
 
富士通、安心・安全な供給を支えるジビエ商品管理システムが長野市様で稼働
2019年04月04日 10時00分
 
富士通、PCサーバ「PRIMERGY」の新モデルを販売開始
2019年04月03日 09時00分
 
富士通、シンガポール海事港湾庁とAIを活用した船舶の衝突リスク予測技術の効果を検証
2019年04月02日 10時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>