2019年03月20日 13時00分

Source: NEC Corporation

ANA客室乗務員向け機内訓練にNEC開発のVRを活用

機内での緊急事態を体感する訓練を仮想空間で実現

東京, 2019年03月20日 - (JCN Newswire) - 全日本空輸株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 平子 裕志、以下 ANA)は、日本電気株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長 兼CEO:新野 隆、以下 NEC)が開発したバーチャルリアリティ(以下VR)を活用した客室乗務員訓練を開始しました。現実で再現困難なシーンをVRにて実現する「法人VRソリューション」(※1)を活用したもので、航空業界の訓練用途でCGを用いたVRの本格導入は、世界初となります。(※2)

2018年度に採用した約800人の新入客室乗務員を対象として、機内の安全性確保に向けた保安訓練にVRを活用した訓練を導入しました。具体的には、現実で再現困難な機内での緊急事態(火災、急減圧)や機内設備の安全確認作業をVRで再現します。本訓練の導入により、万が一の緊急事態の発生時においても、これまで以上に迅速かつ適切に対処できる客室乗務員の養成が可能となるとともに、反復実習が可能となり、業務手順の定着が高まるなどの効果が現れ始めています。

今回の導入はNECの「法人VRソリューション」を活用することにより、客室訓練における課題を解決するだけでなく、仮想空間を活用する次世代の業務スタイル「Virtual Work Place」(※3)を見据えたものとなっています。

また、2019年4月からは一体型VRデバイス「Lenovo Mirage Solo」(※4)の採用を予定しており、前後左右の移動や屈む動作もVR空間に反映させることが可能となり、客室全体の設備の安全確認作業など、きめ細やかな機内訓練が可能となります。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://jpn.nec.com/press/201903/20190320_01.html

概要:日本電気株式会社(NEC)

詳細は www.nec.co.jp をご覧ください。

Source: NEC Corporation
セクター: ITエンタープライズ

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


埼玉県とNEC、チャット形式で気軽に相談、埼玉県AI救急相談を試行導入
2019年04月18日 15時00分
 
長崎大とNEC、「NEC寄附講座 グローバルヘルス生体認証学講座」を開設
2019年04月18日 09時00分
 
NEC、2020年度採用計画を決定
2019年04月16日 10時00分
 
NECソリューションイノベータ、AIを活用して人材のライフサイクルをサポートする「NEC HR Tech クラウド」を提供開始
2019年04月16日 10時00分
 
NEC、中国のエネルギーサービス企業に大型蓄電システムを提供
2019年04月11日 10時00分
 
NECとセラゴン、5G時代に向けたグローバルでのワイヤレスバックホール事業拡大のため協業
2019年04月05日 08時00分
 
福田組とNECなど、写真測量技術を活用したトンネル掘削管理の効率化
2019年04月03日 13時00分
 
NEC子会社Northgate Public Servicesが英国企業の糖尿病網膜症の検査関連事業を買収
2019年04月02日 15時00分
 
NEC、「NECグループ AIと人権に関するポリシー」を策定
2019年04月02日 09時00分
 
NEC、5Gを活用した救急搬送高度化ソリューションの実現に向けた実証試験に基地局を提供
2019年03月29日 09時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>