2019年03月22日 10時00分

Source: Hitachi

日立産機システム、ロボットシステムインテグレーター ケーイーシーの買収契約を締結

生産ラインの自動化など、ファクトリーオートメーション分野におけるロボティクスソリューション事業を強化

東京, 2019年03月22日 - (JCN Newswire) - 株式会社日立産機システム(取締役社長:荒谷 豊/以下、日立産機)は、自動車を中心に各種産業において産業用ロボットを活用した生産ラインの構築事業を展開する、株式会社ケーイーシー(代表取締役社長:市来 浩/以下、ケーイーシー)の100%の株式を、東京海上キャピタル株式会社(以下、東京海上キャピタル)より取得する買収契約を3月20日に締結しました。日立産機と東京海上キャピタルは、今後、本契約に基づき2019年4月中の買収完了に向けて手続きを進めます。

ケーイーシーは、1981年の創業以来、ロボットSI*1事業を展開し、自動車を中心にさまざまな製造現場における生産ラインの自動化を行い、お客さまの業務効率化を支援してきました。生産ラインのシステムおよび設備構築に計画段階から携わり、設計・製作と据付、メンテナンスに至るまでの一貫したソリューションを提供することにより、生産工程の自動化に関するお客さまの課題解決に豊富な実績を有しています。特に、産業用ロボットを活用した溶接工程におけるロボットSI技術に独自のノウハウと強みを持っています。

日立グループのインダストリー分野*2では、産業系のお客さまのベストソリューションパートナーをめざし、プロダクト、OT*3、ITを組み合わせたデジタルソリューション事業をグローバルに拡大していく計画です。その中で、空気圧縮機やモーターなどの産業機器事業を展開する日立産機は、モノづくりを通じて培ったプロダクトのノウハウや、IoTに対応したコネクテッドプロダクトなどの制御技術を強みとして、搬送・組み立て工程を中心としたロボティクスソリューション事業を展開し、お客さまの製造現場における産業用ロボットを活用した自動化・業務効率化に貢献しています。

日立産機は、本買収により、日立グループが有するプロダクト、OT、ITとケーイーシーが有する溶接工程におけるロボットSI技術や豊富なノウハウを融合させることで、ロボティクスソリューション事業における競争力を向上させます。日立グループが展開しているデジタルイノベーションを加速させるLumadaソリューションを活用し、生産年齢人口の減少に伴い今後高成長が見込まれるファクトリーオートメーション市場において、ロボット制御技術や製造現場のデータ分析、予兆検知技術なども組み合わせた付加価値の高いソリューション事業のさらなる拡大を推進します。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2019/03/0322.html

概要:日立製作所

詳細は www.hitachi.co.jp をご参照ください。

Source: Hitachi
セクター: エレクトロニクス, ITエンタープライズ

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


日立、お客さまやパートナーとのオープンな協創により、イノベーションの創出を加速する研究開発拠点「協創の森」を開設
2019年04月11日 12時00分
 
アマダホールディングスが日立との協創を通じて、IoTを活用したヒトに優しい次世代製造モデルを国内の主要拠点に構築
2019年04月10日 13時00分
 
大阪市水道局と日立が、水需要予測におけるビッグデータの活用技術に関する調査研究を開始
2019年04月10日 10時00分
 
日立オートモティブシステムズ、「2019(第18回)上海国際汽車展覧会(上海モーターショー)」において幅広い自動車機器テクノロジーを紹介
2019年04月08日 13時00分
 
日立の放射線治療システムを導入した永守記念最先端がん治療研究センターが治療開始
2019年04月02日 10時00分
 
日立製作所2019年度4月入社式 社長メッセージ(抜粋)
2019年04月01日 13時00分
 
日立、2020年度採用計画について
2019年03月29日 13時00分
 
日立が「中国発展ハイレベルフォーラム2019」に参加
2019年03月27日 13時00分
 
日立、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が「リテール事務共通システム」を導入
2019年03月26日 15時00分
 
日立、人事異動について
2019年03月26日 11時30分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>