2019年03月25日 10時00分

Source: Mitsubishi Corporation

三菱商事とローソン、ローソンの既存物流網を活用したレンタル商品・EC商品の返却・返品サービス「スマリ SMARI」開始のお知らせ


東京, 2019年03月25日 - (JCN Newswire) - 三菱商事株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長:垣内 威彦、以下「三菱商事」)と株式会社ローソン(本社:東京都品川区、代表取締役 社長:竹増 貞信、以下「ローソン」)は、ローソンの既存物流網(配送後の戻り便)を活用し、レンタル商品やEC商品の返却や返品を受け付けるサービス「スマリSMARI」を、4月1日(月)より東京都内の一部ローソン店舗(約100店舗)で開始いたします。

少子高齢化や共働き世帯の増加などの社会環境の変化に伴い、EC市場は年々拡大しています。中でも、レンタル・シェアリングサービス、返品無料といった付加サービスを提供するEC事業者の増加に伴い、レンタル商品やEC商品の返却・返品数の拡大が顕著となっています。一方、人手不足は物流面でも深刻な問題となっています。

三菱商事は、ローソンを通じた社会インフラサービスの拡充を進めており、今回、宅配に関する社会課題の解決に資する取組みとして、ローソンとの協業により本サービスの設計、開発を行いました。

ローソンは、全国に約15,000店舗あり、専用配送センターから多い日で1店舗あたり約7~8回商品を納品しています。2018年3月より、同じく既存の物流網を活用した「ローソンフレッシュピック」のサービスを開始し、現在東京都と神奈川県の約1,600店舗で行っています。今回開始するサービスは、納品後のトラックの戻り便を活用した取り組みです。専用BOXに入れられたレンタル品やECの返却・返品商品を、ドライバーが回収します。既存の物流網を活用するため、新たな人員の手配の必要がありません。また、専用BOXの利用のみで返品作業が完了する仕組みの為、店舗にとっては、返品に伴うレジ作業時間の削減が期待できます。利用者にとっては、宅配便の返品伝票への記入や店舗でのレジ待ちの手間が省け、簡単に短時間で返品することができます。同時に、EC事業者にとっても、返品方法の多様化による顧客満足の向上が期待されます。

三菱商事とローソンは、今後、お客様同士が直接やり取りを行うECサービスなど「スマリSMARI」で取り扱うECサービスの拡充や展開店舗の拡大も検討してまいります。今後もお客様にとって便利なサービスの展開を行ってまいります。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
www.mitsubishicorp.com/jp/ja/pr/archive/2019/html/0000037044.html

概要:三菱商事株式会社

詳細は www.mitsubishicorp.com をご参照ください。

Source: Mitsubishi Corporation
セクター: 自動車

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


三菱商事、コメダホールディングスとの業務提携契約締結及び第三者割当増資の引受について
2019年06月12日 15時00分
 
三菱商事、インドTVS Automobile Solutionsの株式追加取得について
2019年06月03日 15時30分
 
三菱商事、自己株式の取得状況に関するお知らせ
2019年06月03日 14時00分
 
三菱商事、執行役員及び元理事に対するストックオプションの割当てについて
2019年05月17日 14時00分
 
三菱商事、米国キャメロンLNGプロジェクトのLNG生産開始
2019年05月14日 20時00分
 
三菱商事、人事異動を発表
2019年05月09日 13時00分
 
三菱商事、当社子会社(日本食品化工株式会社)の平成31年3月期通期決算における業績予想値と決算値との差異に関するお知らせ
2019年04月26日 16時00分
 
三菱商事、2019年度 取締役・監査役人事について
2019年04月19日 13時00分
 
三菱商事、代表取締役の異動に関するお知らせ
2019年04月19日 13時00分
 
三菱商事、定款一部変更のお知らせ
2019年04月19日 13時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>