2019年03月26日 12時30分

Source: Toyota

トヨタ自動車、光センサーを活用した土壌診断・改良提案サービスの事業実証を開始

土づくりのスマート化により、農業の生産性向上と環境負荷低減に貢献

豊田, 2019年03月26日 - (JCN Newswire) - トヨタ自動車株式会社(以下、トヨタ)は、本日より、農地における土壌成分の調査において、土壌に含まれる成分をリアルタイムに見える化し、そのデータを活用した土壌診断と改良提案を行う支援サービスの事業実証を開始します。本サービスは、農地内の土壌成分のバラツキを迅速に把握し、ムダ無く堆肥等の土壌改良剤を投入して的確な土づくりを行うことで、作物の生産性向上や環境負荷低減への貢献を目指すものです。本事業実証は、機械・肥料等の農業資材についてのノウハウや農業者との幅広いネットワークを持つ東海物産株式会社(本社・三重県四日市市、以下、東海物産)の協力を得て、三重県内の農家で実証を進めてまいります。

トヨタは、持続可能な社会の実現に向け、環境や社会課題の解決に貢献することを目指して、自動車事業で培った生産管理手法や工程改善ノウハウを、従事者の高齢化や自給率低下等の課題を抱えている農業分野に活用する取り組みを進めています。具体的には、2014年以降、「トヨタ生産方式」を応用したIoTソリューションサービス「豊作計画」を通じ、農業作業の効率化等に取り組んできました。

また、データに基づいた栽培管理を行うスマート農業技術に着目し、2017年8月から東京農工大学・澁澤栄教授と共同で「リアルタイム土壌センシング」技術に関する研究・開発に着手し、その後2018年11月にかけて、愛知県新城市の水田で同技術の有効性を検証してまいりました。今回は、東海物産と共同で、三重県の稲作農家の水田において、同技術を軸とした本サービスの事業成立性の検証を開始します。本検証は2019年12月までを予定しています。

今後もトヨタは、本サービスにおける他地域の農業関連事業者との連携拡大も視野に入れながら、新たな農業支援事業を通じた農業・環境分野での課題解決にも取り組んでまいります。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://global.toyota/jp/newsroom/corporate/27316103.html

概要:トヨタ自動車株式会社

詳細は http://toyota.jp/ をご覧ください。

Source: Toyota
セクター: 自動車全般

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


ニュルブルクリンク24時間耐久レース 2019:GRスープラが総合41位、LEXUS LCが54位で完走
2019年06月24日 15時00分
 
トヨタ、全販売店全車種併売化を2020年5月に前倒し
2019年06月24日 14時00分
 
2019年 全日本スーパーフォーミュラ選手権 第3戦 スポーツランドSUGO 5番手スタートの小林 可夢偉が2位表彰台獲得
2019年06月24日 09時00分
 
TOYOTA GAZOO Racing、GR Supra GT CUP決勝大会詳細を発表
2019年06月21日 18時00分
 
JR東日本とトヨタ自動車、東北の観光周遊促進で連携
2019年06月17日 13時30分
 
WEC 2018-2019年スーパーシーズン第8戦 ル・マン24時間レース 決勝 TOYOTA GAZOO Racing ル・マン24時間2連覇!
2019年06月17日 09時00分
 
WRC 第8戦 ラリー・イタリア サルディニア デイ4:優勝目前のトラブルで総合5位に終わるもタナックがドライバー選手権首位に立つ
2019年06月17日 09時00分
 
トヨタ、役員人事および組織改正、幹部職の担当変更、人事異動について
2019年06月13日 15時00分
 
トヨタ、東京おもちゃショー2019に“子どもがクルマを運転できるブース”を出展
2019年06月12日 12時00分
 
TOYOTA GAZOO Racing、新規車両「GRスープラ」と2年目となる「LEXUS LC」でニュルブルクリンク24時間耐久レースに挑む
2019年06月11日 16時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>