2019年03月26日 12時30分

Source: Toyota

トヨタ自動車、光センサーを活用した土壌診断・改良提案サービスの事業実証を開始

土づくりのスマート化により、農業の生産性向上と環境負荷低減に貢献

豊田, 2019年03月26日 - (JCN Newswire) - トヨタ自動車株式会社(以下、トヨタ)は、本日より、農地における土壌成分の調査において、土壌に含まれる成分をリアルタイムに見える化し、そのデータを活用した土壌診断と改良提案を行う支援サービスの事業実証を開始します。本サービスは、農地内の土壌成分のバラツキを迅速に把握し、ムダ無く堆肥等の土壌改良剤を投入して的確な土づくりを行うことで、作物の生産性向上や環境負荷低減への貢献を目指すものです。本事業実証は、機械・肥料等の農業資材についてのノウハウや農業者との幅広いネットワークを持つ東海物産株式会社(本社・三重県四日市市、以下、東海物産)の協力を得て、三重県内の農家で実証を進めてまいります。

トヨタは、持続可能な社会の実現に向け、環境や社会課題の解決に貢献することを目指して、自動車事業で培った生産管理手法や工程改善ノウハウを、従事者の高齢化や自給率低下等の課題を抱えている農業分野に活用する取り組みを進めています。具体的には、2014年以降、「トヨタ生産方式」を応用したIoTソリューションサービス「豊作計画」を通じ、農業作業の効率化等に取り組んできました。

また、データに基づいた栽培管理を行うスマート農業技術に着目し、2017年8月から東京農工大学・澁澤栄教授と共同で「リアルタイム土壌センシング」技術に関する研究・開発に着手し、その後2018年11月にかけて、愛知県新城市の水田で同技術の有効性を検証してまいりました。今回は、東海物産と共同で、三重県の稲作農家の水田において、同技術を軸とした本サービスの事業成立性の検証を開始します。本検証は2019年12月までを予定しています。

今後もトヨタは、本サービスにおける他地域の農業関連事業者との連携拡大も視野に入れながら、新たな農業支援事業を通じた農業・環境分野での課題解決にも取り組んでまいります。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://global.toyota/jp/newsroom/corporate/27316103.html

概要:トヨタ自動車株式会社

詳細は http://toyota.jp/ をご覧ください。

Source: Toyota
セクター: 自動車全般

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


TOYOTA、ダイナならびにトヨエース2t積系を一部改良
2019年04月17日 12時30分
 
TOYOTA、新型ハイランダーをニューヨーク国際オートショーで世界初披露
2019年04月17日 12時00分
 
TOYOTA、中国で2020年販売開始のトヨタブランドEVを世界初披露
2019年04月16日 09時00分
 
SUPER GT 第1戦 OKAYAMA GT 300km RACE 岡山の開幕戦は悪天候のため短縮終了
2019年04月15日 08時00分
 
TOYOTA、新型RAV4を発売
2019年04月10日 12時30分
 
トヨタとデンソー、電子部品事業集約について譲渡契約締結合意
2019年04月05日 12時30分
 
トヨタ自動車、再エネ由来水素を製造・供給するステーションを元町工場に導入
2019年04月04日 12時30分
 
トヨタ自動車、ハイブリッド車開発で培ったモーター・PCU・システム制御等車両電動化技術の特許実施権を無償で提供
2019年04月03日 12時30分
 
トヨタ、2019年度 入社式の実施について
2019年04月01日 10時00分
 
トヨタ、「第44回 トヨペットふれあいグリーンキャンペーン」を全国展開
2019年03月29日 13時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>