2019年04月11日 11時00分

Source: Fujitsu Ltd

富士通、商取引の請求支払業務の完全自動化を実現する新サービスを提供開始

「FUJITSUビジネスコミュニケーションプラットフォームinvoiS3サービス」を体系化

東京, 2019年04月11日 - (JCN Newswire) - 当社は、紙で運用されている商取引の請求支払業務に、電子請求(EIPP)(注1)・金融EDI(注2)を導入することで請求から支払、入金消込までの全取引の電子化を実現する新サービス「FUJITSUビジネスコミュニケーションプラットフォームinvoiS3(インボイスキューブ)サービス」を体系化し、第一弾として電子請求書発行サービスおよびデータ保管サービスを4月11日より提供開始します。本サービスは、2016年12月から2019年3月まで実施した、請求支払業務電子化・売掛金消込自動化に関する、株式会社みずほ銀行との共同実証および開発の成果を踏まえて当社が開発したもので、実証の効果としてサプライヤー企業の請求・回収業務のうち約98%の時間短縮、バイヤー企業の50%以上の工数削減見込みを確認しています。

本サービスは、サプライヤー企業とバイヤー企業における請求や支払いの様々なスキームや、ERPのコード体系に柔軟に対応できるため、製造、流通、金融など様々な業種業態のお客様へ提供が可能です。

当社は、本サービスを当社および当社グループにて採用し、請求支払業務に要する作業時間の大幅な削減につなげるとともに、お取引先企業などの請求支払業務の飛躍的向上へ貢献していきます。

背景
電子帳票保存法の導入や金融高度化の推進によりデジタル化が加速する中、商取引において請求支払業務など個社別対応を必要とされている業務は、手作業が多く非効率な状況が未だに続いています。また、2019年10月の消費税改正に合わせて行われる区分記載請求書保存方式への対応で担当者の作業負荷がさらに高まることが予想されます。

そこで当社は、商取引の請求支払業務の完全自動化を実現する「FUJITSUビジネスコミュニケーションププラットフォームinvoiS3サービス」を開発し、4月11日より第一弾のサービス提供を開始します。

「FUJITSUビジネスコミュニケーションププラットフォームinvoiS3サービス」の特長
本サービスでは、企業や団体間の商取引における、代金請求事務プロセスなどサプライヤー企業・バイヤー企業双方の様々なビジネス・コミュニケーションプロセスに関する課題を根本的に解決する新サービスを提供します。

1. 様々なスキームに対応可能な運用管理機能
企業・団体ごとに異なる様々なスキームに対応するために、スキーム登録機能を提供します。これにより、例えばシェアードサービス(代行部門や代行会社など)を含むスキームなどにも容易に対応でき、異なるスキームで請求支払業務を運用する企業グループにおいても一元管理を行うことができます。

2. マルチERP機能
各企業・団体が導入しているERP(会計)システムごとのコードやデータ形式を統一コードに自動変換した上で取引を行えるため、取引先のコード体系などを意識することなく容易に実行可能です。これにより、肥大化する会計システムにて統合されていないコード体系を持つ利用者にも柔軟に対応できます。

3. セキュアな企業内・企業間ワークフロー機能
複数の部門を経由させることでデータの信頼性を担保するなどといったセキュアな運用により、企業内・企業間のワークフローを提供します。また、関連するコメントや情報の通知機能により、サプライヤー企業・バイヤー企業双方のコミュニケーションを充実させることが可能です。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2019/04/11.html

概要:富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。

Source: Fujitsu Ltd
セクター: エレクトロニクス, ITエンタープライズ

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


理研・九大・東工大・富士通など、スーパーコンピュータ「京」がGraph500において9期連続で世界第1位を獲得
2019年06月19日 14時00分
 
富士通、「FUJITSU Retail Solution Dassen boutiqueシェアリングアプリ」を販売開始
2019年06月19日 10時00分
 
富士通、組合せ最適化問題を高速に解く次世代アーキテクチャー「デジタルアニーラ」が「MM総研大賞2019」の「大賞」および「ものづくり優秀賞」を受賞
2019年06月18日 14時00分
 
富士通、「Interop Tokyo 2019」で「Best of Show Award」の準グランプリを受賞
2019年06月13日 14時00分
 
富士通、海洋プラスチックごみ問題の解決に向けた取り組みを拡大
2019年06月11日 10時00分
 
富士通、音をからだで感じるユーザインタフェース「Ontenna」を活用したイベント支援サービスを提供開始
2019年06月11日 10時00分
 
富士通とKongsberg Digital、温室効果ガス排出低減に向けAIを活用した燃料最適化サービスを提供
2019年06月06日 09時00分
 
ANAが総二階建ての旅客機エアバスA380型機「FLYING HONU」にてヒアラブル端末を導入
2019年05月23日 11時00分
 
富士通、目的志向型ビジネスを実現するプロセス&フレームワーク「Design the Trusted Future by Data x AI」を策定
2019年05月14日 10時00分
 
富士通と米Autonomic、先進的なモビリティサービス提供に向け協業を開始
2019年05月14日 09時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>