2019年04月16日 09時00分

Source: Toyota

TOYOTA、中国で2020年販売開始のトヨタブランドEVを世界初披露


豊田, 2019年04月16日 - (JCN Newswire) - TOYOTAは、4月16日に開幕した中国の上海国際モーターショーにおいて、「C-HR」/「IZOA」の電気自動車(EV)を世界初披露しました。

「C-HR」/「IZOA」のEVは、トヨタブランドとして中国初投入となるEVで、2020年に販売を開始します。

他にもトヨタブースでは、中国初披露となるRAV4ならびにアルファード/ヴェルファイアのハイブリッド車(HV)や、2019年3月から販売を開始した「カローラ」「レビン」のプラグインハイブリッド車(PHV)、中国の研究開発拠点であるTMEC*で開発した「中国の90後(1990年以降生まれ)の若者の価値観やライフスタイルに合うクルマ」として提案するEVコンセプト車「RHOMBUS」など、様々な電動車を披露しました。

また、燃料電池自動車(FCV)についても、トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)副社長の吉田守孝は、プレスカンファレンスで「2017年から中国で燃料電池車MIRAIの実証実験を開始しており、その他、FCコースターの中国導入など、様々な検討を進めていきます」と語りました。

トヨタは、中国で初披露した「C-HR」/「IZOA」のEV 2車種を皮切りに、2020年代前半には、グローバルで10車種以上のEVの展開を予定しており、2030年「グローバル電動車販売550万台以上」の目標に向け、着実に電動車普及を進めています。

2019年2月末現在、1997年販売を開始したHV「プリウス」からの電動車の累計販売台数は約1,300万台となり、CO2排出抑制効果は1億300万トン以上になると試算しています。

2018年11月、トヨタは、「中国国際輸入博覧会」において、e-Paletteを始めとした「電動化、知能化、情報化」を活用し、人々の生活を支える「新たなモビリティ」を提案しました。

これら「新たなモビリティ」は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会で活用予定で、北京2022オリンピック・パラリンピック冬季競技大会では、東京2020で得た知見を活かし、国際オリンピック委員会、国際パラリンピック委員会、北京オリンピック・パラリンピック冬季競技大会組織委員会と連携の上、大会の成功に向けて尽力していきたいと考えています。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/27769563.html

概要:トヨタ自動車株式会社

詳細は http://toyota.jp/ をご覧ください。

Source: Toyota
セクター: 自動車全般

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


TOYOTA、ダイナならびにトヨエース2t積系を一部改良
2019年04月17日 12時30分
 
TOYOTA、新型ハイランダーをニューヨーク国際オートショーで世界初披露
2019年04月17日 12時00分
 
SUPER GT 第1戦 OKAYAMA GT 300km RACE 岡山の開幕戦は悪天候のため短縮終了
2019年04月15日 08時00分
 
TOYOTA、新型RAV4を発売
2019年04月10日 12時30分
 
トヨタとデンソー、電子部品事業集約について譲渡契約締結合意
2019年04月05日 12時30分
 
トヨタ自動車、再エネ由来水素を製造・供給するステーションを元町工場に導入
2019年04月04日 12時30分
 
トヨタ自動車、ハイブリッド車開発で培ったモーター・PCU・システム制御等車両電動化技術の特許実施権を無償で提供
2019年04月03日 12時30分
 
トヨタ、2019年度 入社式の実施について
2019年04月01日 10時00分
 
トヨタ、「第44回 トヨペットふれあいグリーンキャンペーン」を全国展開
2019年03月29日 13時00分
 
トヨタ、組織改正および執行役員の担当変更・人事異動について
2019年03月29日 13時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>